ソリューション・トピック|NetScout

ソリューション・トピック

802.11ac Wi-Fi テクノロジー規格は、高密度環境、BYOD の急増、動画ストリーミングなどの高帯域幅の使用など、Wi-FI ネットワークに大きな負荷がかかる問題に対して、ギガビット速度でもって対処します。これは、最初に 802.11n で導入された MIMO、ビーム形成、チャネル・ボンディング、その他多くの技術に基づき 802.11ac Wi-Fi 規格を構築することにより達成されました。

エンド・ユーザーが絶え間ないデジタル情報の流れに依存している場合、組織はモビリティを大いに活用できます。このような「ボーダーレス・エンタープライズ」の IT 部門ではネットワーク全体(オンプレミス、クラウド、無線環境など)の可視性を欠いており、問題が発生するとビジネスに不利益が生じます。

消費者デバイスの爆発的な人気は衰えそうにありません。2013 年には、スマートフォンは消費者がインターネットに接続するときに最もよく使用するデバイスになると見込まれています。2015 年までには、タブレット PC 接続はラップトップより多くなると予想されています。職場でのこれらのデバイスの購入が増えていることや、プライベートなユーザーの作業だけではなくビジネス・クリティカルな機能の実行にも使用されていることは、驚くことではありません。実際に、平均的な企業ユーザーは、2 ~ 4 台のモバイル・デバイスを持っており、そのほとんどが無線接続を必要とします。無線接続を必要とするデバイスの数は一貫して増加しています。これらのデバイスをサポートする無線インフラストラクチャの再設計およびアップグレードと共に、ビジネス組織の中には、社員が使用するアプリケーションおよびカスタム・アプリ・ストアの展開を開始したところもあります。

今日のデータ・センターは、従来の分散型インフラストラクチャから統一されたサービス指向構造へと変遷しつつあります。高帯域幅サービスをサポートするために成長しても、あるいは、システムを縮小および集中化しても、データ・センターは常に変化しています。成長を続けるデータ・センターでは、帯域幅が十分でないアプリケーションの統合をサポートするために、サーバーは仮想化され、40 ギガビットのリンクがインストールされています。これにより、ネットワーク・インターフェースのコストが吊り上がり、ケーブルのインフラストラクチャの需要が高まります。

IT の予算は絶えず圧迫されており、リソースの統一や電力消費の削減に加え、既に実装されている各スイッチ、ルーター、サーバー、またはハイパーバイザーから最大の利益を得ようとしてエンジニアにプレッシャーをかけています。場合によっては、サービスが、世界中のユーザーに重要なサポートを提供するクラウドのプロバイダーに外部委託されます。これらの変更は、生産ビジネス・アプリケーションのダウンタイムを最小限に抑えてシームレスに行う必要があります。また、変更により、最終的にシステム全体のパフォーマンスが向上する必要があります。

ネットワークが稼働していても、必ずしもアプリケーションのパフォーマンスが高いとは限りません。ネットワーク・エンジニアは、かつてないほど自社ネットワークを監視するためのデータ・ポイントを入手でき、機器の正常性、使用率、廃棄パケット数、トラフィック・フローなどの収集データをネットワーク管理ツールに取り込み、これらを分析する能力を持っています。しかし、このような可視性を獲得しながらも、遅いアプリケーションへの対応がどうしても遅れがち(事後的)になります。これらの傾向を解決し、事前に察知できるようにするための鍵は、エンドユーザー・レスポンス・タイム分析を通して提供される可視性を活かすことです。

今日のネットワーク・マネージャーは、応答速度の向上と最適なエンドユーザー・パフォーマンスに対する欲望と運用コストの削減ニーズという、2つの相反する要求のバランスを取らなければなりません。トラフィックは、業務用であるか否かにかかわらず、利用可能なネットワーク帯域容量を消費し尽くす傾向があり、最も混雑するリンクでパフォーマンスの低下を招きます。ネットワーク・マネージャは、単に帯域幅を増やして、この問題に対応すればよいのではなく、ネットワーク容量を増加させる前に、あるリンクの長時間にわたる混雑は、正当な業務利用により生じていることを証明しなければなりません。効果的なネットワーク能力計画のための新たな原則を理解し、従来の方法から抜け出しましょう。

 

住宅用 Wi-Fi ソリューションの需要は、ビデオ・サービスに活気づけられ、急激に高まっています。Wi-Fi ビデオには、熾烈な競争とコモディティ化による価格低下で特徴づけられるトリプルプレイ市場において、サービス・プロバイダーに優位性を与える利点があります。しかし、住宅用 Wi-Fi の利点も、それなりの代償を伴います。家庭内の無線アーキテクチャと動作環境は有線のものとは異なるため、設置やパフォーマンス上の課題が生じます。サービス・プロバイダーは、これら課題を理解し、克服して住宅用 Wi-Fi の利益を最大化するための適切なツールで装備しなければなりません。

仮想化によってコストが削減され、十分に開発されていることはよく知られており、そして市場には大きな影響力を持つベンダーが数社あります。仮想化は定着します。まだ仮想化が導入されていないのであれば、いずれデータ・センターで永続的に行われるでしょう。

交換器、ルーター、および他のインフラ・デバイスは統合され仮想化されて、1 つのプラットフォーム内で全体的なネットワーク・インフラを形成します。サーバーとインフラの仮想化にはいくつかの影響と重要な考慮事項がありますが、大部分の IT 部門はコスト削減と効率化の観点から切り替える価値が十分にあると考えています。

無線ネットワークは、以前は便宜上の目的で使用されていましたが、現在は IT 組織のおかげで、WiFi ネットワークはビジネスに欠かせない高性能アプリケーションを起動したり、医療施設では、救命情報を医師や看護師、医療アプリケーションなどに配信したりすることができるようになりました。タブレットやネットブック、その他のモバイル・デバイスの爆発的増加により、BYOD (Bring Your Own Devices) が職場にも持ち込まれ、サービスが期待されるようになり、Wi-Fi サービスの需要がさらに高まっています。

以前は、無線ネットワークはデータ主体の少数のアプリケーションのために、集中的なロケーションでのみ使用されていました。しかし現在では、これらのデバイスで、移動中の音声サービス、ビデオ・サービス、データ・サービスが必要とされています。これらの需要に対応するべく、一部の無線ネットワーク環境では、徹底した無線信号対応地域と高品質の接続性をセキュリティを犠牲にせずに高速で提供するために、徹底した点検修理が必要となっています。以前は、新しいユーザーをサポートするためには、新しいアクセス・ポイントを追加するだけで十分でした。しかし現状は、それでは十分とは言えません。現在の無線ユーザーは、音声やビデオに加えて、高性能のビジネス・クリティカルなアプリケーションに対応した帯域幅の増加を必要としているため、信号品質だけでなく、受信範囲の完全な網羅も重要となっています。

 
 
Powered By OneLink