LinkRunner AT をデモ体験しよう|enterprise.netscout.com

フルーク・ネットワークス

LinkRunner AT

ネットワーク・オートテスター

メタルおよび光ファイバーのネットワーク接続性を迅速かつ包括的にテストできます。クラウド対応になりました。

バーチャル・テスト・ドライブを体験する

無料デモを申し込む

一般的なテスト・ケース

新しいネットワーク接続口の検証

大規模な組織再編に伴い、100 を超えるオフィスが移動しました。すべてのポートが正しく設定されていることを迅速に確認する必要があります。LinkRunner AT のオートテスト機能を使用すれば、確認作業を簡単に行えます。

開始

  1. テストする接続口に接続して、[AutoTest](オートテスト)を選択します。

  2. LinkRunner AT は、数秒で 6 つの重要な接続パラメータをテストし、その後、合格/不合格の結果を示す概要画面を表示します。

  3. 各テスト結果の詳細を掘り下げて、実際に何が起こっているかを知ることができます。デュプレックスと速度の設定などのリンク構成を確認します。

  4. 正しいスイッチとポートに接続しているか、確認します。

  5. IPv4 はもちろん、IPv6 についても、DHCPが機能していることを確認します。

  6. LinkRunner AT は、ターゲット・デバイスへの接続性試験を Ping のみでなく、ポート開放テストにより、アプリケーションの可用性も確認できます。

  7. 最後に、このフロアへのファイバーのアップリンクをチェックします。問題ありません。LinkRunner AT はメタル接続と同様、光ファイバー接続も詳細にテストすることができます。

    無料デモを申し込む

検査結果の文書化

あなたは、VoIP 展開プロジェクトを管理しています。建物内の各デスクのネットワーク接続口が VoIP に対応しており、IP 電話の設置準備が整っていることを文書化したレポートを提供する必要があります。このような場合は、LinkRunner AT を使用して作業を行います。

開始

  1. テスターをデスクのネットワーク接続口に接続します。自分で作成したオートテスト・プロファイルを実行し、VoIP 向けに接続口が正しく構成されていることを確認します。PoE 給電、リンクの速度、デュプレックス、VLAN ID、ネットワークサービスの可用性、VoIP コールマネージャーへの TCP 接続を検証します。

  2. リンク速度が 100Mb であることに注目してください。このシナリオでは、リンクは 1000Mb でなければなりません。この問題を解決する必要があります。

  3. ケーブル・テストを実行し、4-5 ペア上でピンが破損していることを特定します。ギガビット・イーサネットでは、4 つのペアを必要とするため、4-5 ペアが破損していることで、スイッチの速度が 100Mb に制限されています。

    破損したケーブルを修復し、再度オートテストを実行すると、すべてのテストに合格します。

  4. この接続口の修復前と修復後の結果を文書化するためには、ローカル・レポート・モードを使用してテスターに結果を保存するか、または Link-Live クラウド・サービス・レポート・モードを使用してクラウドに結果を保存します。

    クラウド・サービス・レポートの利点の 1 つに、ゼロタッチのレポート作成があります。オートテストの結果は、オートテスト完了と同時にクラウドに保存され、追加で作業を行う必要はありません。また、オートテストの各結果にコメントを保存することもでき、レポートの質が改善されます。

  5. ローカル・レポート・モードを使用する場合は、結果をテスターに保存して PCにアップロードし、LinkRunner AT Manager アプリケーションを使用してローカルに管理できます。

    テスト結果を表示して、各結果のレポート、またはプロジェクト全体のレポートを生成できます。

  6. Link-Live クラウド・サービス・レポート・モードを使用する場合は、結果は Link-Live アカウント内で管理されます。

    テスト結果を表示して、各結果のレポート、またはプロジェクト全体のレポートを生成できます。

  7. Link-Live クラウド・サービスを使用することで、どこからでもインターネットに接続してテスト結果の管理とレポート作成を行えます。

    LinkRunner AT を使用すると、ネットワークが VoIP に対応していることを簡単に文書化できます。

    無料デモを申し込む

接続性問題のトラブルシューティング

新任の経理担当者が業務に必要なサーバーにアクセスできず困っています。ネットワークに問題があるかどうか見極めが必要です。

開始

  1. スイッチ・テストでは、信号のレベルと接続、最も近いスイッチ、接続されているスロットとポートを迅速に確認できます。

    あれ?会計部門はたしか、VLAN 190 に割り当てられていたはずです。

  2. ネットワーク管理チームに連絡してスイッチを再構成してもらうよう依頼します。その後、構成の是正確認のため、再度テストを実行します。

    無料デモを申し込む

配線の問題解決

出荷担当者たちもネットワークにまったくアクセスできません。すぐに原因を究明する必要があります。

開始

  1. ユーザーのデスクからスイッチ・テストを実行します。LinkRunner AT は、近端でケーブルが断線していることを報告します。恐らく、パッチコードです。

  2. 本体のワイヤーマップ・ポートを使用して、パッチ・コードをチェックします。これが問題の原因であることは間違いありません。

  3. 不具合のあるパッチコードを交換します。その後、スイッチに再接続し、再度テストを実行してポートが正しく接続されていることを確認します。これで作業と検証は終了です。

    無料デモを申し込む

オートテストの作成

LinkRunner AT は、お客様の環境に合わせたオートテストの設定を可能にします。。

開始

  1. PoE デバイスであるかどうかとデバイス・クラスを設定します。

  2. IPv6 のテストを有効または無効にします。

  3. アプリケーションの可用性テスト用に、IPv4 と IPv6 の両方のターゲットを定義します。ターゲット・デバイスに対して Ping するか、TCP ポート開放テストを実行してアプリケーション・トラフィックの疎通を確認します。

  4. オートテストのプロファイルを保存します。これにより、プロファイルを呼び出して別の環境で使用できるようになります。

    無料デモを申し込む

製品の詳細

  • 正面

    • 電源ボタン

      LinkRunner AT の電源オン/オフ・ボタン。数秒で起動します。

    • Home (ホーム) キー

      メイン・メニューに戻ります。

    • Save Report (レポートの保存) キー

      現在の結果をレポートに保存します。

    • Re-run (再実行) キー

      テストを再実行します。

    • Back (戻る) キー

      前の画面に戻ります。

    • ディスプレイ

      320 x 240 の高輝度カラー・ディスプレイ。

    • 送信/受信インジケーター

      LinkRunner AT がデータを送信または受信していることを示します。

  • 側面

    • リチウムイオン・バッテリー(オプション)

      オプションのリチウムイオン・バッテリーで 6 時間以上の操作が可能です。単三電池パックが標準装備されています。

    • 電源アダプター・コネクター

      LinkRunner AT を約 3 時間で充電します。LED により充電が完了したことを示します。

    • 内蔵ワイヤーマップ・ポート

      外部ワイヤーマップ・アダプターなしでワイヤーマップ・テストを実行するのに使用します。

    • USB ポート

      プロファイルをダウンロード、またはレポート結果をアップロードするのに使用します。

  • トップ

    • LAN ツイスト・ペア-・ポート

      Ethernet 10/100/1000BASE-TX テストに使用します。

    • LAN 光ファイバー・ポート

      Ethernet 100/1000BASE-X テスト(適切な SFP ファイバー・トランシーバが必要)に使用します。

  • 戻る

    • 着脱式バッテリー

      オプションの着脱式リチウムイオン・バッテリー・パックで、6 時間以上の操作が可能です。

    • ケンジントン・ロック

      盗難防止金具取り付け用ポートで製品を安全に保管できます。

 
 
Powered By OneLink