住宅用 Wi-Fi|フルーク・ネットワークス

住宅用 Wi-Fi

住宅用 Wi-Fi ソリューションの需要は、ビデオ・サービスに活気づけられ、急激に高まっています。Wi-Fi ビデオには、熾烈な競争とコモディティ化による価格低下で特徴づけられるトリプルプレイ市場において、サービス・プロバイダーに優位性を与える利点があります。しかし、住宅用 Wi-Fi の利点も、それなりの代償を伴います。家庭内の無線アーキテクチャと動作環境は有線のものとは異なるため、設置やパフォーマンス上の課題が生じます。サービス・プロバイダーは、これら課題を理解し、克服して住宅用 Wi-Fi の利益を最大化するための適切なツールで装備しなければなりません。

トリプルプレイ・サービスの世界市場は伸び続け、サービス・プロバイダのトップライン(売上)が上昇しています。それでは、ボトムライン(収益)はどうでしょうか?競争が価格を低下させ、設備投資と営業費用を削減し、利鞘を確保する必要に駆られています。同時に、サービス・プロバイダは投資と革新を続けることで、顧客の忠誠度と保持を強化する必要があります。

住宅用 Wi-Fi は未開発資源で、差別化に役立ちます。今日まで、ワイヤレス LAN が主としてインターネット・アクセスをサポートしてきたと言えましょう。WLAN が IP ベースのテレビサービスに使用されたとしたらどうでしょうか?顧客は、自宅のほぼどこにでもテレビを置くことができ、新しい画面を容易に追加できます。サービス・プロバイダは、顧客の自宅の至るところに同軸とイーサネット・ケーブルを配置する必要がなくなり、設置時間とその後の修理訪問時間を削減できます。

802.11ac 規格の導入により、住宅用 Wi-Fi ネットワークは高品質 IPTV サービスに必要な速度と容量をサポートできるようになりました。インフォネティクス・リサーチの 2014 年 5 月のレポートによると、グローバル IPTV 加入者数は 2012 から 2013 に、ほぼ 25% 増加しており、2018 年までには 14% の複合年率での増加が見込まれています。2012 から 2015 までには、グローバル IPTV 収益はほぼ倍加することが予測されています。1明らかに、サービス・プロバイダは住宅用 Wi-Fi をフルに活用する動機が十分にあります。

1Infonetics Broadcast and Streaming Video Equipment and Pay TV Subscribers, May 2014.

サービス・プロバイダは、住宅用 Wi-Fi ベースの IPTV オファーで劣化、遅延、ドロップアウトのない非常に明瞭な映像を確実に提供し、優れたユーザー・エクスペリエンスを確保できることが必要です。有線インフラストラクチャの設置とテストに使用される確立したツールや方法は、非決定的で場所、自宅内のデバイスの数とタイプ、更には1日のうちの時間帯にさえも影響を受けるワイヤレスには適用できないため、この目標の達成は困難さの要素を含みます。

成功は、ビデオ専用の Wi-Fi アクセスポイントをどこに置くか、TV セットトップボックスをどこに置くか、家屋内の至るところに追加のアクセスポイントまたはリピーターを使用するかなどの要素にかかっています。目標は、現場技術者ができる限り短時間で、アクセスポイントのあるクリーンなチャンネルを選択し、そのチャンネル上での最大限の伝送レートを受信できるようにアクセスポイントとセットトップボックスを方向づけることができるようにすることで、彼らが他のビジネス上重要な作業に速やかに移行できるチャンネル使用率と信号対雑音比は伝送レートに重要な影響を及ぼします。

他のデバイスもアクセスポイントのあるチャンネルを必ず共有することとなりますが、そのチャンネルを通して伝送できるのは一度に1つのデバイスのみです。チャンネルの使用率を最適化するためには、サービス・プロバイダの現場担当者はどのデバイスがそのチャンネルを共有しており、それらのデバイスタイプ、それらが送信する頻度、低速なレガシー802.11プロトコルに依存しているかなどを理解する必要があります。信号対雑音比を最大化するために、現場担当者は信号を強めるか、雑音を弱めるか、またはその両方をする必要があります。アクセスポイントの最適な場所または向きを見つけるか、もう一つのアクセスポイントまたはリピーターを配置することで信号を強めることができます。雑音は、チャンネルを切り替えるか、干渉源を軽減/排除することで低減できます。干渉ソースはアクセスポイントや上記の802.11デバイスなど、 WLAN にある場合があります。WLAN以外の干渉源は通常、コードレス電話、電子レンジ、ベビーモニター、動作感知装置、ビデオカメラ、Zigbee ベースの煙探知器/CO2 モニター、その他のホーム・オートメーション機器など、住宅環境にあります。

住宅用 Wi-Fi ソリューションと関連するネットワーク・インフラストラクチャは次の3つのフェーズで構成されます。

  • 計画 - カバレッジ、容量、パフォーマンスを重視してネットワークを設計します。アクセスポイントの配置、チャンネルの幅、チャンネルの割り当てを計画します。

  • 配置と検証 - 機器を設置・設定し、チャンネル・プランを検証して、カバレッジ、パフォーマンスを確認、予測されるテクノロジーおよびアプリケーションへのネットワークの対応度を評価します。

  • メンテナンスと最適化 - リアルタイムで WLAN をモニターし、セキュリティ、パフォーマンス、コンプライアンス、接続上の問題をトラブルシューティングします。

ライフサイクルの実行中、サービス・プロバイダとその現場担当者は以下のベストプラクティスに従うべきです。

 
  • Wi-Fi 環境の検出 - 提案された住宅用 Wi-Fi 設置範囲内での他のアクセスポイントの存在を特定すると同時に、どのチャンネルがどのデバイスによりどのレベルの使用率で使用されているかをチェックすることで最適なチャンネルを選択します。

  • 干渉源を見つけて軽減 - デバイスやアクセスポイントを移動し、既存の WLAN ソースからの干渉を低減することで信号対雑音比を高め、伝送レートとサービス品質 (QoS) を向上させます。非 WLAN 干渉源を特定し、場所を突き止めて、可能なら環境から除去します。干渉源を除去できない場合、アクセスポイントが動作するチャンネルを変更することを検討してください。

  • 配置を検証 - 住宅用 Wi-Fi サイト全体を通して配置後の調査を行い、信号カバレッジ、信号対雑音比、ユーザー・スループットを測定します。

  • 配置の最適化 - サイトサーベイに基いて、アクセスポイントの移動/追加、クリーンなチャンネルの選択、セットトップボックスの移動などの調整を行います。顧客と結果を共有することで、顧客ガ運用環境を理解できるようになるため、サポートを求めるコールを最小化できます。

これらのベストプラクティスをうまく実施するためには、サービス・プロバイダは以下のような機能を備えたスペクトラム・アナライザや WLAN アナライザなどのツールが必要です。

  • 計画目標での、住宅用 Wi-Fi 設置領域のすべてのチャンネル、デバイス、使用状況の理解しやすい総合的なビューを表示する。

  • 干渉の存在だけでなく、干渉の原因となっているデバイスのタイプとその場所も特定する。

  • 信号レベルをマップ/フロアプランに記録し、シングルビューでのサイト全体の信号カバレッジとスループットの可視化により調査を実施しながら情報を効果的に相関させる。

  • 一般的な Wi-Fi ネットワーク・アプリケーションのリアルワールド・ユーザー体験(ウェブの閲覧、ファイルのダウンロード、オーディオ、ビデオなど)をリアルタイムと経時的に表示し、最も迅速に劣化や異常を検出、分離、解決する。

 

製品の詳細

AirCheck™ G2 Wi-Fi テスター
専用ハンドヘルド Wi-Fi テストツール用のファースト・レスポンス Wi-Fi トラブルシューティング

 

AirMagnet スペクトラム XT
Wi-Fi パフォーマンスに影響を与えるあらゆる RF 干渉を積極的に識別し、位置を特定します

 

 

 
 
 
Powered By OneLink