AirCheck G2 のデモ | フルーク・ネットワークス
AirCheck G2

NETSCOUT AirCheck G2

ワイヤレスネットワークテスター

強力な携帯型ツールを使用することで、現場の IT 技術者は Wi-Fi 問題を素早く特定できるため、コストのかかるエスカレーションを低減できます。

一般的な使用事例

  • Wi-Fi 接続の問題

    Wi-Fi 接続の問題

    1. エンドユーザーが Wi-Fi にうまく接続できない場合、問題の原因を把握できないことがあります。AirCheck G2 のオートテスト機能は、トラブルシューティングを簡素化します。オートテストをタッチするだけで、Wi-Fi 接続問題のトラブルシューティングを適切に開始できます。

    2. ホーム画面で [オートテスト] を選択すると、Wi-Fi 接続問題の原因となっている問題を素早く特定できます。

    3. AirCheck G2 は問題を色分けして表示します。
      = 合格、問題はありません。
      黄色 = 合格ですが、潜在的な問題があります。
      = 不合格。問題があります。

    4. [^] を選択すると、テストにドリルダウンして、テストの詳細を確認できます。

    5. ホーム画面で [設定] アイコンを選択すると、各オートテストを行う際に対象のネットワークに自動的に接続できます。この機能は、Wi-Fi ネットワークを定期的にテストする場合に便利です。

    6. [設定] メニューが表示されたら、[オートテストの設定] を選択してネットワークをセットアップします。

    7. ネットワークへの接続をセットアップしたら、[ネットワーク・テスト] をオンにし、自動的にテストするネットワークを選択して、オートテストを個々に実行します。

    8. ホーム画面に戻り、オートテストを再実行して、選択したネットワークの状態を素早く簡単に確認できます。

  • Wi-Fi の速度が遅い

    Wi-Fi の速度が遅い

    1. Wi-Fi が遅い場合、1 つのチャネルを使用するアクセス・ポイントが多すぎるために、同一チャネル干渉が発生している可能性があります。AirCheck G2 を使用すると、問題を簡単に見つけ出して解決できます。

    2. ホーム画面で [ネットワーク] を選択すると、特定の Wi-Fi ネットワークにドリルダウンして、遅延の原因を調査できます。

    3. これは、現在の場所で確認されたすべてのネットワークを示しています。ネットワークを選択します。

    4. ネットワークを選択したら、[AP] を選択し、そのネットワークを使用しているアクセス・ポイントの数を特定します。

    5. これは、ネットワークで検出された AP を示しています。デフォルトでは、AP は信号強度順に分類されています。強度の最も強い最初の AP を選択します。

    6. これは、選択した AP の詳細情報を示しています。無線パフォーマンスをテストするには、[接続]を選択して AP に接続します。

    7. ここで AP への接続を確認できます。パフォーマンス・テストを実行するには、[iPerf テスト] を選択します。

    8. iPerf サーバーを選択したら、テスト結果を表示してパフォーマンスが期待通りであることを確認します。パフォーマンスが期待通りであれば、エンド・ユーザーのデバイスに問題がある可能性があります。パフォーマンスが期待より下回る場合は、AP の詳細画面に戻ります。

    9. [チャネル] を選択して、同じチャネルを使用している AP の数を特定します。

    10. これは、選択したチャネルの詳細を示しています。同じチャネルに 2 つまたは 3 つ以上の AP があると、問題が発生する可能性があります。[AP] を選択して、このチャネルの AP の詳細表示を確認します。

    11. これは、チャネルを使用している AP を示しています。可能な緩和策:一部の AP のチャネルを再割り当てし、不正 AP を特定して削除します。

  • 不正アクセス・ポイント

    不正アクセス・ポイント

    1. AirCheck G2 を使用して、ネットワークに無許可で接続されているデバイスを発見・位置特定できます。

    2. ホーム画面で [アクセス・ポイント] を選択し、現在の場所で検出可能な AP の総数を特定します。

    3. 疑わしい不正 AP を選択します。

    4. 「検出」ソフト・キーを選択すると、実際に歩いて信号強度を確認して、疑わしい不正 AP を見つけ出すことができます。

    5. これは、アクセス・ポイントのリアルタイムの信号レベルを示しています。信号レベルの強い方向に向かって歩き、AP を見つけてオフにします。画面の左下端のサウンド・アイコンを選択して、ビープ音(AP に近づくと音が速くなります)のオン/オフを切り替えます。

  • 過度に使用されたチャネル

    過度に使用されたチャネル

    1. 1 つのチャネルで通信するデバイスの数が多すぎると、断続的な問題が発生します。クライアントまたはアクセス・ポイントがチャネルを過度に使用していると、問題発生の原因になります。密集はは好ましくありません。AirCheck G2 は次のような方法でこの問題を切り分けます。

    2. ホーム画面で [チャネル] を選択すると、各チャネルの AP の数が表示されます。

    3. これは、すべてのチャネルを示しています。青とグレーの棒はチャネルの使用率を示しています。使用率の高いネットワークのチャネルを選択します。

    4. 選択したチャネルが拡大表示されます。チャネルをタッチするか、[詳細の表示] を選択します。

    5. これは、選択したチャネルの詳細(使用率、チャネルを使用する AP とクライアントの数など)を示しています。802.11 使用率が 25% より高く、AP が 2 つ以上ある場合は、[AP] を選択してアクセス・ポイントの詳細を確認する必要があります。

    6. これは、チャネルを使用している AP を示しています。可能な緩和策:
      1.  一部の AP のチャネルを再割り当てします。
      2. 不正 AP を特定して削除します

  • 不適切な構成

    不適切な構成

    1. AirCheck G2 を使用してネットワークのトラブルシューティングを行うと、問題の原因がネットワークの不適切な構成であるかどうかを特定できます。

    2. まず、ホーム画面で [ネットワーク] を選択します。

    3. これは、現在の場所で確認されたすべてのネットワークを示しています。問題のネットワークを選択し、不適切な構成があるかどうかを判断します。

    4. これは、ネットワークの詳細を示しています。[接続] ボタンを選択します。

    5. ネットワークの認証の種類を選択します。[パスワード] を選択してパスワードを入力します。認証の種類に応じて他のフィールドが表示されます。構成が完了したら、[適用] を選択します。一度入力すると、再度入力する必要はありません。

    6. これは、接続テストのステータスと結果を示しています。接続の合格がすべて緑で示された場合は、クライアントが適切に構成されているかどうかを確認します。

    7. 接続が不合格の場合は、接続テスト画面で [ログ] を選択してイベント・ログを表示します。

    8. これは、接続に失敗した理由を示す接続イベント手順を示しています。

    9. 接続が合格の場合は、ホーム画面で [クライアント] を選択します。並べ替えまたはフィルターを使用すると、ユーザーのクライアントを簡単に選択できます。クライアントを選択してその詳細を表示します。

    10. スクロールダウンして、適切な SSID とチャネルにプローブ要求が出されているかどうかを確認します。また、ユーザーのデバイス構成が正しいことも確認する必要があります。

AirCheck G2 製品ツアー

製品の詳細

  • 正面

    • ヘルプ

      任意の画面で、またはテスト中に疑問符のアイコンをタップします。

    • テストの更新

      テストを再開して新しいデータを収集します。

    • テストの保存

      テスト・データを AirCheck G2 に保存します。AirCheck Manager ソフトウェアを使用すると、保存したテスト結果をコンピューターに取り込むことができます。

    • 設定

      [設定] では、AirCheck の設定を行えます。

    • 電源ボタン

  • 側面

    • イーサネット・ポート

      10/100/1000 イーサネット接続ポート。

    • RP-SMA

      外部指向性アンテナを接続します。

    • USB ポート

      今後の拡張用です。

    • USB マイクロ・ポート

      USB マイクロ・ポートを使用して、PC に接続します。

    • USB ポート

      今後の拡張用です。

    • AC アダプター・ポート

      AirCheck G2 を電源につないで、内蔵バッテリーを充電します。

  • 戻る

    • アンテナの取り付け

      取り付け部分のクリップで外部アンテナをしっかりと固定します。

    • ケンジントン・ロック

      盗難防止金具取り付け用ポートで製品を安全に保管できます。

 
 
Powered By OneLink