ソリューション役割

ネットワーク・エンジニアの役割については、いくつかの主要トレンドが見られます。ネットワークがサポートしているビジネスのタイプにかかわらず、エンジニアは絶えず新しいプロジェクトを任されています。これらの任務には、データ・センターにおける仮想インフラ、BYOD をサポートしセキュリティを高めるための改良された無線システムなどの新しい技術の実装、クラウド・サービスへの重要アプリケーションの展開、統合された通信とビデオ・サービスのサポート、および VoIP などのアプリケーションとサービスに対する最高のパフォーマンスの維持などが含まれます。ケーブル側では、10GBASE-T ポートが導入されているため、ネットワーク・エンジニアは、インフラ・ケーブルがビジネスの将来のニーズに合うことを確認することが要求されます。当然ながら、これらすべての動向が限られた予算の中で、少ないスタッフで、ダウンタイムなしで行われる必要があります。

もう1 つのトレンドは、企業が IT 業務をアウトソーシングすることです。マネージド・サービス・プロバイダー、システム・インテグレーター、VAR に雇用されているネットワーク・エンジニアにとって、プロジェクトに関連する課題は、カスタマー・サービスとプロジェクト収益率重視が著しく高まるにつれて、ますます増幅しています。トレンドについて、また Netscout によるマネージド・サービス・プロバイダーについてさらに詳細をお読みください。

今日のネットワーク・エンジニアはまた、根本的原因がネットワークか、サーバーか、アプリケーションかにかかわらず、どのパフォーマンス問題に関しても最終的なエスカレーション・ポイントと見なされています。彼らには、課題を分離して特定するためのツールを持ち、サーバーとアプリケーションのチームと共同して問題を解決することが期待されています。「ネットワークの問題ではない」という回答は、パフォーマンス問題に対する答えとしては、もう受け入れられません。さらに、ネットワーク・エンジニアの役割には、責任の所在にかかわらず、根本的原因を解決するという傾向が強まりつつあります。

ネットワーク技術者およびオペレーションには、かつてないほど多数のビジネス・クリティカルなアプリケーションとサービスをサポートする任務が課せられています。この傾向によって、ネットワーク・オペレーションの役割は、規模と重要性の両方において拡大しています。ほとんどの IT 組織では、新しいネットワーク技術の増加や複雑性、複数のサイトにおける責任の統合、IT スタッフの削減、ネットワーク・エンジニアリング組織に提供するサポートの増大により、ネットワーク・オペレーションにさらに多くの責任が課せられています。

ビジネス・アプリケーションをサポートしているインフラストラクチャは、仮想スイッチングおよびクラウドへの移行により絶えず変化しているため、ネットワークおよびアプリケーション管理プラットフォームの可視性が制限されています。それでもなお、ネットワーク・オペレーションは、これらのシステムをサポートするコンポーネントへのアクセスを制限された状況でシステムをモニタリングしなければなりません。これらのビジネス・システムにおける 24/7/365 要求により、ネットワーク・オペレーションでは、これらの管理ツールへのモバイル・アクセスだけでなく、エスカレーションやチームでの解決を促進するための共有可能な自動レポート機能も必要としています。

広範囲な定義では、「サービス・プロバイダー」という用語は、ネットワーク・サービス、WAN/インターネット接続性、システム統合、コンサルティング、インストール・サービスを提供するさまざまな組織に該当します。従来のサービス・プロバイダーのビジネス・サービス・グループ、システム・インテグレーター、コンサルタント、ネットワーク・サービス・チームまたはネットワークに接続された機器製造者がそれぞれクライアントのネットワークに作業やサービスを提供し、通常は、プロジェクトの見積もり作成、展開前の評価、取り付けやテストに関する説明書と報告書の作成、問題解決、保守業務を複雑で広範囲なネットワーク・プロジェクトに対して行うことを要求されます。

こうしたプロバイダーは、未知のあるいは記録されていないネットワーク環境、一貫性のない手順、チーム内や顧客内の知識や経験の差異、納期と予算通りにプロジェクトを完了するための無数のツールやソリューションに遭遇します。

 
 
Powered By OneLink