LinkRunner G2 スマート・ネットワーク・テスター | フルーク・ネットワークス

LinkRunner G2 スマート・ネットワーク・テスター

メタル線/光ファイバー・イーサネット・ネットワークと機器の構成、検証と試験を行うためのスマート・テスター
  • PSE および UTP ケーブル配線向けに、4 ペアに高ワット数の負荷をかけた TruePower™ PoE テストが可能な業界初の「802.3bt 対応」ネットワーク・テスター
  • 光ファイバーとツイストペア・ギガビット・イーサネット・リンクのネットワーク接続性を数秒で検証するオートテスト
  • 最も近いスイッチの名前、ポート番号、VLAN、IP サブネットを検出できます
  • Android ベースの OS - お気に入りのアプリを実行して、速度テスト、機器の構成、ワークフローの管理などを行えます
  • Link-Live クラウド・サービスにテスト結果を自動的にアップロードして管理やレポートの作成を行うことで、どこからでも共同作業が可能
バーチャル・デモ
デモ希望
ネットワーク・テスト・キット 20% 割引
Link-Live (リンクライブ) クラウド・サービス
 

概要

LinkRunner G2 スマート・ネットワーク・テスターは、ネットワークの検証と構成を簡素化します。機器の設置やトラブルシューティングを担当するネットワーク技術者に必要な機能を提供し、チーム間の連携を円滑にします。ネットワーク接続機器は急増しており、組織はその対応に迫られています。この次世代テスト・ツールを使用することで、ネットワーク技術者は導入を加速化し、問題を迅速に特定できるため、ネットワーク運用と敷設検証作業の効率性と有効性が向上します。

LinkRunner G2 の主な機能として、マルチユーザー設定のオートテスト、ケーブル長測定、ケーブル不良の位置と種類の特定、最大 90W の 802.3bt タイプ 4 PSE 向けの TruePower™ PoE 負荷テスト、10/100/ギガビット・レートでの Ethernet の速度およびデュプレックスの検証、UTP ケーブル・テスト、メタル線および光ファイバー・イーサネット・リンクのテスト、最も近いスイッチの識別、VLAN ID、DHCP、DNS、およびゲートウェイへの接続性テスト、ユーザーが無制限に選択できるターゲットに対する Ping と TCP ポートの接続性テストなどが挙げられます。

業界初の Android ベースのスマート・ネットワーク・テスターである LinkRunner G2 には、カメラ、スピーカー、マイク、大型カラー・ディスプレイを搭載しています。Android アプリを実行して、接続デバイスの設定やトリアージ、ネットワークのテストさえもできます。LinkRunner G2 は、設置とトリアージに不可欠な要素を 1 台の頑丈な装置に融合し、ワークフローを円滑化します。

各テストの完了時に、暗号化されたセキュアな Link-Live 結果管理データベースにテスト結果を自動的にアップロードできるので、ネットワーク・エンジニアと技術者との連携が密になり、作業が大幅に可視化されて、プロジェクト管理やフリート管理が円滑になります。​

 

特長

オートテストで結果を素早く入手

LinkRunner G2 のリチウムイオン電池は、PoE で充電でき、スタンバイ・モードから 1 秒で起動できます。必要な一連の接続テストを数秒間で実行する高度なユーザー定義のオートテスト機能を備えた LinkRunner G2 スマート・ネットワーク・テスターを使用すると、ネットワークの正常性を迅速かつ正確に検証し、問題を解決できます。

  • PoE 負荷テスト、最大 90~100W(新しい 802.3bt 規格を含む)
  • リンク速度とデュプレックス(実際値と公称値)
  • RX ペア、極性、および信号レベル
  • 802.1x 認証
  • 最も近いスイッチ/スロット/ポートとデータ/音声 VLAN の検出
  • DHCP ディスカバリーでサブネットおよび DHCP サーバー・アドレスを示すベンダー分類 ID を検出
  • ゲートウェイと DNS サーバーの可用性と応答性
  • ユーザーが無制限に指定できるターゲットに対して、Ping または TCP ポートの接続性テスト
Link-Live クラウド・サービスへのテスト結果の自動アップロード

Link-Live は、LinkSprinter、LinkRunner AT、LinkRunner G2、AirCheck G2、OneTouch AT の携帯型ネットワーク・テスターからテスト結果を自動的にアップロードして、有線・Wi-Fi 両方のネットワークの接続結果を確認できる統合型ダッシュボードをユーザーに提供しています。

テスト結果はセキュアな Link-Live の結果管理ダッシュボードに自動的に送信されるため、迅速かつ簡単にネットワークの状況を文書化する新たな機能が組織に備わります。これにより、組織はパフォーマンスを証明したり、作業管理とと人員効率を改善することができます。

Link-Live は、銅線 / 光ファイバー / Wi-Fi など、メディア・タイプにかかわらず 1 つのデータベースを提供します。

  • 結果管理の負担を減らします
  • 連携・機能性を拡大します
  • メディア・タイプ全体にわたるレポートを単一化・簡素化します
  • OneTouch を遠隔地から直接制御できます
  • 各結果に写真を添付できます
  • アセット・タグ
  • 設置済みデバイスのシリアル番号
  • 緑色のライト(設置後に AP が正常に動作していた証明)

ケーブル長、ワイヤーマップ、および位置

トーン信号発生機能、スイッチ・ポート・アドバタイズメント、スイッチ・ポート・リンク・ランプの点滅およびリモート・ケーブル ID により、ケーブルの配線箇所を特定トーン信号発生機能は、アナログとデジタルの IntelliTone モード両方がサポートされます。
パッチ・コードや内部配線の長さ、対反転や対交差のペアのほか、断線、短絡、対分割の障害までの距離を、内蔵の組み込みの時間領域反射計(TDR)で検証します。
ケーブル・テストを未成端ケーブル、WireView ケーブル ID、または LinkRunner AT のワイヤーマップ・ポートを使用した 3 つの方法で簡単に行えます。

ケーブル位置

ケーブル・トーニング、ポート点滅、番号付き WireView アダプターなど、ケーブルの位置を知らせる機能もサポートされています。パッチ・ケーブル・テストを統合ループバック・テストと一緒に実行します。LinkRunner G2 の RJ-45 ポート 2 個に RJ-45 の各終端を差し込んでピンツーピンの接続性を確認します。

自動健全性チェック
最も近いスイッチと VLAN を検出

LinkRunner G2 は、IEEE リンク・レイヤー・ディスカバリー・プロトコル (LLDP) ならびに Cisco や Extreme Networks のディスカバリー・プロトコル(CDP および EDP)を使用して、VLAN や最近接のスイッチのモデル、スロット、およびポートを表示します。

  • LinkRunner G2 には、次に示す、最近接スイッチに関する重要な情報が表示されます。
  • スイッチの名称とモデル
  • スイッチのシャーシ、スロット、およびポート番号
  • スイッチの IP アドレス
  • サポートされる VLAN
  • デュプレックスおよび速度(実際値および公称値)
  • 信号の強度
  • 接続(MDI または MDI/X)
  • PoE 電圧および電力(実際値およびテスト限界値)

パケット・リフレクター

LinkRunner G2 のパケット・リフレクタ・モードでは、エンドツーエンドのネットワーク・パスの性能試験中にリモート・デバイスとして使用して、LAN と WAN のスループット能力を最大 1Gbps まで検証できます。リフレクター・モードでは、MAC アドレスや IP アドレスが交換されるように設定することもできます。LinkRunner は次の製品のパケット応答をサポートしています。

OptiView® XG ネットワーク解析タブレット
OneTouch™ AT ネットワーク・アシスタント

自動健全性チェック

Android アプリを実行するスマート・テスター

LinkRunner G2 は、5 インチのタッチ・スクリーン、カメラ、懐中電灯などのスマートフォン機能を備え、Android OS を実行する初のスマート・テスターです。業務に関連した Android アプリをダウンロードできるため、作業ごとに別の個人用のタブレットやスマートフォンを使用する必要はありません。オプションの Wi-Fi/Bluetooth 機能、専用のメタル線/ファイバー・イーサネット・インターフェースで、LinkRunner G2 は、多数のエンド・デバイスと直接通信できます。LinkRunner G2 にプレインストールされているアプリは制御可能であるため、個人のスマートフォンよりセキュリティ上のリスクが少なくなります。さらに、通常の携帯端末では有線イーサネットのインフラストラクチャ、つまり PoE、ケーブル配線、リンク・ネゴシエーション、ネットワーク・サービスなどを検証できません。

自動健全性チェック

 

ワークフロー効率化の例:以下の作業を 1 つのデバイスでできれば、どれほど時間の節約になるか想像してみてください。

  1. トラブル・チケットの受け取り
  2. ジョブを説明する .pdf またはその他のドキュメントの閲覧
  3. オートテストによる PoE およびネットワークの接続性の確認
  4. Link-Live クラウド・サービスまたはテスター上でのテスト結果の自動作成
  5. 搭載のカメラによる設置デバイスの記録や QR/ バーコードのスキャン
  6. Android アプリや Chrome ブラウザーをサポートする IoT デバイスの構成
    1. IoT デバイスの構成(防犯カメラ、AP、デジタル照明コントローラー、HVAC)
    2. スイッチへの Telnet 接続
    3. インターネットの速度テストの実行

To see what applications are currently available on the LinkRunner G2 visit Link-Live: https://link-live.com/public/apps

TruePower™ PoE 負荷テスト(最大 90W タイプ 4 802.3bt PSE)

LinkRunner G2 は、4 ペアすべてにわたって最大 802.3bt 90~100W の実電力を取り出して、負荷時の PoE の性能を検証できる最初のフィールド・テスターです。回路に負荷をかけてスイッチ、ケーブル配線、パッチ・パネルに電流を流しながら、電圧と使用ペアを測定します。IoT 接続デバイスを設置する前に、TruePowerTM テストを使用して、給電能力をを検証できるため、円滑に配備でき責任のなすり合いを回避します。

自動健全性チェック

 

モデル名およびアクセサリー

 
モデル名
製品名 詳細
LR-G2
LinkRunner G2 と Li-ion 電池、地域対応の電源プラグ付き電源装置、WireView ケーブル ID#1、インライン RJ-45 カプラー、USB 2.0 - マイクロ USB 変換ケーブル、8 G マイクロ SD カード、小型ソフト・ケース、カプラー、『入門ガイド』が含まれています。写真参照
LR-G2-KIT
LinkRunner G2、リチウムイオン電池、地域対応の電源プラグ付き電源装置、WireView ケーブル ID(No.1 ~ 6)、インライン RJ-45 カプラー、USB 2.0- マイクロ USB 変換ケーブル、8G マイクロ SD カード、ホルスター、アクセサリ・ポーチ、IntelliTone™ 200 プローブ、小型、中型、大型ソフト・ケース、カプラー、入門ガイド。写真参照
LR-G2-ACKG2-CBO
LinkRunner G2 と Li-ion 電池、地域対応の電源プラグ付き電源装置(2)、カー・チャージャー、WireView ケーブル ID(No.1 ~ 6)、インライン RJ-45 カプラー、USB 2.0- マイクロ USB 変換ケーブル(2)、(8)G マイクロ SD カード、ホルスター(2)、アクセサリ・ポーチ、IntelliTone™ 200 プローブ、小型、中型、大型ソフト・ケース、AirCheck G2 無線テスター、テスト・アクセサリー(2)、入門ガイド、外付け指向性アンテナが含まれています。写真参照
LR-G2-LS-KIT
LinkRunner G2 と Li-ion 電池、地域対応の電源プラグ付き電源装置、WireView ケーブル ID #1、インライン RJ-45 カプラー、USB 2.0 - マイクロ USB 変換ケーブル、8 G マイクロ SD カード、小型ソフト・ケース、カプラー、『入門ガイド』、(2)LinkSprinter、(2)LinkSprinter ホルスターが含まれています。写真参照
LR-G2-5PK
以下が 5 個ずつ含まれています。LinkRunner G2 と Li-ion 電池、地域対応の電源プラグ付き電源装置、WireView ケーブル ID(No.1)、インライン RJ-45 カプラー、USB 2.0 - マイクロ USB 変換ケーブル、8 G マイクロ SD カード、小型ソフト・ケース、カプラー、『入門ガイド』。写真参照
AIRCHECKG2-TA-KT-1YS
AIRCHECKG2-TA-KT の 1 年間ゴールド・ツール・サポート
AIRCHECKG2-TA-KT-3YS
AIRCHECKG2-TA-KT の 3 年間ゴールド・ツール・サポート
LR-G2-1YS
LR-G2 の 1 年間ゴールド・サポート
LR-G2-3YS
LR-G2 の 3 年間ゴールド・サポート
LR-G2-KIT-1YS
LR-G2-KIT の 1 年間ゴールド・サポート
LR-G2-KIT-3YS
LR-G2-KIT の 3 年間ゴールド・サポート
LR-G2-LS-KIT-1YS
LR-G2 および LinkSprinter キット の 1 年間ゴールド・サポート
LR-G2-LS-KIT-3YS
LR-G2 および LinkSprinter キット の 3 年間ゴールド・サポート
 
アクセサリー
製品名 詳細
US-WIFI-BT-USB
米国・カナダ用 Edimax n150 Wi-Fi & Bluetooth USB アダプタ
EU-WIFI-BT-USB
ヨーロッパ用 Edimax n150 Wi-Fi & Bluetooth USB アダプタ
LION-REPL-BA
ACKG2 および LRG2 の交換用バッテリー

写真参照

MS-AUTO-CHG
MS-AUTO-CHG、自動ライター・アダプタ・アクセサリ
SFP-1000LX
SFP-1000LX、LX Gig 光ファイバー DDM SFP トランシーバ
PWR-CHARGER
PWR-CHARGER、交換用 AC 充電器
SFP-1000SX
SFP-1000SX、SX Gig 光ファイバー DDM SFP トランシーバ
SFP-1000ZX
SFP-1000ZX、ZX Gig 光ファイバー DDM SFP トランシーバ
SFP-100FX
SFP-100FX、100Base-FX 光ファイバー DDM SFP トランシーバー
G2-HOLSTER

ショルダー・ストラップ付き保護用キャリング・ホルスター ACKG2 および LRG2

WIREVIEW 1
WireView 1、WireView WireMapper #1
WIREVIEW 2-6
WireView 2 ~ 6、WireView ケーブル ID セット 2 ~ 6
SM SOFT CASE
小型ソフト・ケース

写真参照

MD SOFT CASE
中型ソフト・ケース
LG SOFT CASE
大型ソフト・ケース
 

仕様

技術仕様

寸法 3.8in x 7.7in x 1.6in(9.7cm x 19.6cm x 4.1cm)
重量 0.51 kg
バッテリー 充電式リチウムイオン・バッテリー・パック(3.6V、6Ah、21Wh)
バッテリー使用時間 平均的な電池寿命は 4 時間。平均的な充電時間は 7 時間。
ディスプレイ 静電容量方式のタッチスクリーンの 5.0 インチ・カラー LCD(480 x 800 ピクセル)
キーパッド 弾性キー 1 個(電源のみ)
ホスト・インターフェース マイクロ USB On-the-Go(OTG)ポート
USB ポート USB 2.0 タイプ A ポート
SD カード・スロット マイクロ SD をサポート
ケーブル・テスト ペア線の長さ、対交差、対反転と、断線、対短絡、対分割までの距離
トーン・ジェネレーター デジタル・トーン:[455 KHz]、アナログ・トーン:[400 Hz、1KHz]
ポート RJ-45 銅線ポート 10/100/1000BASE-T。100/1000BASE-X。光ファイバー・アダプタ・ポート。光ファイバー・ポートは標準 SFP をサポートしています。
外部 AC アダプタ / 充電器 AC 入力 90 ~ 264 Vac 48 ~ 62 Hz 入力電力 DC 出力 15 Vdc(2A または PoEでのRJ-45)
LED 2 LED(伝送とリンクのインジケータ)

環境仕様

作動温度 32°F ~ 113°F(0°C ~ +45°C)注意:バッテリーは、テスター内部の温度が 50°C(122ºF)を超えると充電できません。
稼動時相対湿度(%RH 結露なし) 90%(50°F ~ 95°F、10°C ~ 35°C)75%(95°F ~ 113°F、35°C ~ 45°C)
衝撃と振動 1 m の落下試験、ランダム、3.8 grms、5 Hz ~ 500 Hz(クラス 2)
安全性 IEC 61010-1:2010:汚染度 2
高度 4,000m、保管:12,000m
EMC IEC 61326-1:2013:基本的な電磁環境。CISPR 11:グループ 1、クラス A

グループ 1:装置は、それ自体の内部機能に必要な誘電結合高周波エネルギーを意図的に発生 / 使用しています。

クラス A:装置は、住宅または住宅用建造物に給電する低電圧電力系統に直接接続している施設を除いて、あらゆる施設での使用に適合しています。他の環境では、電磁妨害や伝導妨害により、電磁両立性を確保するのが難しい可能性があります。

認定と準拠規格

関連する欧州連合指令に適合。
関連するオーストラリアの安全および EMC 規格に適合。
米連邦通信委員会の 47 CFR パート 15 の要件に準拠。
UL 北米安全規格の認定を取得。
関連する韓国の EMC 規格に適合。
 

韓国の EMC 規格に関する補足情報。

電磁環境適合性。韓国での使用にのみ適用。クラス A 機器(放送および通信用工業機器)[1]

[1] 販売者またはユーザーは、本製品が工業(クラス A)電磁波機器の要件を満たしていることにご留意ください。本機器はビジネス環境での使用を意図しており、ご家庭での使用には適していません。

注記:Edimax USB 認可国

US-WIFI-BT-USB: 米国、カナダ、プエルトリコ、グアム、米領バージン諸島

EU-WIFI-BT-USB: CE は合計 36 ヵ国を対象としています - 欧州 31 ヵ国のほか、香港、スイス、セルビア、オーストラリア、およびニュージーランド、オーストリア、ベルギー、ブルガリア、クロアチア、キプロス、チェコ共和国、デンマーク、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイルランド、イタリア、ラトビア、リトアニア、ルクセンブルク、マルタ、オランダ、ポーランド、ポルトガル、ルーマニア、スロバキア、スロベニア、スペイン、スウェーデン、英国、スイス、セルビア、アイスランド、リヒテンシュタイン、ノルウェー、香港、オーストラリア、ニュージーランド

* Edimax アダプターは、NETSCOUT から購入可能な国として挙げられていない場合でも、現地国の市場で購入できます。

*IntelliTone は、Fluke Corporation の登録商標です。

 

資料

データ・シート

タイトル/説明 ダウンロード  
LinkRunner G2 スマート・ネットワーク・テスターのデータシート
繋がる世界に向けた世界初の Android ベースのスマート・ネットワーク・テスター。
ダウンロード

マニュアル

タイトル/説明 ダウンロード  
LinkRunner G2 クイック・スタート・ガイド
ダウンロード
2.79 MB
LinkRunner™ G2 ユーザー・ガイド
ダウンロード
2.59 MB

ホワイトペーパー

タイトル/説明 ダウンロード  
モノのインターネット(IoT)の接続
デジタル革命により、IoT デバイスが急速に普及しています。このペーパーでは、ワークフロー改善を実現する専用ソリューションで、IoT 導入を準備・管理するための最善の方法を紹介します。
ダウンロード
PoE(パワー・オーバー・イーサネット)リファレンス・ポスター
この 1 ページのリファレンス・チラシを印刷しておけば、給電機器および 802.3af/at 規格 A および B のクイック・ガイドになります。
ダウンロード
657 KB

チラシ

タイトル/説明 ダウンロード  
包括的な有線および Wi-Fi ネットワークのテストが 20% オフ
AirCheck™ G2 と LinkRunner™ G2 のパワフルな組み合わせにより、ネットワーク担当者は有線および Wi-Fi ネットワークの接続性やパフォーマンスを迅速かつ簡単に検証できます。
ダウンロード
1.38 MB
ハンドヘルド型ネットワーク・テスターのチラシ
ダウンロード
457 KB
LinkRunner ファミリー比較チャート
ダウンロード
LinkRunner G2 スマート・ネットワーク・テスターのチラシ
LinkRunner™ G2 スマート・ネットワーク・テスターは、設置とトリアージに不可欠な要素を 1 つの堅牢な装置に組み込んで、ワークフローを円滑に進めます。
ダウンロード
LinkRunner G2 スマート・ネットワーク・テスターの概要
NETSCOUT の nGenius® モノのインターネット(IoT)ソリューション・セットに新しく仲間入りした LinkRunner™ G2は、シンプルで包括的なテスト・プラットフォームで、IoT やネットワーク・デバイスの配備やトラブルシューティングに取り組む技術者に大きな力を与えてくれます。
ダウンロード
LinkRunner ネットワーク接続性テスター・ファミリー
ダウンロード
 
 
Powered By OneLink