金融業界向けのコンピューター・ネットワーク - 銀行ネットワークのセキュリティ|フルーク・ネットワークス

金融業界向けのコンピューター・ネットワーク

金融サービスでは、企業組織内および外部ソースから IT に影響を与えるさまざまな傾向が発生しています。これらの傾向によって、地方の銀行組織と大規模な投資会社の両方が影響を受けます。

地方では、顧客を獲得して維持するための競争の結果、モバイル・バンキング、データ保護、および遠隔地サービスへの投資が促進される一方、料金が削減され、銀行の収益を減少させる新たな規制が適用されています。合併と買収によって、IT 組織によるデータ統合が絶え間なく行われています。近い将来、多数の来客に対応するために、人間の窓口係の代わりにキオスクを導入する銀行組織も現れると考えられます。この結果、スタッフの人数は減少しますが、IT に関しては、このようなシステムを運用するために必要なデータ読み込みやサービスが増加します。

大規模な投資会社は、引き続き莫大な資金を投入して、取引サービスでの遅延を非常に短く抑え、アプリケーションの応答時間をナノ秒単位で短縮することによって競争力を獲得します。これらの企業では、モビリティおよびカスタム・アプリケーションへの大規模な移行によって、投資家を繋ぎ止め、24 時間態勢で取引に対応する方法を模索しています。このような環境でのネットワークおよびアプリケーション・パフォーマンスでは、「想定外」は受け入れられません。IT 組織は、常に完全な可視性が求められ、いつでもすべてを毎日24時間週7日把握する必要があります。

銀行業界および金融業界向けのコンピューター・ネットワーク

地方銀行セクター

地方銀行セクターでは、多くのビジネスおよび顧客向けアプリケーションは、ハイブリッド/プライベート・クラウドでホストされていますが、モニタリングおよび解析は IT 組織の責任と考えられています。これは、アクセスできないコンポーネントでサポートされているシステムで顧客の苦情への対応を担当する場合、ネットワーク・エンジニアにとって困難となる場合があります。地方支店のネットワークでは、キオスクへの音声および映像サービスやより大規模なデータの読み込みは、旧式のインフラストラクチャ機器に負担を与えます。大規模な投資会社では、ネットワークおよびアプリケーション・インフラストラクチャへの莫大な投資によって応答時間の遅延を非常に短く抑えても、その後 IT 予算が枯渇し、内部システムの拡大とアップグレードが困難になる可能性があります。重要なモニタリングおよび解析ツールの予算が削られる場合があり、問題が発生するとエンジニアは問題にかかりきりになることになります。

IT 組織では、セキュリティに重点的に取り組み、有線および無線の両方のネットワークのセキュリティ・アナリストに個人またはグループを指定する必要がありました。指定されたセキュリティ・アナリストは、ファイアウォールの内外の脅威に対応していく必要がありました。この結果、BYOD (Bring Your Own Device) に関連するセキュリティの問題を持つ無線ネットワークを含むシステムのあらゆる側面で 24 時間態勢で要求された可視性が大幅に向上しました。

主な検討事項

地方銀行の場合、IT 組織が自動化、モビリティ、および改良されたオンライン・サービスに対する最新の傾向に対応できない場合、顧客を失いかねません。いかなるパフォーマンス・ヒットやサービスの停止も、収益や競争力に影響を与えます。サービスをハイブリッド・クラウドに移行するか、既にハイブリッド・クラウドでホストされているサービスをモニターする場合、顧客のサービス・レベルを測定および確認するためにパフォーマンス・ベースの管理の導入を検討する必要があります。すべての遅延、損失、または停止はすぐに IT に通報および特定されるため、顧客への影響が大きくなる前に解決に着手できます。銀行では、問題が発生した後に事後対応的な解析を行うのではなく、問題の発生時に適切な対応モデルによる予防的な解析を実行する必要があります。

将来的に支店ネットワークの姿勢も変化すれば、エンジニアがシステム全体の詳細なパフォーマンスや使用状況の情報にアクセスするためのモニタリング・ツールを予算に組み込む必要があります。大規模な投資会社は、システムでの取引の増加に備えて、ナノ秒単位の応答時間を維持するために、解析システムへのさらなる投資を検討する必要があります。

銀行業務の IT システムのベストプラクティス

大規模であれ、小規模であれ、すべての銀行は、インフラストラクチャ内で考えられるすべてのタッチポイントでセキュリティとパフォーマンスを両立させる必要があります。クラウドのアプリケーションの場合、IT は、エンド・ユーザーの応答時間をモニターおよび測定する方法を確立する必要があります。ローカルに格納されているデータや重要な銀行業務アプリケーションについては、24 時間態勢ですべてのパケットの状況をモニターする必要があります。このデータについて、セキュリティの脅威およびパフォーマンス・ボトルネックの自動解析は、ネットワーク・エンジニアに障害の兆候が通報されたら、ライン・レートで実行される必要があります。脆弱なシステムの解析やサービス中に混乱が発生する前の処置など、事後対応的ではなく予防的なトラブルシューティングを重視する必要があります。

多くのアプリケーションがハイブリッド/プライベート・クラウドでホストされているため、これらにアクセスする必要がある社内の従業員に適切な帯域幅、パフォーマンス、セキュリティが採用されているかどうかを確認することがエンジニアにとって重要です。これらのシステムに接続するために使用されるモバイル機器の安全な BYOD ポリシーを構築および維持することもその対象に含まれます。アクセス・ポリシーをモニターおよび実施するために「アイズ・イン・ザ・スカイ」無線解析システムを使用する必要があり、ネットワーク上で許可されていない不正デバイスや、承認されているユーザーやトラフィックのパフォーマンスに影響を与える干渉を見つけます。

利点

優れたアップタイムを備える安全で安定した高パフォーマンス・ネットワークは、顧客のサービスとトランザクションへのシームレスなアクセスを可能にします。これは、すべての金融機関の恒常的な目標です。適切で予防的なモニターおよび解析ツールを使用しない場合、この目標の達成は非常に困難になります。ネットワークに問題がなく、IT がその目標を達成したかに思える場合でも、トランザクションの増加、新たなセキュリティの脅威、新しい技術への移行など、懸念事項は尽きません。解析データから、エンジニアは実用的なデータを選定し、パフォーマンスやセキュリティの問題に対する応答時間を改善し、最終的に顧客に安全で安心できる環境を提供します。

ツール

TruView™
TruView は、パケット検査、トランザクション解析、ネットフロー、SNMP などの重要なデータ・ソースを活用して、理解しやすい単一のダッシュボード・ビューにネットワークおよびアプリケーション・パフォーマンスの相関ビューを表示する単一の解析アプライアンスです。このようなダッシュボードは IT 環境では重要で、1 クリックの根本原因解析によって、素早くパフォーマンスの問題を把握して解決できます。TruView は、リモート・サイトも含め、パフォーマンス・ベースラインに合わせて自動的に較正を行います。単純なダッシュボードと、詳細なパケット検査によって、問題が発生した場合でも、その解決に必要な重要なデータが与えられると、ネットワーク運営とエンジニアリング間の両立が可能になります。

 

TruView アプライアンス

OptiView® XG ネットワーク解析タブレット
OptiView XG は、サーバーおよびアプリケーション・パフォーマンス、ネットワーク・インフラストラクチャの健全性、リンクの利用率、ネットワーク・サービスの健全性に対する、類を見ない可視性を提供します。解析タブレットは、10Gig のインターフェースに装備されています。これにより、損失なしのパケット・キャプチャーに加えて、ラインレート容量テストによりリンクの検証が可能です。パス解析機能と 1 クリックの NetTest 機能によって、ネットワークを介してパスを特定および解析し、問題点をシングル・リンクに分離することができます。アプリケーションの依存度は、オンボードの ClearSight アナライザーおよびアプリケーション・インフラストラクチャ機能を使用して特定およびテストできます。OPV XG でも利用できる AirMagnet アナライザー、スペクトラム XT、およびプランナーは、特に BYOD に備える場合、無線環境で問題ポイントを特定し、解決する上で重要です。

 

OptiView XG

Network Time Machine™
Network Time Machine を使用すると、過去に発生したイベントのパケット・レベルの詳細を提供しながら、何千人ものユーザーをサポートする高帯域幅の環境においても、ネットワーク・エンジニアはアプリケーション・パフォーマンスを管理できます。Atlas の機能により、テラバイトの保存パケット・データを介して自動的に検索を行い、重要なアプリケーションと VoIP サービスのパフォーマンス低下の期間を合わせます。

 

Network Time Machine

AirMagnet エンタープライズ v10
この「アイズ・イン・ザ・スカイ」ソリューションは、企業の無線ネットワークのパフォーマンスとセキュリティの脅威を毎日24時間週7日態勢でモニターし、問題が発生するとネットワーク・エンジニアに通報します。モバイル・ソリューションは常にどの場所でも使用できるわけではないため、このシステムでは BYOD を解析およびサポートします。システム全体に設置されているセンサーによって、ネットワークのすべての側面で無線の可視性が実現します。

 

AirMagnet エンタープライズ

AirMagnet WiFi アナライザー
AirMagnet WiFi アナライザーは、エンタープライズ Wi-Fi ネットワークの監査およびトラブルシューティングを行うための、業界基準のモバイル・ツールです。IT 技術者とエンジニアにも、セキュリティーの脅威および無線ネットワークの脆弱性を自動的に検出して、エンドユーザの問題を迅速に解決するのに必要な重要なデータが与えられます。AirMagnet WiFi は BYOD デバイスを識別し、ユーザーがスマートフォンとタブレットでネットワークに接続したままで、IT がユーザーの一歩先を行くことを可能にします。AirWise に搭載されている機能により、パフォーマンスおよびセキュリティの問題に対して実用的な通報が行われるため、技術者は、エキスパート・レベルの RF トレーニングを受けていなくても問題を解決できます。

AirMagnet アナライザーは、OptiView XG 解析タブレットで使用することも、スタンドアロン製品として使用することもできます。

 

AirMagnet WiFi アナライザー

OneTouch™ AT ネットワーク・アシスタント
OneTouch AT は、有線または無線のネットワークを介して、クライアントでクラウド・テストに使用されるワンタッチ・ツールです。アプリケーションの応答時間が計測され、接続時間、サービス応答時間、およびネットワーク遅延に分類されます。ローカルおよびクラウドにホストされているネットワーク・サービスを測定しながら、有線または Wi-Fi 接続経由でクライアント接続をトラブルシューティングします。OneTouch AT は、リモートからアクセスできるため、IT 組織の他のメンバーとのチーム共同作業が可能です。

 

OneTouch AT

 

銀行業界および金融業界のコンピューター・ネットワーク・リソース

フルーク・ネットワークスは、顧客(金融業界向けのコンピューター・ネットワーク)が課題を解決するのに役立つ多くのリソースを提供しています。簡単な登録が必要なものもあります。

 

製品ソリューション: 

AirMagnet エンタープライズ v10
AirMagnett エンタープライズで信頼性の高い WLAN を検証しましょう。
TruView™
単一アプライアンス・アプローチによる、統一されたアプリケーション・パフォーマンス・モニタリングおよびトラブルシューティング

 

 
 
 
Powered By OneLink