無線 LANs - 無線 LAN アプリケーションおよびサポート|フルーク・ネットワークス

ワイヤレス LAN

無線ネットワーキングは、デスク、会議室、空港、喫茶店、または彼らのホームオフィスなど、事実上世界のどこででも働けるための移動性をユーザーに提供します。Wi-Fi はもはや贅沢品でなく、必需品と考えられており、ノートパソコンのほぼ100% がワイヤレス機能を含んでいます。さらに、企業は、モバイル・コンピューティングや無線ネットワーキングの価値も認識しています。無線 LANは、従業員の生産性を向上させ、追加、移動、変更に伴う費用を圧縮します。またモバイル POS 端末やワイヤレス VoIP などのアプリケーションに役立ちます。

アプリケーション

ネットワーク・マネージャーは、ネットワークの信頼性を維持し、ユーザーのセキュリティを守り、経営者からの要求を満たしながらも、このような新規ユーザー、新しいネットワーク、新技術、新規アプリケーションをサポートする必要があります。設計によって変化し続ける無線 LAN の制御を維持するには、無線ライフサイクルの各過程に重点を置いたエンドツーエンドの管理アプローチが必要です。この無線ライフサイクルには、際立って相互関係の強いフェーズが含まれています。事前デプロイと拡張計画、取付けと検証、トラブルシューティング、管理と最適化です。

無線ライフサイクルの各フェーズを上手に効率的にナビゲートするために、ネットワーク・マネージャーには、無線ライフサイクルの各フェーズ特有の条件に適した特徴と機能を備えたツールが必要になります。無線 LAN ソリューションは、ネットワークの無線ライフサイクルの管理を成功に導くために、完璧なネットワークの可視性を必要とします。

無線ライフサイクルのフェーズ

1. 事前デプロイと拡張計画
無線ライフサイクルの最初の段階は、新しい無線ネットワークまたは既存の無線 LAN の拡張のデプロイを準備することです。サイト調査ツールによって、単一のアクセス・ポイントを購入する前に、無線 LAN のシミュレートが可能です。あなたのサイトのマップをインポートし、仮想アクセスポイント、仮想ウォール、その他の機能を追加します。パフォーマンスの基準達成に必要なアクセス・ポイントの適切な数と位置を決定します。RFのスペクトル アナライザは、全無線LAN問題の66%以上の原因を使って、RF干渉デバイスの検出、特定、場所の割り出しを助けることができます。サイトの調査およびRF周波数の掃引を実行することによって、デプロイ時間を減らし、再作業を最小化し、全体的なデプロイと実装費用を削減できます。

2.設置および検証
デプロイ後、サイト調査ツールを使ってサイトを歩き、実際のワイヤレス サービス利用可能範囲とパフォーマンスを確認します。802.11a/b/g チャネル、RF の測定基準を点検し、測定とサイト ロケーションを関連付けます。サイト内で、パフォーマンス基準を満たさない区域を特定します。これらの結果を保存するため、無線ネットワークの基本条件を文書化します。

3.トラブルシューティングとセキュリティ
無線 LAN には、アクセス・ポイントからスイッチ、サーバー、ルーターへと、多数の配線があります。有線および a/b/g 無線ネットワーク両方を分析して、アクセスポイントの両側にある問題を特定できるようにする必要があります。このポータブルなアナライザは、アクティブなネットワーク、モバイルのクライアントおよびアクセス・ポイントを検出します。これらのツールはまた、設定の詳細を閲覧したり無線 LAN の接続性、認証や性能上の問題についてトラブルシューティングしたりするのに役立ちます。無許可の不正なデバイスや保護されていないアクセスポイントは、ワイヤレス セキュリティの脆弱性を生み出します。ポータブル アナライザを使用して、不正なデバイスの検出、特定および場所の割り出しを行います。全無線ネットワークの問題の原因の 66% 以上が RF 干渉です。RF スペクトル アナライザは、干渉問題を引き起こす非ネットワーク デバイスの検出、特定、場所の割り出しをサポートします。ネットワークにセキュリティ侵害を示す変更がないか、定期的に調査を行うことが推奨されています。

4.管理および最適化
サイトの調査ツールは、最適なアクセス・ポイントの配置を示すことによって、最良のパフォーマンスを実現することができます。ポータブル アナライザは、ネットワークとデバイス管理のために必要なユーティリティー(ウェブ ブラウザ、telnet、端末エミュレーション機能など)を備えたものを選択すべきです。RF スペクトル アナライザは、無線ネットワークに問題を引き起こす前に、干渉デバイスを検出、特定、場所の割り出しを行えるよう、新しい種類の RF 干渉が出現していないか判断する役に立ちます。

 
 
Powered By OneLink