データ・センターのソリューションとリソース - データ・センターのトラブルシューティング|フルーク・ネットワークス

データ・センターのソリューションおよびリソース

今日のデータ・センターは、従来の分散型インフラストラクチャから統一されたサービス指向構造へと変遷しつつあります。高帯域幅サービスをサポートするために成長しても、あるいは、システムを縮小および集中化しても、データ・センターは常に変化しています。In Data Centers that are growing, servers are being virtualized and 40 Gigabit links are being installed to support consolidation of bandwidth hungry applications, which drive up the cost of network interfaces and put greater demands on the cabling infrastructure.

IT の予算は絶えず圧迫されており、リソースの統一や電力消費の削減に加え、既に実装されている各スイッチ、ルーター、サーバー、またはハイパーバイザーから最大の利益を得ようとしてエンジニアにプレッシャーをかけています。場合によっては、サービスが、世界中のユーザーに重要なサポートを提供するクラウドのプロバイダーに外部委託されます。これらの変更は、生産ビジネス・アプリケーションのダウンタイムを最小限に抑えてシームレスに行う必要があります。また、変更により、最終的にシステム全体のパフォーマンスが向上する必要があります。

データ・センターのトラブルシューティング

エンジニア

データ・センターのインフラストラクチャの複雑さが増すと、サーバーとネットワーク・エンジニアの両方ともが高度なスキルを持たなければなりません。システムの仮想化や統合化が進むと、これらの役割の境界線が不明瞭となり、ネットワーク・エンジニアが仮想プラットフォームの仮想スイッチの設定を担当する一方で、サーバー管理者は VLAN タギングについて学ぶ必要があります。データ・センターのリンクを介して飛び交う膨大な量のデータにより、アプリケーション・パフォーマンス問題の特定や解決はより困難になります。根本原因の究明、特に過去に発生した問題についての究明は、至難のわざになる可能性があります。テラバイトの量のパケット・キャプチャの調整や根本原因の究明には、圧倒させられる場合もあります。したがって、コスト節約や効率化はしばしば、これらのサービスの外部委託のリスクを冒す価値があります。一方、IT 部門がクラウド・サービスのプロバイダーにサービスを外部委託すると、これらのシステム内の詳細な可視性とセキュリティの制御が失われる可能性があり、エンジニアは管理できないシステムに責任を持つことになります。

主な検討事項

経営システムやアプリケーションが統一されて効率化されると、IT 組織はアプリケーションの依存性やサーバーの移行の影響について十分に理解することが重要となります。このような複雑なシステムで高いパフォーマンスと安全性を保証するには、侵入する脅威や問題のあるシステムを見張る一方で、クライアントのトランザクションとサーバー・レスポンスを追跡するモニタリングおよび解析システムが必要となります。40GbE リンクを超える今までにないトラフィック・レベルに関わらず、IT 組織では、トラフィックの行先を管理し、過去に起きた問題を追跡する能力を持つ必要があります。今日の IT の予算は、これらのモニタリングおよび解析システムが新しいテクノロジーや高度なトラフィック・レベルに合わせられる予算でなければなりません。もう選択の余地はありません。ビジネス・サービスをクラウドに外部委託している場合でも、技術者とエンジニアは、アプリケーション・パフォーマンスとクライアントのエクスペリエンスを監視できなければなりません。

データ・センターのベストプラクティス

データ・センターに高速リンクと高性能アプリケーションが導入されると、モニタリング・システムを計画および実装段階で取り入れて、このシステムが稼働したときにユーザーのアクティビティを監視できるようにする必要があります。このシステムには、大容量パケット・キャプチャー・アプライアンスにトラフィックを誘導する主要リンクでのタップや集約スイッチも含まれ、これによって、重要なアプリケーションで過去の問題を解析できます。リンク使用量とデバイスの状態を追跡するには、インフラストラクチャ・デバイスで SNMP とフロー・ベースのモニタリングを使用する必要があります。また、パフォーマンスの低下を監視するために、アプリケーション解析ツールを配置する必要があります。

ネットワーク技術者には、現場のアプリケーションに加えて、クラウド・サービスのパフォーマンスをテストおよび追跡できる解析ツールも必要です。データ・センターのケーブル側でシステムがアップグレードおよび拡張されたときに最も重要なことは、インフラストラクチャ・ケーブルが、増加したトラフィック負荷と新しい高速リンクをまだサポートできるか確認することです。これらのケーブルは、工場で終端処理され現場で包装が解かれた場合でも、認証するのが賢明です。優れた企業ネットワーク・オペレーターは、ケーブルのテストを外部委託のケーブル建設事業者に 100% 依存しません。社内テストを実行するためのツールと知識を取得します。

データ・センターのソリューション

 

今日のネットワークは、常に進化し続けています。インフラの拡張と新しい技術の展開によって、ネットワーク専門家には次々と課題が押し寄せます。適切なソリューションがあれば、多くのチームが、フラストレーションをあまり感じることなく、より素早く問題を解決することができます。

フルーク・ネットワークスの製品ファミリーは、このために設計されています。これらのソリューションを使用すると、移動、追加、変更、そして複雑なトラブルシューティング・タスクがスピード・アップします。

使用の主な目的とは?

まず目的を選択してください -

 

 

データ・センターのリソース

フルーク・ネットワークスは、顧客がデータ・センター・ソリューションとリソースの課題を解決するのに役立つ多くのリソースを提供しています。簡単な登録が必要なものもあります。他のトピックについては、ウェブキャストホワイトペーパー、およびアプリケーション・ノートの詳しいリストをご覧ください。

ホワイトペーパー

2012 アプリケーションおよび配信ハンドブック
「アプリケーション配信の次の時代に入るにつれて、最先端の IT 企業では、満足のいくアプリケーションとサービスの配信を確保する能力の向上に集中する必要があります。
この 5 部からなるハンドブックを通して、Ashton、Metzler および Associates は、企業で使用するアプリケーションとサービスを効果的に管理できる方法、十分なパフォーマンスを発揮する方法、適切なセキュリティ・レベルを実装する方法、コスト効率の良い方法を見ていきます。」
長期にわたってデータ・センターの統一の成功を保証
 
データ・センターの統合の範囲で仮想化を管理
 

 

動画:

ネットワークとアプリケーションのパフォーマンス問題を素早く解消
1 つのツールでパフォーマンス問題を直ちに解決する方法についてご覧ください。調査、分離、根本原因の特定、連携。自動化ネットワークとアプリケーション解析のためのこの専用タブレットのデモをご覧ください。

 

 
 
 
Powered By OneLink