802.11ac 移行チェックリスト | フルーク・ネットワークス

802.11ac 移行チェックリスト

 

チャンネル幅を検討する

  • 講堂、大宴会場、展示会場、空港、競技場など、高密度環境においては、チャンネルの使用効率を向上させるために、20MHz チャンネルの使用が推奨されます。
    Low-density/highthroughput environments, such as open office areas may benefit from 40MHz channels in 5GHz, provided there are enough channels for a reasonable channel reuse plan. 施設(支店など)に 1~2 つの AP しか配置せず、かつ最小限の干渉(変調および非変調)しかない場合、80MHz チャンネルも問題なく使用できる場合があります。現在のところ、160MHz チャンネルの妥当な用途は、指向性の高いポイント・ツー・ポイント接続以外にありません。高スループットが常に必要とされる特定の場所がある場合は、そのエリアの AP の 1 つを 80 MHz チャンネルを使用するように設定しても問題ありません。ただし、近接の AP がその 80MHz チャンネルを使用しないことが条件です。

高速データレートの達成について現実的な目を持つ

  • 80MHz チャンネルの場合、11ac の最高の MCS レートである MCS9 を達成するためには少なくとも 37dB の SNR が必要であることが分かります。これは不当に高い SNR であり、十分なチャンネルの再利用なしでは、同一チャンネルの競合(干渉)が非常に多くなります。

有線バックホールを評価する

  • Stated plainly, backhaul links greater than 1Gbps are not needed for 11ac - neither with 11ac Wave-1 nor 11ac Wave-2.

設計手法を決める

  • クライアント密度またはユーザー・スループットの要件が大きく増えた場合は、再設計が推奨されます。

  • The best practice is to separate disparate systems (e.g. via building or site) and then to place 11ac APs in locations that have high- density/high-throughputrequirements.

  • エンドユーザーが ROI を最大化し、11ac がもたらす利点を享受したい場合は、レガシーのクライアントと AP を積極的に取り除く必要があります。

適切なツールを選択する

  • 802.11ac クライアントをサポートする必要がある環境を調査するサイト・サーベイを実施する時、新しいデータレートやチャンネル幅の利点を享受する場所を正確にマッピングし、確認するために 802.11ac アダプターを使用するべきです。

  • ネットワークとのそのパフォーマンスの全貌を把握するには、802.11ac 対応の診断装置が必要です。

 

 
 
Powered By OneLink