VoIP モニタリング|Voice Over IP Network Monitoring|フルーク・ネットワークス

VoIP モニタリング

レガシー通信環境では、音声とデータサービスは互いに独立して機能していました。音声サービスは、専用回路交換ネットワークによって伝送され、データサービスは、独自のパケットベースのネットワークによって伝送されています。ITはインフラストラクチャの 2 セットを監視・監督する必要があるため、二重の企業向け設置場所をモニタリングして管理する専門家のニーズ、ハードウェアとソフトウェアの獲得と管理が原因で、資本と運用費がかさみます。

インターネット・プロトコル (IP) の導入およびそれに続く市場の成熟化は、こうした状況を変えつつあります。IP は、パケット内に密封されるデータ、動画および音声など、あらゆる種類の情報を提供します。ボイスオーバー IP (VoIP) を使えば、次世代の通信ソリューションのデプロイが実現可能となり、音声とデータ サービスが、単一のネットワーク上で共存するのです。
 

VoIP の用途

VoIP を選択する利点は明白です。VoIP インフラストラクチャの統合によって、購入すべきリソースは減少し、管理しやすい同質の環境が増え、ネットワークのモニタリング と管理がよりシンプルになります。また、改善されたパフォーマンスと迅速な平均修復時間によって、ユーザー コミュニティの体験満足度が増すことになります。

しかし VoIP には欠点もあります。VoIP の監視が必要となるのは、データがネットワーク上を出発点から目的地までの移動する間にパケットが遅れ、ジッター、損失まで影響を受けるためです。データ志向型サービスでは、これらのイベントの悪影響は通常わずかであり、気づかれないことも少なくありません。VoIP サービスでは、通話品質への影響がかなり大きくなる場合があり、会話が不明朗となって、音声とデータサービスの統合への投資がリスクを伴う可能性もあります。このような場合に、VoIP モニターが不可欠になります。

VoIP の実装は、音声とデータが同一のネットワークを共有しても、それらが別々のエンティティとして扱われ、異なるクラスのサービスが作成される必要があることを意味します。効果的な VoIP のモニタリングおよび管理には、通話の完全性を保護するために音声パケットに対する優先順位の割り上てが必要です。同時に、ユーザーが期待し、かつ要求するレベルで、データ アプリケーションが継続的に実行される必要があります。

言い換えれば、VoIPへの移行は簡単な努力では済まされませんが、正しく実行された場合には、大きな成果を生み出すということです。したがって、重要な検討事項を特定し、VoIP 導入のライフサイクルと VoIP モニタリング全体を通じてベスト・プラクティスに従うことが極めて重要です。
 

Key Considerations for a VoIP Monitoring Tool

VoIP モニターについて最初に検討すべきことの一つは、LAN と WAN からデスクトップと電話まで、ネットワーク全体を評価し、インフラストラクチャが VoIP の準備を整えているかどうかを確認することです。実際の利用量やパフォーマンスのベースライン作成およびモニタリングを行い、音声通話の処理のためにネットワークを修正すべきかどうか判断します。実装中、ジャック、ケーブル、電話からスイッチやサーバーまで、すべての要素が適切に通信していることを確認します。それから合成 VoIP トラフィックを生成することにより性能ベースラインを確立し、完全デプロイに先立って音声品質を確認します。

デプロイ後、コア、個々のルーター、WAN リンクなど、ネットワーク上のさまざまな点から VoIP 性能を能動的にモニタリングする準備をします。VoIP の問題の原因は実にさまざまです(ローカルループ上の物理的問題、使用過剰のポート、サービス設定のクラス設定の誤り、音声アプリケーション内の高レベル ジッターなど)。この統合ネットワークのために、広範な管理とトラブルシューティング戦略を編成してください。出現するさまざまな状況を能動的に迂回し、進行中の異常を可能な限り速やかに解決し、断続的な問題を特定して修正するために、リアルタイムおよびバックインタイムの視点が重要です。

最後に、統合ネットワークのデプロイを最適化することで、VoIP への投資を最大限活用するようにします。これを行うには、容量プランニングやトラフィック管理、性能ベースライン設定、および継続的改善に対するコミットメントが必要です。管理情報を隅から隅まで点検することによって、次のような決定をするのに活用することができます。VoIP によって引き起こされる追加の使用量に対応するために、帯域を増やす必要があるか。もしあるならどこで増やせばよいか。ファイル共有やストリーミング メディアなど、どのアプリケーションがパフォーマンスを妨げているのか。ほとんどのビジネス クリティカルおよび遅延の影響を受けやすいサービスやアプリケーションが優先順位を受け取るようにするには、トラフィックをどのように形成すべきか。

成功への鍵は、これらのベストプラクティスな活動すべての実装を可能にする堅牢な VoIP のモニタリングおよび管理ソリューションを選択することです。VoIP のモニタリングおよび管理ソリューションに以下を提供する幅や深さがあれば、VoIP の恩恵を最大化し、複雑さを軽減することが可能です。

 

  • 実装計画(構成、設計、管理、通話シミュレーションなど)
  • 運用管理(留守番電話の処理;パケット損失、ジッター、待機時間および VoIP 通話品質の平均意見点数の測定、サービスデータの品質測定、ポリシーベースデータの作成など)
  • 異常のトラブルシューティング(7 つのネットワーク層全体にわたるすべてのトラフィック フローを測定してパフォーマンスを測定;アラート管理、根本原因切り分けのためのドリルダウンおよび / またはバックインタイム、問題解決の自動化など)
  • サービス・プロバイダの性能の確認(サービス・レベル同意書との一致の測定およびトラッキングなど)
  • 経験の質のモニタリングと測定(VoIP ネットワーク パフォーマンスのエンド・トゥー・エンドの可視性など)
  • レポートの解釈(通話パターンの分析、トラフィックに対する可視性、アプリケーション層報告、停止による事業上の影響など)
 
 
Powered By OneLink