WiFi 解析とトラブルシューティング|フルーク・ネットワークス

WiFi 解析とトラブルシューティング

無線ネットワークは、以前は便宜上の目的で使用されていましたが、現在は IT 組織のおかげで、WiFi ネットワークはビジネスに欠かせない高性能アプリケーションを起動したり、医療施設では、救命情報を医師や看護師、医療アプリケーションなどに配信したりすることができるようになりました。タブレットやネットブック、その他のモバイル・デバイスの爆発的増加により、BYOD (Bring Your Own Devices) が職場にも持ち込まれ、サービスが期待されるようになり、Wi-Fi サービスの需要がさらに高まっています。

以前は、無線ネットワークはデータ主体の少数のアプリケーションのために、集中的なロケーションでのみ使用されていました。しかし現在では、これらのデバイスで、移動中の音声サービス、ビデオ・サービス、データ・サービスが必要とされています。これらの需要に対応するべく、一部の無線ネットワーク環境では、徹底した無線信号対応地域と高品質の接続性をセキュリティを犠牲にせずに高速で提供するために、徹底した点検修理が必要となっています。以前は、新しいユーザーをサポートするためには、新しいアクセス・ポイントを追加するだけで十分でした。しかし現状は、それでは十分とは言えません。現在の無線ユーザーは、音声やビデオに加えて、高性能のビジネスに不可欠なアプリケーションに対応した帯域幅の増加を必要としているため、信号品質だけでなく、対応範囲の完全な網羅も重要となっています。

トレンドは

無線ネットワーク・エンジニアのいない IT 組織でも、無線ネットワーク・エンジニアが必須になるのは時間の問題でしょう。無線ネットワークが業務上不可欠なサービスとなった現在、Wi-Fi に特化したモニタリング、分析、トラブルシューティングなどのスキルが必要になります。これまで多くの無線ネットワーク環境では、エンジニアは信号対応範囲のみに関わっていれば良く、対象地域を十分にカバーすることが目標であり、好ましいサービスを提供するのに十分とされていました。しかし現在は、それでは不十分です。

音声、ビデオ、高性能ビジネス・アプリケーションに対応するためには、高品質が求められますが、そのためには、低妨害、正しいチャンネル計画、妨害を見つけるためのスペクトル分析の理解などが必要になります。ビジネスでは、職場での使用が着実に増え続けているタブレットやスマートフォンに影響する無線使用ポリシーを施行することも必要になるかもしれません。大部分のタブレットやスマートフォン・デバイスは、フルパワーのノートパソコンよりも低出力の無線を使用するため、対応範囲や品質が劣っていると、悪影響を受ける可能性が高くなり、より堅牢な無線ネットワーク環境が必要となります。加えて、無線ネットワーク内のセキュリティの確保も不可欠です。ネットワーク感染の被害に遭う前に、攻撃を検出してブロックできるようにしておくことが絶対に必要です。

主な検討事項

自宅の無線ネットワークでは、802.11 ルーターを購入して接続するだけで十分に対応できます。しかしビジネス環境はそうはいきません。802.11n に移行することの意味合いや、あらゆる妨害およびチャネルに関する検討事項を十分に理解しておくことが必要です。モバイル・デバイスは、従来型のノートパソコン無線よりも低出力の無線を使用するため、同様のパフォーマンスを確保するためにはより広範な対応範囲が必要となります。さらに、モバイル・デバイスは、セキュリティ・メカニズム関連のバックドアによる被害を受けやすいため、ハッカーがネットワーク環境に侵入する新しい通信経路にもなり得ます。このような脅威を理解し、利用規定やサイトの常時スキャンなどを通じて緩和することが必要です。モバイル・ユーザー対応のためにアクセス・ポイントを増やすと、インフラストラクチャのケーブル配線の負担も高まります。また、ユーザー・データに加えて、これらのケーブルはインフラストラクチャ・デバイスを動作させるための電気も運んでいます。レガシー・ケーブルの場合、データと電力の両方の負荷の増大に対応しきれない場合があります。

ベストプラクティス

現在のビジネスは、帯域幅を多く使用するモバイル・デバイスが着実に流入し続けることを覚悟しておく必要があります。そうするためには、アクセス・ポイントを追加する前に詳細なサイト・サーベイを行う必要があります。監視対象は信号の受信範囲だけにとどまりません。スループットが低いエリア、チャネルが重複して干渉を引き起こすエリア、および干渉要因があるエリアを識別します。

スペクトル解析ツールは、電子レンジ、BlueTooth デバイス、コードレス電話、セキュリティ・カメラ、他の想定外のデバイスなどの干渉要因を識別し、位置を特定するために使用する必要があります。Wi-Fi 環境ではセキュリティ評価が不可欠であり、定期的に行う必要があります。企業は、タブレットや他のモバイル・デバイスをサポートするためにゲスト SSID を使用することによって、一時的なユーザーから、およびビジネス・アプリケーションを脅かすおそれがあるハッカーからそれらのアプリケーションを保護するだけでなく、WIPS/WIDS ソリューションでネットワークを保護することを検討する必要があります。

ユーザーが無線環境に接続できない場合、またはパフォーマンスが低下した場合は、これらの問題を検証してトラブルシューティングするためにハンドヘルド・ツールが必要です。これらのツールの内蔵機能によって複雑な無線環境が簡略化されるため、ネットワーク技術者は無線システムの専門家レベルの経験がなくても問題を解決できます。

使用の主な目的とは?

今日のネットワークは、常に進化し続けています。インフラの拡張と新しい技術の展開によって、ネットワーク専門家には次々と課題が押し寄せます。しかし、技術者に適切なツールがあれば、フラストレーションを感じることなく、より迅速に問題を解決することができます。

Netscout の製品ファミリーは、まさにその役割を果たすために設計されました。ソリューションを見つけるお手伝いは私たちにお任せください。

まず目的を選択してください -

 
 
 
 
Powered By OneLink