ソリューション業界|NetScout

ソリューション業界

金融サービスでは、企業組織内および外部ソースから IT に影響を与えるさまざまな傾向が発生しています。これらの傾向によって、地方の銀行組織と大規模な投資会社の両方が影響を受けます。

地方では、顧客を獲得して維持するための競争の結果、モバイル・バンキング、データ保護、および遠隔地サービスへの投資が促進される一方、料金が削減され、銀行の収益を減少させる新たな規制が適用されています。合併と買収によって、IT 組織によるデータ統合が絶え間なく行われています。近い将来、多数の来客に対応するために、人間の窓口係の代わりにキオスクを導入する銀行組織も現れると考えられます。この結果、スタッフの人数は減少しますが、IT に関しては、このようなシステムを運用するために必要なデータ読み込みやサービスが増加します。

大規模な投資会社は、引き続き莫大な資金を投入して、取引サービスでの遅延を非常に短く抑え、アプリケーションの応答時間をナノ秒単位で短縮することによって競争力を獲得します。これらの企業では、モビリティおよびカスタム・アプリケーションへの大規模な移行によって、投資家を繋ぎ止め、24 時間態勢で取引に対応する方法を模索しています。このような環境でのネットワークおよびアプリケーション・パフォーマンスでは、「想定外」は受け入れられません。IT 組織は、常に完全な可視性が求められ、いつでもすべてを毎日24時間週7日把握する必要があります。

連邦機関は、技術の急速な進化、高まる国民の期待、ますます相互に繋がる世界で安全に運営する必要性によって、これまでにないプレッシャーに直面しています。同時に、アメリカ連邦議会は支出を抑制しており、機関は予算の廃止や縮小を余儀なくされています。このような課題の多い環境で、機関は、費用のかかる保守や従来型 IT システムの運用から共有可能なテクノロジーを活用した 21 世紀のソリューションへと投資を移行しつつあります。また、従来のネットワーク中心のアプローチから、よりユーザー中心のモデルへとインフラ投資の方向転換を行っています。

ヘルスケア業界は、患者ケアの自動化により大きな変化がもたらされ、IT 組織にも大きな影響を及ぼしています。医療関係者と患者の間の相互作用を管理するシステム全体が飛躍的に発展しており、これは病院の業務のやり方に全面的に影響を及ぼします。

多くの病院や診療所では、ファイル・フォルダーやクリップ・ボードを使用して患者を追跡する代わりに、電子機器による医療記録 (EMR) の導入が必要となっています。完全に実装された EMR システムにより、患者情報の電子保存、検索、および変更が可能になるので、治療を行うときに保険機関内部の部門どうしで協力できます。病院や診療所においては、これらの連邦(米国およびカナダ)によって支援されている EMR システムは、医師や放射線担当者、そして病院の管理にも使用される何百ものさまざまなアプリケーションに取って替わるものです。IT 部門には EMR システムを実装してサポートするための非常に大きなプレッシャーがかかりますが、病院や診療所は奨励プログラムや景気刺激策予算を活用できます。

放射線科では、古いフィルムベースの装置の廃止を進めており、現在は、PACS (Picture Archiving and Communication Systems) を使用して、電子保存と表示、そして大きなデジタル画像を必要とする部門や組織への転送を行っています。診療所では、患者システムの社内設置によるコストを考慮して、これらの患者システムをサポートするサービス型ソフトウェア (SaaS) やリモート・ホスティング・サービスへと移行する傾向があります。

ヘルスケアではモビリティが上昇の傾向にあります。これは、医師がタブレット・デバイスをベッドサイドで使用し、CPOE (Computerized Physician Order Entry) システムにアクセスしているためです。これらのオーダーは、ネットワークを介して放射線など他の部門の医療スタッフに通知され、特定の患者に関する治療指示を与えます。これらの大きな画像を取り込んだ後は、画像を保存し、医師がベッドサイドなどで解析に使用できるようにします。

 
 
Powered By OneLink