ケーススタディ:Pruitt Communications | フルーク・ネットワークス

ケーススタディ:Pruitt Communications Uses NetScout's OptiView XG Network Analysis Tablet to Verify Network Readiness and Troubleshoot VoIP Deployments for Customers

 
 
 
製品の特徴:

顧客:

Pruitt Communications

 

業界:

システム・インテグレータ

 

場所:

アラバマ州ドーサン

 
 

課題:

Pruitt Communications は米国全域で、さまざまな企業、医療機関、政府機関向けの VoIP および統一通信システムを展開しています。このプロセスの鍵となるのは、新システムを展開する前のインフラ準備状況を検証するネットワーク評価の実行です。パフォーマンス・テストをコスト効率良く実施することができなかったため、Pruitt 社ではこれらの評価を専門家に外部委託し、その結果、業務収益を失っていました。さらに、この評価段階が終わると、同社は明らかになった問題をトラブルシューティングし、展開後はパフォーマンスを検証し、トラブルシューティング・サポート・サービスを提供する必要があります。これらすべて仕事を遂行するにあたり、Pruitt 社では手作業でデータを相関させなければならない複雑なツールを複数使用していたため、チームは貴重な時間とリソースを費やしていました。

 

結果:

Pruitt Communications のチームは、NETSCOUT の OptiView® XG ネットワーク解析タブレットの性能を実際に見て、自分たちに必要なソリューションであることを確信しました。これにより、ネットワークの評価を自社で実施してネットワーク・パフォーマンス・テストを実行し、クライアントとサービス・プロバイダのネットワーク全体のトラフィック・フローを生成および測定して VoIP のロールアウトのサポートを検証できるようになりました。また、OptiView XG ではネットワークとアプリケーションの自動解析を行うことができるため、問題の発生時にチームは即座に問題を切り分けて修正することができます。展開後は、チームはタブレットのリモート・アクセスを使って、継続的なトラブルシューティングとサポートを迅速に提供できます。

 

製品:

NetScout OptiView® XG ネットワーク解析タブレット


概要

Pruitt Communications は、連邦政府、州政府、地方自治体、接客業、医療などさまざまな主要産業にまたがって顧客を持つ、賞を受賞したテレフォニ・ソリューションのプロバイダです。同社は、IP テレフォニ、音声メッセージング、お問い合わせセンター、ネットワーク・セキュリティのための包括的ソリューションを提供し、完全なサービスでそのソリューションを後押します。Avaya、Cisco、Juniper Networks、Polycom などの製品を提供しています。

「VoIP の展開は非常に複雑になる場合があります。ロールアウト前にネットワーク準備状況の評価を行うことが、システム・パフォーマンスを保証する鍵となります。ネットワーク評価を行うことができ、ネットワークおよびアプリケーションのトラブルシューティングを自動化できるソリューションは、市場と当社のエンジニアにとって大きな前進です。OptiView XG を使用することにより、顧客に付加的サービスを提供し、システム・パフォーマンスを保証し、顧客の期待に沿った継続的なトラブルシューティングのサポートを提供することができます。OptiView XG のおかげて、VoIP システムを展開する際、当社のチームは戦略的に優位になりました。」- Tommy Pruitt、Pruitt Communications 事業部長

課題

VoIP システムの展開には、既存のネットワークとアプリケーション・インフラを的確に統合する高度なエンジニアリング技術が求められます。システムが展開されない場合、またはトラブルシューティングが適切に行われなかった場合、既存のネットワークのパフォーマンスに多大な影響を及ぼし、エンド・ユーザーの不満の種になりかねません。Pruitt Communications では、新たに何かをロールアウトする際はまず初めに、ネットワークの準備状況を検証するための評価を実行します。

「残念ながら、当社の古いツールには、ネットワーク評価をコスト効率良く顧客に提供するための機能がありませんでした。そのため、プロジェクトのこの部分は評価の専門家に外部委託しました。彼らは素晴らしい仕事をしましたが、これにより当社はプロジェクトの追加収入を失い、戦略的には不利でした」と Pruitt Communications の事業部長である Tommy Pruitt 氏は言います。

さらに、ネットワーク評価が完了すると、初期テスト中に表面化するあらゆる問題のトラブルシューティングは Pruitt 社のエンジニアが担当しました。

「評価の後に問題が発生した場合は、問題を特定して顧客に修正を勧める必要があります。そのためには、問題の根本原因についての包括的な情報と、展開への影響の程度を提示する必要があります。そのために当社で多額の出資が必要となり、処理に数日間かかることもあります」と Pruitt 氏は言います。

ネットワークの VoIP 展開の準備が整い問題が処理されると、Pruitt 社のチームは新しいシステムの実装を開始します。ロールアウトとパフォーマンスに影響を及ぼす可能性がある要因はさまざまです。Pruitt 社のエンジニアがパフォーマンスを評価し、誤って構成されている機器を特定し、VoIP システムのパフォーマンスのシミュレーションを行う際に、問題が発生する度にトラブルシューティングを行うのは、多大な時間を要するプロセスでした。

「新しいシステムを展開する際に問題はよく発生します。問題の原因を解析および特定する責任は当社のチームにあります。たいていの場合、そのような問題は新しい実装とは無関係ですが、その他の構成上の問題が原因となって表面化します。そのためにチームはさまざまなツールを利用して、手作業でデータと計算値を相関させなければなりませんでした。この複雑なトラブルシューティングのためにプロジェクトの周期が延長されました。」

Pruitt 社ではロールアウト後、クライアントの要望を満たしていることを確認するためシステムのパフォーマンスを検証し、継続的なサポートを提供します。問題がある場合は、エンジニアリング・チームはその問題を迅速に切り分けて修正する必要があります。

「VoIP の展開には非常に多くの要因が影響します。システム・パフォーマンスは完璧であったのに、その 1 週間後に問題が発生したという連絡を受けることもあります。顧客はまず最初に当社のシステムを批判しますが、たいていの場合、顧客がネットワークを変更したり、何かを追加したりしたことが原因でパフォーマンスに影響を及ぼしています」と Pruitt 氏は言います。「その問題を修正するために、高度なエンジニアリング技術を必要とするツールを持って現場まで足を運ばなければならないというのは、サポート・チームにとって大きな負担です。我々はトラブルシューティングのプロセスを自動化し、問題の切り分けを飛躍的に簡略化する必要がありました。」

解決策

To meet their challenges, Pruitt Communications' selected NetScout's OptiView XG Network Analysis Tablet. このタブレットによって、Pruitt Communications は問題を迅速にトラブルシューティングし、根本的な原因を即座に特定できるようになりました。1~10GbE および完全な 802.11a/b/g/n 無線 LAN 解析をサポートし、データ・センター、仮想サーバー、あるいはリモート・サイトの現場などあらゆる環境で利用することもできます。さらに、OptiView XG の新しいネットワーク・パフォーマンス・テスト (NPT) 機能を利用することで、Pruitt チームは VoIP のロールアウト前にネットワークの準備状況を即座に検証して問題に対応できます。

「OptiView XG により、ツールバッグを持ち運ぶ必要がほとんどなくなり、ネットワークとアプリケーションのパフォーマンス・テストと解析は、たった 1 つの統合型ソリューションで行うことができるようになりました。VoIP システムを導入する際には、満たさなければならない技術要件がたくさんあります」と Pruitt 氏は言います。「OptiView XG では、直感的で操作が簡単な携帯型タブレットで必要な情報をすべて表示できるだけでなく、パケット・レベルの詳細情報も調べることができます。さらに、リモートでトラブルシューティングする必要がある場合は、顧客にユニットを配送してメイン・オフィスからアクセスできます。」


結果

OptiView XG を業務に導入して以来、Pruitt 社は事前のネットワーク評価を自社のサービス・ポートフォリオに加え、収益を増やすことができました。

「OptiView XG が使用されているのを初めて見たとき、その機能性に感銘を受けました。そして、実際に使い始めて、その本当の実力を実感しました」と Pruitt 氏は語ります。「OptiView XG はわずか数秒でデバイスとネットワークを検出し、ホストへアクティブにクエリを行います。ネットワーク上にどのようなデバイスがあり、それがどこに接続されているのかを、スイッチ、スロットおよびポート番号によって即座に把握できます。コール・マネージャ、IP フォンなどの VoIP デバイスも検出します。」

検出が完了すると、Pruitt 社のチームは新しいネットワーク・パフォーマンス・テスト機能を実行し、クライアントとサービス・プロバイダのネットワークのトラフィック・フローを生成して測定できます。これを実行することにより、ネットワークが VoIP をサポートしていることが立証でき、問題が発生すれば、迅速に詳細を調べて問題の切り分けと修正を実行できます。あるいは、必要に応じてインフラの変更を実施することができます。

「ネットワーク・パフォーマンス・テスト機能の使用は、プロジェクトにおいて大きな利点があります。ネットワーク上の 1 つまたは複数のエンドポイントに複数のトラフィック・ストリームを作成し、特定の QoS 設定、フレーム・サイズ、レートでスループット、損失、レイテンシ、およびジッターを最大スピー ド 10GigE で測定できます。ネットワーク全体で QoS をテストして確認できるかどうかということが、展開を成功させる重要な鍵となります」と Pruitt 氏は言います。

Pruitt 氏のチームでは、OptiView XG を利用する以前は、情報収集用の Wireshark などさまざまなツールとパケット・スニファーを使用していました。手作業でデータを相関させるのには時間がかかり、高度な技能を持つ技術エンジニアを必要としました。現在 Pruitt 社は、すべてのデータ収集を自動的に行い、情報をグラフィカルに表示し、チームが即座に詳細を調査できるソリューションがあります。

「1 つのソリューションでこれほどのレベルの機能性は今まで見たことがありませんでした。OptiView XG を使用することでエンジニアが効率的かつ効果的に作業を行えます。これで顧客にも満足していただけます」と Pruitt 氏は語ります。

Pruitt 社では現在、ネットワークとアプリケーションのすべてのトラブルシューティングに OptiView XG を利用しています。数時間あるいは数日間かかっていた根本的原因の切り分けを数分以内で行うことにより、Pruitt 社のエンジニアは問題解決に費やす時間を飛躍的に短縮できます。情報がグラフフィカルに表示されるため、エンジニアはプロセスを簡素化することができます。また、レポート機能を使用することで、チーム・メンバーが問題の潜んでいる箇所を顧客に説得力をもって示すことができます。

「VoIP の展開は非常に複雑になる場合があります。ロールアウト前にネットワーク準備状況の評価を行うことが、システム・パフォーマンスを保証する鍵となります。ネットワーク評価を行い、そしてネットワークとアプリケーションのトラブルシューティングを自動化できるソリューションがあるということは、市場と当社のエンジニアにとって大きな前進です」と Pruitt 氏は言います。「OptiView XG を使用することにより、顧客に付加的サービスを提供し、システム・パフォーマンスを保証し、顧客の期待に沿った継続的なトラブルシューティングのサポートを提供することができます。OptiView XG のおかげて、VoIP システムを展開する際、当社のチームは戦略的に優位になりました。」

 
 
Powered By OneLink