ヘルスケア IT ネットワーク・システム - 病院のコンピューター・システム|フルーク・ネットワークス

ヘルスケア業界のコンピューター・ネットワーク・システム

ヘルスケア業界は、患者ケアの自動化により大きな変化がもたらされ、IT 組織にも大きな影響を及ぼしています。医療関係者と患者の間の相互作用を管理するシステム全体が飛躍的に発展しており、これは病院の業務のやり方に全面的に影響を及ぼします。

多くの病院や診療所では、ファイル・フォルダーやクリップ・ボードを使用して患者を追跡する代わりに、電子機器による医療記録 (EMR) の導入が必要となっています。完全に実装された EMR システムにより、患者情報の電子保存、検索、および変更が可能になるので、治療を行うときに保険機関内部の部門どうしで協力できます。病院や診療所においては、これらの連邦(米国およびカナダ)によって支援されている EMR システムは、医師や放射線担当者、そして病院の管理にも使用される何百ものさまざまなアプリケーションに取って替わるものです。IT 部門には EMR システムを実装してサポートするための非常に大きなプレッシャーがかかりますが、病院や診療所は奨励プログラムや景気刺激策予算を活用できます。

放射線科では、古いフィルムベースの装置の廃止を進めており、現在は、PACS (Picture Archiving and Communication Systems) を使用して、電子保存と表示、そして大きなデジタル画像を必要とする部門や組織への転送を行っています。診療所では、患者システムの社内設置によるコストを考慮して、これらの患者システムをサポートするサービス型ソフトウェア (SaaS) やリモート・ホスティング・サービスへと移行する傾向があります。

ヘルスケアではモビリティが上昇の傾向にあります。これは、医師がタブレット・デバイスをベッドサイドで使用し、CPOE (Computerized Physician Order Entry) システムにアクセスしているためです。これらのオーダーは、ネットワークを介して放射線など他の部門の医療スタッフに通知され、特定の患者に関する治療指示を与えます。これらの大きな画像を取り込んだ後は、画像を保存し、医師がベッドサイドなどで解析に使用できるようにします。

無線デバイスがある病室

これまで、IT サービスを提供するために優秀なネットワーク・エンジニア・チームを採用した医療組織はほとんどありませんでした。これは単に必要がなかったためです。現在、公衆衛生システム全体がデジタル処理で互いにつながっており、これまで以上にネットワークに負担がかかっています。病院は、増加するデータ量と EMR システムのセキュリティ要件の導入とサポートを行う経験豊かな IT エンジニアを採用するニーズが今後高まるでしょう。これらのエンジニアは、テクノロジーに加え、医療プロセスと業務上の要求を理解する必要があります。

EMR 規定の導入により、適合性を満たす余裕がないという理由から、撤退する病院や診療所がでてくる可能性もあります。この結果、大病院の合併が起こり、別々の患者追跡システムを結合し、しかもそれをダウンタイムなしで行う IT エンジニアに大きな影響を及ぼす可能性があります。病院のすべての場所から重要な EMR および CPOE システムへのアクセスと、WAN を介した付属機関へのアクセスが必要になります。病院ネットワークのトラフィック量はかつてないほどの量に増大するため、ネットワーク・インフラでペースを維持できるようネットワーク・エンジニアは対応に追われることになります。

フロント・オフィス、バック・オフィス、またはベッドサイドで起こるアプリケーション・パフォーマンスの問題は、単に不便というだけでなく、生死にかかわる問題に発展する可能性もあります。これは、エンジニアが単なる対処的トラブルシューターであってはいけないことを意味します。エンジニアは積極的にシステムを監視し、パフォーマンスの低下に対しては医師や患者ケアに影響を及ぼす前に適切に対処する必要があります。

主な検討事項

ヘルスケア IT 組織は EMR および CPOE のサポートに必要な変更を行わないと、今後数年のうちに撤退することになるでしょう。多くの病院では、EMR システムを院内に実装すると、ネットワーク・インフラ、データ・ウェアハウジング、およびアプリケーション・サーバーのオーバーホールが必要になります。この膨大な費用をかける代わりに、EMR システムのホストにハイブリッドまたはプライベート・クラウド・サービスの利用を検討している病院もあります。サービスのホスト方法にかかわらず、患者データをデジタル化し、医療提供者が患者データに安全にアクセスできるようにすることは気の遠くなるような作業です。病院の合併時にデータはどのようにマージされるのでしょうか?病院外ではどのような付属機関が患者データへのアクセスが必要になるのでしょうか?IT 部門は、セキュリティ規定に従いながら、このデータをどのように共有するのでしょうか?インフラではトラフィック負荷の巨大なスパイクに対する準備が整っていますか?病院または診療所がパフォーマンスの問題に直面していると、効率的に患者を治療する医師の能力に影響を及ぼします。これにより患者が転院し、病院の収益の損失につながる可能性もあります。

無線側では、病院は長い間、タブレットやその他の無線デバイスのサポートにおける最有力候補でした。ただし、これらのデバイスは医師や看護師が EMR および CPOE システムの操作や、基本的な患者の治療に使用するので、増大するデータ量とセキュリティ要件により無線インフラに負担がかかり、スループットおよび受信地域の限界まで達してしまいます。これは、MRI スキャンやレントゲン写真などの大きな医療画像をベッドサイドからアクセスする場合に特に当てはまります。iPad やスマートフォンなどの患者のデバイスが出現したため、IT 組織は、重要な病院の機器の帯域幅を維持しながら、ゲスト・アクセスを提供する方法を検討する必要があります。

ヘルスケア業界のコンピューター・ネットワークのベスト・プラクティス

ヘルスケア IT は、このような大規模な医療改革を通して、ネットワークとアプリケーションの両方のアップタイムおよびパフォーマンスを維持する必要があります。これを行う最善の方法は、ネットワーク上のできるだけ多くのタッチ・ポイントで最大可視性を確保し、複雑なシステムに影響が及ぶ前に、問題とパフォーマンスの脅威に対処することです。EMR と CPOE をサポートする社内サーバーやクラウド・サービスの場合、エンド・ユーザーのレスポンス・タイム統計が付いた自動アプリケーション解析では、医師、看護師、および患者に影響が及ぶ前に積極的にパフォーマンスの低下を検出できるようネットワーク・エンジニアを支援します。予期しない問題に襲われた場合、ストリーム・ツー・ディスク・キャプチャー・アプライアンスを使用すると、過去に起きた問題であっても、エンジニアは原因をすばやく特定できます。

ヘルスケア市場における無線アクセスは、一向に衰えることなく成長し続けています。これに対処するため、IT 組織では、病院の機器の問題点を特定すると同時に、セキュリティの脅威を監視できる無線環境の解析システムを十分に整えることが必要になります。また、モバイル無線ツールは、干渉やローミング中の接続性低下のトラブルシューティングや、信号品質問題の解決に欠かせません。

適切な可視性を得ることで、ヘルスケア IT 組織は、業界で最も複雑で絶えず変化し、かつ刺激的な環境の管理と維持を行う態勢がより整うことになります。

関連ソリューション

OptiView® XG ネットワーク解析タブレット
OptiView XG は、サーバーおよびアプリケーション・パフォーマンス、ネットワーク・インフラストラクチャの健全性、リンクの利用率、ネットワーク・サービスの健全性に対する、類を見ない可視性を提供します。解析タブレットは、10Gig のインターフェースに装備されています。これにより、損失なしのパケット・キャプチャーに加えて、ラインレート容量テストによりリンクの検証が可能です。パス解析機能と 1 クリックの NetTest 機能によって、ネットワークを介してパスを特定および解析し、問題点をシングル・リンクに分離することができます。アプリケーションの依存度は、オンボードの ClearSight アナライザーおよびアプリケーション・インフラストラクチャ機能を使用して特定およびテストできます。OPV XG でも利用できる AirMagnet アナライザー、スペクトラム XT、およびプランナーは、特に BYOD に備える場合、無線環境で問題ポイントを特定し、解決する上で重要です。

 

OptiView XG

Network Time Machine™
Network Time Machine を使用すると、過去に発生したイベントのパケット・レベルの詳細を提供しながら、何千人ものユーザーをサポートする高帯域幅の環境においても、ネットワーク・エンジニアはアプリケーション・パフォーマンスを管理できます。Atlas の機能により、テラバイトの保存パケット・データを介して自動的に検索を行い、重要なアプリケーションと VoIP サービスのパフォーマンス低下の期間を合わせます。

 

Network Time Machine

Visual Performance Manager™/アプリケーション・パフォーマンス・アプライアンス
Visual Performance Manager は、企業サービス・インテリジェンスを提供して、組織がビジネス・サービスを効率的に提供することを支援する、統一システムです。Visual Performance Manager は、仮想化環境やクラウド環境などの分散型企業全体にわたる複雑な多層ネットワーク・アプリケーション・アーキテクチャの展開インフラ全体に及びます。重要なアプリケーション・パフォーマンス・コンポーネントや n 層の問題分離を表示するようにカスタム・ダッシュボード・ビューを設定できます。

 

Visual Performance Manager/アプリケーション・パフォーマンス・アプライアンス

TruView™
TruView は、パケット検査、トランザクション解析、ネットフロー、SNMP などの重要なデータ・ソースを活用して、理解しやすい単一のダッシュボード・ビューにネットワークおよびアプリケーション・パフォーマンスの相関ビューを表示する単一の解析アプライアンスです。このようなダッシュボードは IT 環境では重要で、1 クリックの根本原因解析によって、素早くパフォーマンスの問題を把握して解決できます。TruView は、リモート・サイトも含め、パフォーマンス・ベースラインに合わせて自動的に較正を行います。単純なダッシュボードと、詳細なパケット検査によって、問題が発生した場合でも、その解決に必要な重要なデータが与えられると、ネットワーク運営とエンジニアリング間の両立が可能になります。

 

TruView アプライアンス

AirMagnet エンタープライズ v10
この「アイズ・イン・ザ・スカイ」ソリューションは、企業の無線ネットワークのパフォーマンスとセキュリティの脅威を毎日24時間週7日態勢でモニターし、問題が発生するとネットワーク・エンジニアに通報します。モバイル・ソリューションは常にどの場所でも使用できるわけではないため、このシステムでは BYOD を解析およびサポートします。システム全体に設置されているセンサーによって、ネットワークのすべての側面で無線の可視性が実現します。

 

AirMagnet エンタープライズ

AirMagnet WiFi アナライザー
AirMagnet WiFi アナライザーは、エンタープライズ Wi-Fi ネットワークの監査およびトラブルシューティングを行うための、業界基準のモバイル・ツールです。IT 技術者とエンジニアにも、セキュリティーの脅威および無線ネットワークの脆弱性を自動的に検出して、エンドユーザの問題を迅速に解決するのに必要な重要なデータが与えられます。AirMagnet WiFi は BYOD デバイスを識別し、ユーザーがスマートフォンとタブレットでネットワークに接続したままで、IT がユーザーの一歩先を行くことを可能にします。AirWise に搭載されている機能により、パフォーマンスおよびセキュリティの問題に対して実用的な通報が行われるため、技術者は、エキスパート・レベルの RF トレーニングを受けていなくても問題を解決できます。

AirMagnet アナライザーは、OptiView XG 解析タブレットで使用することも、スタンドアロン製品として使用することもできます。

 

AirMagnet エンタープライズ

AirMagnet サーベイ
AirMagnet サーベイは、最適なパフォーマンスを実現する 802.11 a/b/g/n 無線ネットワークの計画および設計のための業界トップクラスの正確性を備えたソリューションです。これは、高帯域幅の徹底した無線配置のためのアクセス・ポイントの数量、配置、および構成を判断できる理想的なツールです。このツールは、企業が提供する無線デバイスや BYOD の無線アクセスをサポートする企業にとって、重要なコンポーネントです。

 

AirMagnet サーベイ

 

関連リソース 

フルーク・ネットワークスは、顧客(ヘルスケア業界のコンピューター・ネットワーク・システム)が課題を解決するのに役立つ多くのリソースを提供しています。簡単な登録が必要なものもあります。他のトピックについては、ウェブキャストホワイトペーパー、およびアプリケーション・ノートの詳しいリストをご覧ください。

 

サクセスストーリー:

ヘルスケアITのサクセス・ストーリー
Hawaii Health Systems のネットワーク・マネージャー、Roger Estelle 氏との Q&A
Everett Clinic のサクセス・ストーリー
ネットワークおよびテレコミュニケーション担当マネージャーの Donald Lester 氏とのクイック Q&A

 

ケース・スタディー:

Fred Hutchinson Cancer Research Center
Center IT は無線に関する問題に多くの時間を費やしてはいませんが、ユーザーからの苦情対応、新規ユーザーやゲスト・ユーザーのための設定処理に時間がかかる上、組織が拡大するにつれて、インフラ問題にも直面します。
Hospira
北米全体にわたり、さまざまな病院顧客を持つ Hospira にとって、重要な医療機器に無線接続を提供することは、まさに生死にかかわる問題です。
Providence 病院
Providence 病院では、AirCheck が常に待機状態にあるため、無線関係の問題が素早く簡単に診断できます。ハードウェア・チームは、ノートパソコンだと最大 45 分もかかるトラブルシューティングを、5 分未満で完了できます。

 

製品ソリューション: 

AirMagnet エンタープライズ v10
AirMagnett エンタープライズで信頼性の高い WLAN を検証しましょう。
TruView™
単一アプライアンス・アプローチによる、統一されたアプリケーション・パフォーマンス・モニタリングおよびトラブルシューティング
 
 
 
Powered By OneLink