セキュリティの可視性|NETSCOUT nGenius 4200 シリーズ

nGenius 4200 シリーズ パケット・フロー・スイッチ

40G ネットワーク上のサービス保証およびセキュリティ・システム向けにハードウェアにより高速化されるパケット最適化。
  • 運用の複雑さを低減
  • セキュリティ・システムの効率性向上
  • 自己管理型のメッシュ・アーキテクチャで可視プレーンを容易に拡張
  • ネットワークを停止させることなく、セキュリティ・システムの追加、テスト、変更が可能
  • 関心があるトラフィックのみを絞り込み、モニタリング/セキュリティ・システムに転送
  • 暗号化されたパケットも含め、各種ネットワーク・プロトコルの管理
  • 集中的なトラフィック状態により発生する問題を軽減
概要
データ・シート
お問い合わせ
デモのリクエスト
 

概要

セキュリティ・システムの効率性向上

ネットワーク全体にわたり、パケットの可視性を 100 % 実現することで、コスト、ワークロード、そしてリスクを減らすことができます。サイバーセキュリティの脅威を完全に把握するために、セキュリティ・システムをテスト、追加、または変更できます。nGenius 2200 シリーズ パケット・フロー・スイッチは、ネットワークを停止させることなく、インフラ内にアクティブ、パッシブ、またはアクティブ・インライン型のセキュリティ・システム・チェーンを展開します。フェイルセーフ機能により、停電時も組織のセキュリティ・ポリシーを適用できます。

運用の複雑さを低減

nGenius 4200 シリーズ パケット・フロー・スイッチは、nGeniusONE サービス保証プラットフォームなどのモニタリング・システムやサイバー・セキュリティ・システムに最適化されたネットワーク・トラフィックを送ります。

ネットワーク・アーキテクチャやデータセンターが 40G に進化する中、お使いのセキュリティ・システムとモニタリング・ツールが機能するために必要なパケットを受け取れるようにしなければなりません。複数の拠点、複数の都市にまたがる大規模な環境、あるいは多様なネットワーク・プロトコルが使われる環境は、運用管理を難しくさせます。nGenius 4200 シリーズ パケット・フロー・スイッチがあれば、統合されたパケット可視プレーンを作り、モニタリング・システムの運用を簡単にすることができます。

スケーラブルなアーキテクチャ

nGenius 4200 シリーズ パケット・フロー・スイッチは、必要なものだけ展開できる柔軟性とモジュール性を備えています。1 つの論理システムに多数のデバイスや数百ものポートで構成されるシステムレベル・アーキテクチャにより、リンク・レイヤーの可視性とデータ・アクセスを拡張できます。

nGenius 4200 シリーズ パケット・フロー・スイッチの特長:

  • ネットワークを停止させることなく、セキュリティ・システムの追加、テスト、変更が可能
  • 関心があるトラフィックのみを絞り込み、モニタリング/セキュリティ・システムに転送
  • 暗号化されたパケットも含め、各種ネットワーク・プロトコルの管理
  • 集中的なトラフィック状態により発生する問題を軽減
 

特長

柔軟なポート
  • フルライン・レートで 40G、10G および 1G をサポート
  • ネットワーク・アクセスまたはモニター出力用にポートを設定可能(I/O)
トラフィックをブロックせずに転送
  • 選択幅の広いアグリゲーション (any-to-any のポート・マッピング)
  • フィルタリング:ハードウェアベース、ユーザー非依存の OSI レイヤー 2~7 (カスタム・オフセット、イングレス/イグレス、重複フィルターを含む)
  • セッションベース/フローアウェアなロード・バランシング(内部レイヤー 3 およびレイヤー 4 GTP、MPLS、VLAN ロード・バランシングを含む)
  • LAN および WAN 上にスタッキングする vStack+™ ネットワーク・インテリジェンス最適化システム
きめ細かなトラフィックの可視性
  • VLAN タグ付け
  • ポートおよびタイム・スタンピング(NTP、GPS、1PPS、PTP 同期)
  • 高速データバーストのバッファリング
  • マイクロバースト検出
高度なトラフィック調整
  • パケットの種類別のスライシング/トリミング
  • プロトコル(FabricPath、GRE/NVGRE、GTP、MAC-in-MAC、MPLS L2/L3、TRILL、VLAN、VN-tag、VXLAN)ストリッピング/カプセル解除
  • 重複パケットの除去
アクティブ・セキュリティ・トラフィックの転送
  • フェイルセーフ機能(PowerSafe)を備えたアクティブ・インライン双方向トラフィック・アクセス
  • アプリケーション・レベルでのツールのヘルス・チェック
  • ポリシーベースのイベント・トリガー、アラート、およびアクション
包括的な管理
  • ローカル/リモート管理:API、CLI、GUI (HTTP/HTTPS、Telnet/SSH、SNMPv1-3)
  • AAA セキュリティ (RADIUS、TACACS+)
  • マルチユーザー・アクセス(アクセス権の設定、独自の画面ビュー、管理アクセスの制限)
冗長性&回復力
  • デュアル、冗長、ユニバーサル電源(AC/DC ホットスワップ・オプション)
  • NEBS レベル 3 認定
 

ドキュメント

パンフレット

タイトル/説明 ダウンロード  
nGenius 4200 シリーズ パケット・フロー・スイッチ - 概要
ダウンロード PDF
761.62 KB
Service Assurance Solution For Dummies(初心者のためのサービス保証ソリューション)
「オフ」などないこと、またこの現実に対処する新たなソリューションを必要とする事実に目をそらしてはあなりません。ダイヤル式の電話をまだ使っていない限り、会社のネットワークはビジネスを支える給水設備と言えます。IPベースのサービスを提供する戦略的重要性が常に高まる中、企業やサービス・プロバイダーは、運用費を削減しながらもこれらサービスをより迅速に、より高い品質で提供できる方法を見つけるプレッシャーにさらされています。
ダウンロード PDF
3.19 MB

データ・シート

タイトル/説明 ダウンロード  
nGenius 4200 シリーズ パケット・フロー・スイッチ
40G ネットワーク上のパフォーマンス・モニタリングおよびセキュリティ・システム向けにハードウェアにより高速化されるパケット最適化
ダウンロード PDF
664.76 KB

ソリューションの概要

タイトル/説明 ダウンロード  
10G/40G ネットワーク向けにセキュリティおよびモニタリング・システムの最適化
10G および 40G ネットワークへ移行したいのに、既存の 1G ツールが原因でちゅうちょしていますか?最適化の方法をお教えします。
ダウンロード PDF
594.06 KB
セキュリティの可視性:ベンダーに尋ねるべき 10 の質問
このチェックリストは、セキュリティ目的でパケット・フロー・アーキテクチャを設計する際の要件定義に役立ちます。
ダウンロード PDF
411.5 KB

ホワイトペーパー

タイトル/説明 ダウンロード  
統合されたパケット可視性によるセキュリティ成熟度の向上
新たな脅威に対抗するためのパケット・フロー・スイッチング
ダウンロード PDF
1.51 MB
 

ウェビナー

オンデマンド  

2016 年 9 月 21 日

統合されたパケット可視性によるセキュリティ成熟度の向上

サイバー・セキュリティ成熟度モデル(C2M2)を使用して、パケットの可視性がどのようにセキュリティ成熟度を向上させるのかを学びましょう。パケット・フロー・スイッチでセキュリティ体制を強化させられる方法を説明する事例を紹介します。

  • セキュリティ目的でパケット・フロー・アーキテクチャを設計する際の要件の定義方法
  • セキュリティ可視化ソリューションが満たさなければならない重要な条件
  • アクティブおよびパッシブ・セキュリティの設計の違い
2016 年 6 月 28日

セキュリティ可視化ソリューションの選び方

このウェビナーでは、セキュリティ可視化ソリューションを評価する際に、ベンダー候補に尋ねるべき重要な質問について話します。ウェビナーでは、以下のトピックを取り上げます。

  • セキュリティ目的でパケット・フロー・アーキテクチャを設計する際の要件の定義方法
  • セキュリティ可視化ソリューションが満たさなければならない重要な条件
  • アクティブおよびパッシブ・セキュリティの設計の違い
 
2016 年 6 月 22 日

エンタープライズ・ネットワーク:忘れ去られるツールはなし

10G および 40G ネットワークへ移行したいのに、既存の 1G ツールが原因でちゅうちょしていますか?既存のツールの寿命を伸ばしながら、ネットワーク全体にわたって統合されたパケットの可視性を得る方法を学べます。

また、リアルタイムかつ実用的なトラフィック情報とラインレートの集中監視を組み合わせ、ネットワークの全体ビューを実現する方法について説明します。インフラの管理にかける時間を、調査や問題解決によりかけられるようにしましょう。

2016 年 6 月 8日

インシデント対応の最新動向および調査結果

「2016 年 インシデント対応能力 - 第1部:脅威の現況と調査結果」ウェビナーをオンデマンドでご覧ください。

恒例のインシデント対応に関する第 3 回 SANS 調査では、インシデント対応の継続的な進化、ここ 3 年の間に戦術やツールがどのように変化したか、また攻撃の件数・種類ともに増える中、セキュリティ専門家はどのように対応しているかを見ていきます。

 
2016 年 4 月 28 日

高度な脅威に対するネットワーク保護のケーススタディ

弊社のお客様が、脅威情報に加え、Arbor Spectrum と NETSCOUT のパケット・フロー・スイッチを組み合わせ、いかにして高度な脅威から保護しているかを学びます。内容:

  • Arbor の ATLAS セキュリティ調査の結果から得られた洞察および動向情報
  • お客様がどのようにしてネットワークを守っているかの実例
  • セキュリティ・インフラを高速化させるうえでの統合されたパケットの可視性の役割
2016 年 3 月 31日

データセンターの進化

40G と 100G への進化。心配はありませんか?45 分間の「データセンターの進化」ウェビナーにご参加ください。この移行によりもたらされるデータセンターの最新動向を説明します。リアルタイムかつ実用的なトラフィック情報とラインレートの集中監視を組み合わせ、ネットワークの全体ビューを実現する方法が学べます。

 
 
 
Powered By OneLink