ウェビナー

オンデマンド

2016 年 9 月 21 日
統合されたパケット可視性によるセキュリティ成熟度の向上

サイバー・セキュリティ成熟度モデル(C2M2)を使用して、パケットの可視性がどのようにセキュリティ成熟度を向上させるのかを学びましょう。パケット・フロー・スイッチでセキュリティ体制を強化させられる方法を説明する事例を紹介します。

  • セキュリティ目的でパケット・フロー・アーキテクチャを設計する際の要件の定義方法
  • セキュリティ可視化ソリューションが満たさなければならない重要な条件
  • アクティブおよびパッシブ・セキュリティの設計の違い
2016 年 6 月 28日
セキュリティ可視化ソリューションの選び方

このウェビナーでは、セキュリティ可視化ソリューションを評価する際に、ベンダー候補に尋ねるべき重要な質問について話します。ウェビナーでは、以下のトピックを取り上げます。

  • セキュリティ目的でパケット・フロー・アーキテクチャを設計する際の要件の定義方法
  • セキュリティ可視化ソリューションが満たさなければならない重要な条件
  • アクティブおよびパッシブ・セキュリティの設計の違い
 
2016 年 6 月 22 日
エンタープライズ・ネットワーク:忘れ去られるツールはなし

10G および 40G ネットワークへ移行したいのに、既存の 1G ツールが原因でちゅうちょしていますか?既存のツールの寿命を伸ばしながら、ネットワーク全体にわたって統合されたパケットの可視性を得る方法を学べます。

また、リアルタイムかつ実用的なトラフィック情報とラインレートの集中監視を組み合わせ、ネットワークの全体ビューを実現する方法について説明します。インフラの管理にかける時間を、調査や問題解決によりかけられるようにしましょう。

2016 年 6 月 8日
インシデント対応の最新動向および調査結果

「2016 年 インシデント対応能力 - 第1部:脅威の現況と調査結果」ウェビナーをオンデマンドでご覧ください。

恒例のインシデント対応に関する第 3 回 SANS 調査では、インシデント対応の継続的な進化、ここ 3 年の間に戦術やツールがどのように変化したか、また攻撃の件数・種類ともに増える中、セキュリティ専門家はどのように対応しているかを見ていきます。

 
2016 年 4 月 28 日
高度な脅威に対するネットワーク保護のケーススタディ

弊社のお客様が、脅威情報に加え、Arbor Spectrum と NETSCOUT のパケット・フロー・スイッチを組み合わせ、いかにして高度な脅威から保護しているかを学びます。内容:

  • Arbor の ATLAS セキュリティ調査の結果から得られた洞察および動向情報
  • お客様がどのようにしてネットワークを守っているかの実例
  • セキュリティ・インフラを高速化させるうえでの統合されたパケットの可視性の役割
2016 年 3 月 31日
データセンターの進化

40G と 100G への進化。心配はありませんか?45 分間の「データセンターの進化」ウェビナーにご参加ください。この移行によりもたらされるデータセンターの最新動向を説明します。リアルタイムかつ実用的なトラフィック情報とラインレートの集中監視を組み合わせ、ネットワークの全体ビューを実現する方法が学べます。