PC かネットワークか?
DHCP かゲートウェイか?
答えがすぐに必要です。

問題を切り分け、次の仕事に移るまで 10 秒間。

適切なツールなしでは、問題の切り分けやテストの文書化は、時間がかかって大変です。これは、複数の顧客拠点でトラブルシューティングを行っており、何がどこに接続されているかの文書は皆無に近く、厳しいスケジュールで問題解決を迫られる場合、状況はさらに厳しいものになります。

お客様の話を聞き、PC ベースのツール、試行錯誤のトラブルシューティング法、標準プロセスの欠如、結果を簡単に文書化する機能の欠如によって、迅速な問題の切り分け、結果の文書化ができないでいることがわかりました。

お手頃価格のポケットサイズのネットワーク・テスター、LinkSprinter™ は必要な機能をすべて提供します。ボタンを 1 つ押すだけで、LinkSprinter は 10 秒以内に、接続性を確認する一連のテストを実行し、色分けされた LED で問題をピンポイントで特定し、それぞれのテスト結果をクラウド・ベースのレポート・マネージャーに自動的に送信します。より詳細なテスト結果(スイッチ名、モデル、スロット、ポート、VLAN など)が必要な場合、LinkSprinter 200 モデルは、Wi-Fi 接続を介してお使いのモバイル・デバイスに詳細を表示します。