Not long ago, most clients would pull much more data (downlink) than they would push (uplink). ソーシャル・メディア・サイトの人気の高まりにより、ほとんどのネットワークにおいて、アップリンク/ダウンリンクのトラフィック占有率が 50/50 近くになってきています。この 50/50 のスループットの共有は、各方向のトラフィック量を半分にすることを意味します(例: アップリンクが ~433Mbps、ダウンリンクが ~433Mbps)。その一方で、双方向のデータ・フローの場合は、AP はクライアントと競合することになり、802.11 のコンテンション・プロセスにより、オーバーヘッド(衝突時のバックオフなど)が加わります。これにより、現実的なスループットが最高でも一方向あたり 400Mbps 未満に落ち込みます。これは、1Gbps 接続のたったの ~40% しか使用されないことを意味します。

This is a perfect throughput storm and there is practically no chance of reaching this in real-world environments due to:

  • 複数のクライアントがチャンネルにアクセスする時の衝突(同一チャンネル干渉)
  • 隣接チャンネル干渉(ACI)
  • RF 干渉源
  • 後方互換性のための保護メカニズム
  • PHY クライアント環境または無線インフラにおける異種混在
  • AP の CPU の限界
  • AP またはコントローラー上で実行されるコードの質の悪さ
  • 質の悪いクライアント・ドライバー

推奨事項:Consider the tools you have that allow you to effectively plan, deploy and troubleshoot 802.11 issues to avoid issues later.

Don’t have the tools you need? Check out NETSCOUT’s wireless solutions.