ネットワークの仮想化 - ネットワークの仮想化のベストプラクティス|フルーク・ネットワークス

仮想化

仮想化によってコストが削減され、十分に開発されていることはよく知られており、そして市場には大きな影響力を持つベンダーが数社あります。仮想化は定着します。まだ仮想化が導入されていないのであれば、いずれデータ・センターで永続的に行われるでしょう。

交換器、ルーター、および他のインフラ・デバイスは統合され仮想化されて、1 つのプラットフォーム内で全体的なネットワーク・インフラを形成します。サーバーとインフラの仮想化にはいくつかの影響と重要な考慮事項がありますが、大部分の IT 部門はコスト削減と効率化の観点から切り替える価値が十分にあると考えています。

仮想ネットワークのテスト

Wi-Fi 解析

データ・センターの仮想化が進むと IT 組織ではさまざまなスキル・セットが必要になります。仮想化前の IT 組織は、ネットワーク・エンジニア、サーバー、アプリケーションのサポート・グループ、セキュリティ・チームなど、はっきりとした職務に分かれていました。現在ではこの境界線が曖昧になり、サーバーおよびネットワーク・インフラストラクチャの両方の仮想化により、IT 部門内の役割が重複するようになりました。サポート担当者の仕事量と責任も、1 つの物理プラットフォームまたはベンダーに制限されない高可用性な動的環境を学習、実装、維持することが求められるようになり、大幅に増えました。

仮想ネットワーク・インフラストラクチャへ移行するには、ネットワーク・エンジニアは対応する物理スイッチやルーター数の少ない新しい構成方法や監視方法を採用しなければなりません。加えて、仮想化によってシステムのセキュリティが強化されるのか、弱体化するのかに関する論争も続いています。仮想環境内で 1 つのシステムが被害を受けた場合、他のすべてのシステムへのアクセスも許されることになるのでしょうか?仮想サービスを展開するに当たっては、このような質問も検討する必要があります。さらに、物理トラフィックが 1 つのハードウェア・プラットフォームに集中すると、ケーブル配線インフラストラクチャにも大きな負担がかかります。このインフラストラクチャは、これらのシステムを展開する前に、十分にテストし、認証する必要があります。

主な検討事項

仮想プラットフォームの研究とテストを行い、ビジネス・ニーズを満たしていることを確認してください。すべてのソリューションで提供されている機能や利点が異なるため、パフォーマンス向上とオーバーヘッド軽減につながるソリューションを選択することが重要です。サーバーを仮想環境に移行する前に、サーバーのインベントリーを作成し、アプリケーションの依存関係を把握することが不可欠です。

アプリケーションの配信を 1 台のサーバーに依存するユーザーやシステムが複数存在することがあるため、移行する前に、これらの関係をモニターし、把握する必要があります。仮想サーバーを立ち上げ、サービスとデータを移すだけでは、十分とは言えません。システムの仮想化が完了したら、これをアプリケーション・インフラストラクチャに挿入し直す前に、システムを徹底的にテストし、対応状況が万全であることを確認する必要があります。

ケーブル配線インフラストラクチャへの負担も増えるため、これらのケーブルもテストし、再認証して、負荷の増加に対応できることを確認する必要があります。現時点において、仮想環境への移行に関する規格が存在しないため、これまで以上にシステムのモニターとトラブルシューティングを徹底して、見えない部分を明らかにし、誤設定や予期しない出来事、停電などによるビジネスへの影響を最小限に抑える必要があります。仮想サーバーへの接続に仮想スイッチを使用している場合は、モニターと分析の影響を十分に理解するよう努力する必要があります。SPAN/ミラー・ポートは引き続き使用できますか?NetFlow は使用可能ですか?使用可能な場合、これらのモニタリング・ツールがシステムのパフォーマンスに及ぼす影響はどの程度ですか?

仮想化のベスト・プラクティス

仮想環境内の可視性とセキュリティは、現在の IT 組織における大きな懸念事項となっています。移行前、移行中、移行後のすべてにおいて、SNMP、NetFlow、仮想タップを使用して、仮想化されたばかりのこれらのシステムの正常性、接続性、使用状況をモニタリングすることが不可欠です。プラットフォームによっては、ハードウェア・リソースをより効率的に活用するように、サーバーを自動的に移動および移行できるものもあります。これらの理由から、サーバーのインベントリーと場所をしっかりとモニタリングする必要があります。

仮想タップまたはトラフィック・ミラーリング・ポートを使用して、サーバーの応答時間や不規則な動作がないか、アプリケーションのトラフィックのモニタリングと分析を行う必要があります。IT 組織内でも他のシステムと比べて比較的新しいため、仮想化は、問題が発生したときに最初に原因を疑われる傾向があります。このため、1 日 24 時間週 7 日のモニタリング・ツールを配置してすばやく問題を分離し、物理ネットワークに問題があるのか仮想環境に問題があるのかを判断する必要があります。

データ・センターのソリューション

 

今日のネットワークは、常に進化し続けています。インフラの拡張と新しい技術の展開によって、ネットワーク専門家には次々と課題が押し寄せます。適切なソリューションがあれば、多くのチームが、フラストレーションをあまり感じることなく、より素早く問題を解決することができます。

フルーク・ネットワークスの製品ファミリーは、このために設計されています。ソリューションを見つけるお手伝いは私たちにお任せください。

使用の主な目的とは?

 

まず目的を選択してください -

 
 
 
Powered By OneLink