ネットワーク技術者およびオペレーション|NetScout

ネットワーク技術者およびオペレーション

ネットワーク技術者およびオペレーションには、かつてないほど多数のビジネス・クリティカルなアプリケーションとサービスをサポートする任務が課せられています。この傾向によって、ネットワーク・オペレーションの役割は、規模と重要性の両方において拡大しています。ほとんどの IT 組織では、新しいネットワーク技術の増加や複雑性、複数のサイトにおける責任の統合、IT スタッフの削減、ネットワーク・エンジニアリング組織に提供するサポートの増大により、ネットワーク・オペレーションにさらに多くの責任が課せられています。

ビジネス・アプリケーションをサポートしているインフラストラクチャは、仮想スイッチングおよびクラウドへの移行により絶えず変化しているため、ネットワークおよびアプリケーション管理プラットフォームの可視性が制限されています。それでもなお、ネットワーク・オペレーションは、これらのシステムをサポートするコンポーネントへのアクセスを制限された状況でシステムをモニタリングしなければなりません。これらのビジネス・システムにおける 24/7/365 要求により、ネットワーク・オペレーションでは、これらの管理ツールへのモバイル・アクセスだけでなく、エスカレーションやチームでの解決を促進するための共有可能な自動レポート機能も必要としています。

役割への影響

ネットワーク技術者およびオペレーションが直面する複雑性と責任は増大し続けています。こうした変化に対応するには、問題を適切な担当者にできるだけ早く届けるため、ネットワーク・エンジニアリングとオペレーション間の迅速なコミュニケーションが必要です。

モニタリング・ツールは一般的に IT 組織内の 1 つの部門に制限され、オペレーションとエンジニアリング、使用可能な解析データとの間に組織的な境界を作ります。これにより、技術者は、エンジニアとの意思疎通を図るため、ユニファイド・コミュニケーションやソーシャル・メディアまで利用することになります。このようなコミュニケーションおよびデータ共有の遅れにより、根本的原因がこれらのチームによって特定および解決される前に、ビジネス・ユーザーがアプリケーション・パフォーマンス問題の影響を受けます。

ネットワーク・オペレーションの役割は、モニタリングから機敏なトラブルシューティングまで、さまざまな環境で拡大しています。一部の企業では、エンジニアリング・エスカレーションを最小限に抑えることで、ネットワーク・エンジニアがインフラストラクチャおよびサービスに対する今後のプロジェクトやアップグレードに専念できるようにしています。このような変化によって、無線環境での問題やセキュリティ侵害を含むネットワークおよびアプリケーション問題を解決するオペレーションの負担はさらに増しています。

主な検討事項

今日のネットワーク・オペレーターには課題が山積みであるため、問題発生時に効果的な初期対応を行うには、そのためのツールを準備することがますます重要になっています。いくつかの組織では、ネットワーク・オペレーション・センターが、集中型の管理システムに移行しています。このシステムでは、自動解析、問題特定、およびレポート機能をサポートすると同時に、出先のネットワーク・オペレーション担当者がスマートフォンやタブレット PC からアクセスできます。これらの技術者は、問題全体を通してユーザー・ガイダンスと自動ツールを使用し、確立されたトラブルシューティング手順に従って対処することができます。問題のエスカレーションが必要な場合は、これらの管理ツールに、エンジニアリングとすばやく簡単に共有できるテスト結果も含める必要があります。

アプリケーション・プロジェクトやビジネス・サービスの展開を計画している場合は、モニタリング・ツールと解析ツールをこの段階で予算に含めてください。新しいシステムが稼動する前に、新しい管理およびモニタリング・システムやツールを使用して、ネットワーク・オペレーション担当者がモニターおよび解析する必要があります。たとえば、N 階層の仮想化環境でサポートされる自動注文システムへの移行を検討している場合、アプリケーションをモニターして各階層の遅延を確認する必要があります。管理ツールには、自動化されたアラート機能とレポート機能も含める必要があります。これにより、ネットワーク・オペレーションは、ユーザーに影響が及ぶ前に問題に対処できるようになります。ネットワーク・オペレーションに対して、エスカレーション・エンジニアとの意思疎通を図るためモニタリング・システムを使用するワーク・フローを問題のタイプごとに十分に時間をかけて準備してください。

一部の NOC 環境では、ツールの過負荷も発生しています。問題発生時には、解析および識別するデータが大量に存在するため根本的原因がわかりにくく、ネットワーク・オペレーション技術者に負担がかかります。この状況に対処するには、管理システムで自動解析と問題管理を利用し、さらにエンジニアリングが必要とする詳細情報を収集する必要があります。システムは、ネットワーク・オペレーション内のさまざまなスキル・セットで使用し、その他の部門と協力するためのカスタマイズしたダッシュボードも提供する必要があります。バック・イン・タイム解析は、過去に発生した断続的な問題をモニタリングおよび解析するのに重要で、問題の特定や解決に費やす時間も短縮します。

利点

ネットワーク・オペレーション部門にこれらの管理システムを導入することには、いくつかの重要な利点があります。まず、技術者は、彼らの職務に大きな要求をつきつける、非常に動的なネットワーク環境にうまく対処できるようになります。これらの要求には、アプリケーション問題の解決やクラウドでアクセスできないネットワーク・コンポーネントの解析などがあります。今日のクリティカルなネットワーク環境では、技術者はもはや、アップ/ダウン・ステータスと ping 応答時間しか表示しないレガシー・システムに頼ることはできません。このデータでは、アプリケーション応答遅延の根本的原因を見つけることはできず、多くの場合、問題を切り離して解決することもできません。ネットワーク・オペレーション部門にこうした難題に対処できる適切なツールがあれば、企業は 100% で業務を続けることができ、厄介なネットワークおよびアプリケーション・パフォーマンス問題によって制限されることはありません。

ネットワーク技術者のツールとソリューション

OneTouch AT

OneTouch AT は、クライアントでクラウド・テストに使用されるワンタッチ・ツールです。アプリケーションの応答時間が計測され、接続時間、サービス応答時間、およびネットワーク遅延に分類されます。ローカルおよびクラウドにホストされているネットワーク・サービスを測定しながら、有線または Wi-Fi 接続経由でクライアント接続をトラブルシューティングします。OneTouch AT は、リモートからアクセスできるため、IT 組織の他のメンバーとのチーム共同作業が可能です。

OneTouch AT
LinkRunner AT Network オート・テスター

 

このハンドヘルド解析ツールは、有線ネットワークの接続性問題を 10 秒以内に特定します。リンクのステータス、接続タイプ、リンクの信号強度、さらには TruePower 機能を搭載した PoE を瞬時に検証します。

AirMagnet サーベイ

 

関連リソース 

Netscout は、顧客が(ネットワーク技術者およびオペレーション)課題を解決するのに役立つ多くのリソースを提供しています。簡単な登録が必要なものもあります。

ホワイトペーパー

トラブルシューティングに対する考え方を変える
信頼性がネットワークに構築されている場合でも、IT 組織はトラブルシューティング時間を短縮して、チケットを迅速に解消するよう迫られています。このホワイトペーパーでは、ネットワーク問題の解決に対するパラダイムの変化と、問題解決プロセスを遅らせている要因について概説します。また、このペーパーでは、現在、3 ステップ・プロセスが 2 ステップ・プロセスよりも迅速で優れている理由と、オートメーションと新しいパラダイムが時間と費用をどのように節約するかについても説明します。

 

 
 
 
Powered By OneLink