統合されたパケット可視性によるセキュリティ成熟度の向上

無料ホワイトペーパー:

統合されたパケット可視性によるセキュリティ成熟度の向上

今日のサイバーセキュリティ攻撃は、何ヶ月も何年も気付かれないことが多い、高度かつ巧妙に仕組まれたイベントです。組織は、これら高度な脅威に立ち向かうために自社のセキュリティ能力を常に向上させなければなりません。攻撃相手より一歩先んじるための絶え間ない戦いなのです。サイバーセキュリティ成熟度モデル(C2M2)は、自社セキュリティ体制を次のレベルに引き上げるためのプロセスを説明しています。

当社の C2M2 セキュリティのホワイトペーパーでは、セキュリティの可視化によってセキュリティ成熟度を向上する方法を学べます。パケット・フロー・スイッチでセキュリティ体制を強化させられる方法を説明する事例を紹介します。ネットワークを中断させることなく、パッシブ・セキュリティから絶対確実なアクティブ・インライン・セキュリティに移行しましょう。パケット・フロー・アーキテクチャとともに、このモデルを適用して、貴社のセキュリティ・インフラを加速化させる方法を学べます。

NETSCOUT nGenius パケット・フロー・スイッチについて

NETSCOUT nGenius パケット・フロー・スイッチは、ネットワークからセキュリティ・システム、そして監視ツールに流れるトラフィック・フローを最適化します。これらの装置は、パケット・フローを収集して整理し、ツール・レイヤーからネットワーク・レイヤーを論理的に分離する統合されたパケット・プレーンを作成します。弊社のお客様は、サービス保証プラットフォームとサイバー・セキュリティを最適化および拡張させ、ツールの追加、テスト、管理にかける時間を減らすために、パケット・フロー・スイッチを使用しています。

ホワイトペーパーの無料ダウンロード
 
 
 
Powered By OneLink