連邦政府のコンピューター・ネットワーク・システム - 連邦機関のネットワーク|フルーク・ネットワークス

連邦政府

連邦機関は、技術の急速な進化、高まる国民の期待、ますます相互に繋がる世界で安全に運営する必要性によって、これまでにないプレッシャーに直面しています。同時に、アメリカ連邦議会は支出を抑制しており、機関は予算の廃止や縮小を余儀なくされています。このような課題の多い環境で、機関は、費用のかかる保守や従来型 IT システムの運用から共有可能なテクノロジーを活用した 21 世紀のソリューションへと投資を移行しつつあります。また、従来のネットワーク中心のアプローチから、よりユーザー中心のモデルへとインフラ投資の方向転換を行っています。

連邦政府機関で有線、無線、アプリケーション、またはシステムの管理を担当していますか?NETSCOUT の LinkedIn 連邦 IT ソリューション・グループでは、最新の課題について学んだり、今日の主なトレンドについて専門家や同業者と話をしたり、NETSCOUT のプロフェッショナルに質問をしていただくことができます。クリックしてご参加ください

 

THE EDGE
A resource center for network professionals.

今すぐ見る

 

オバマ政権では、データ・センターの統合クラウド・コンピューティングの優先順位を主要なテクノロジー必須事項に決定しました。政権の委任をサポートするため、行政管理予算局は、機関の CIO が無駄と重複を避けるために使用する「連邦政府の IT 管理改革のための 25 項目の実行計画」の要件である連邦 IT 共有サービス戦略を発表しました。

 

急速に移行しているもう 1 つのトレンドであるモバイル・コンピューティングにより、機関ではインフラの機能とキャパシティの評価を強いられています。ほんの数年前は、誰もモバイル・コンピューティングを意識することはありませんでした。今日では、ユーザーは、機関によるスマートフォン、タブレット PC などのモバイル機器への対応をますます要求しています。自分のデバイスの持ち込み (BYOD) へのユーザー主導の関心により、懸念事項が生じています。というのは、BYOD によって、機関の従業員は、機関が提供する機器で電子メールなどのサービスにアクセスできないときに、職場で個人のスマートフォンやモバイル機器を使用したいと思うからです。

影響
連邦データ・センター統合イニシアチブでは、機関が物理的なデータ・センターの数を削減することを義務付けています。しかし、これは、50 か所のデータ・センターに相当するものを通常のデータ・センターの 50 倍のサイズの 1 つのセンターに削減するのと同じではありません。統合には、データを効果的にコンパイルおよび管理する方法に対する戦略が必要です。

 

共有サービスの世界では、インフラはもはや単なるファイバー、[無線周波数] スペクトル、ラップトップおよびサーバーではありません。それよりはるかに優れた、機関のミッションをサポートするエコシステムなのです。ひいては、米国の安全保障を支持することになります。このアプローチでは、1 対 1 のコンピューティングやコミュニケーションの考え方に基づいて何十年もインフラに対応している一部の機関 IT マネージャーは、考え方を変える必要があります。ユーザーに焦点を合わせた(ネットワークに焦点を合わせるのではなく)新しい規格では、アクセスがすべてです。そういう意味では、機関が従来から扱ってきた固定インフラは、共依存機能の動的で機敏なエコシステムになりました。

例を挙げると、統合情報環境 (JIE) は、国防総省 (DoD) の IT 企業戦略およびロードマップの産物です。JIE は、世界中にある DoD の資産にリンクするコミュニケーション・ネットワークであるグローバル・インフォメーション・グリッドの運用の抜本的な変化を目的とした長年の努力が実を結んだものです。ミッション・コマンダーに不十分な状況認識しか提供することができない非常に複雑なシステムを、信頼性が高く管理しやすい、はるかにスリムな標準ベースの単一ネットワークに変換するためのものです。

主な検討事項
実際の VoIP トラフィックを監視して、重要なアプリケーションに関する問題を特定

 

クラウド・コンピューティング コール詳細

データ・センター統合化の見込みと利点は魅力的ですが、連邦機関には、この取り組みに向こう見ずに飛び込むゆとりはありません。目的を達成する前に、多くの課題により統合化プロジェクトが妨げられるかもしれません。加えて、機関は戦略的かつ長期的な観点を持って統合化に対応しなければなりません。長期的観点を持つには、現在のネットワーク、アプリケーション、サービスのパフォーマンスを詳しく理解し、新しい運用環境への移行を計画して実行し、最新のアーキテクチャを予防的にモニタリングおよび管理して、現在と将来の成功に必要なベンチマークとメトリクスを継続的に確実に達成する必要があります。

統合型データ・センターを効果的かつ継続的に管理することは、この取り組みの投資収益率を向上し、最大化するための決め手です。残念なことに、これはプロセスで最も困難なステップでもあります。従来のパフォーマンス管理ツール(アプリケーション・フロー・モニタリングやトランザクション・ビュー、パケット解析、SNMP ポーリング、Stream-To-Disc アーカイブなど)は、複数のプラットフォームを必要とするので、統合化の結果として利用できる利点を低減してしまうためです。連邦機関が必要としているのは、運用、IT、エンド・ユーザーの観点から、統合型データ・センター内でネットワーク、アプリケーション、サービスのパフォーマンスを正確に反映する情報を取得、統合、保持、提示できる、スケーラビリティ、広範さ、詳細さを兼ね備えたソリューションです。

もう 1 つの主な考慮事項としては、機動性の向上への要求に対して積極的に歩調を合わせることです。IT の承認がある、ないに関わらず、BYOD の採用が既に機関の無線ローカル・エリア・ネットワークのパフォーマンスとセキュリティに影響を及ぼしているのは明らかです。機関が購入または承認する業務用スマート・デバイスとは異なり、BYOD は、予想しにくく、種類が比較的豊富で、堅牢性は劣っています。実際、フルーク・ネットワークスの米国のクライアントの約半数は、不正な BYOD 接続を体験しており、帯域幅の消費を問題視しています。

 

TruView
正確な可視性を提供する解析およびモニタリング・ツールにより、時間とコストを節約できます。パフォーマンスに影響する可能性のある更新プログラムで貴重な予算を無駄にするのではなく、ネットワーク上の問題を特定できる適切なモニタリングおよび解析ツールに経費を使用してください。多くの場合、パフォーマンス問題の根本原因は、設定を変更することによって解決でき、費用のかさむハードウェア・アップグレードは必要ありません。社内の知的資本を保持するには、自動専門解析および実用可能なデータを装備したツールを入手してください。これは、1 人の従業員や契約社員に依存するのではなく、IT ユーザーが重要データを読んで共有し、問題解決を実行できることを確証するのに役立ちます。

データ・センターの統合およびクラウド・サービスへの移行により、IT エンジニアは、移行全体やそれを超えて、ネットワーク・インベントリー、クライアント・ツー・クラウドのパフォーマンス、およびアプリケーションの動作を把握する必要があります。自動検出、ベースライン作成、アプリケーション解析を備えたツールは、このプロセスで非常に役立ちます。政府のネットワーク内のパフォーマンスが低下すれば、その代価は大きく、一部のシステムでは命が危険にさらされる場合もあります。エンジニアは、ネットワークとアプリケーションを最適化するため、また、問題にリアルタイムで取り組むため、適切なツールを備えておく必要があります。ツールは、実用的なデータをエンジニアに提供し、迅速で安定したアップタイムを保証するものでなければなりません。

利点
新しいクラウド・サービスや共有データ・センターへの移行の最中でも、安全で安定した高パフォーマンスで予算効率の高いネットワークは政府の IT エンジニアにとって重要です。正確な可視性を提供するツールは、ネットワークの問題を明らかにし、今後の発生を予防的に防ぎます。うまく実行しているように見える動作環境でも、従業員や契約社員の離職率が高いと、社内の知的資本を維持することが困難になります。自動解析ツールにより、あらゆるレベルの実績を持つエンジニアが、ますます複雑になるネットワークの問題を素早く特定して解決できます。自動解析および 24/7 のモニタリングにより、パフォーマンスおよびセキュリティの問題からデータが予防的に保護されるため、最前線に影響する前に技術者が問題を解決することができます。

ソリューション

TruView™
TruView は、パケット検査、トランザクション解析、フロー記録、SNMP などの主なデータ・ソースを利用して、ネットワークおよびアプリケーションのパフォーマンスの相関ビューを表示します。また、1 回のクリックで詳細な可視性をもたらす理解しやすい単一ダッシュボードにこのデータを表示します。TruView は、リモート・サイトやクラウド・ベースのアプリケーションでも、パフォーマンス・ベースラインに合わせて自動的に校正を行います。シンプルなダッシュボードと、詳細なパケット検査によって、問題が発生した場合でも、ネットワーク運用部門とエンジニアリング部門間で共同作業ができるようになり、各部門は問題解決に必要な重要データを取得できます。

OptiView XG

OptiView® XG ネットワーク解析タブレット
OptiView XG は、サーバーおよびアプリケーション・パフォーマンス、ネットワーク・インフラストラクチャの健全性、リンクの利用率、ネットワーク・サービスの健全性に対する、類を見ない可視性を提供します。解析タブレットは、10Gig のインターフェースに装備されています。これにより、損失なしのパケット・キャプチャーに加えて、ラインレート容量テストによりリンクの検証が可能です。OptiView XG のパス解析とワン・クリック NetTest 機能により、特定のネットワーク・パスを識別して解析するため、問題は単一のリンクに特定されます。

また、OptiView XG の ClearSight アナライザーおよびアプリケーション・インフラ機能により、テスト・アプリケーション依存性が決定およびテストされます。OPV XG でも利用できる AirMagnet アナライザー、スペクトラム XT、およびプランナーは、無線環境において、特に政府機関以外から提供された機器を準備して確保する際に、問題を特定して解決する上で重要です。

Network Time Machine

Network Time Machine™
Network Time Machine を使用すると、過去に発生したイベントのパケット・レベルの詳細を提供しながら、何千人ものユーザーをサポートする高帯域幅の環境においても、ネットワーク・エンジニアはアプリケーション・パフォーマンスを追跡できます。NTM の Atlas の機能により、テラバイトの保存パケット・データを自動的に検索し、重要なアプリケーションと VoIP サービスのパフォーマンス低下の期間を検出します。

AirMagnet エンタープライズ

AirMagnet エンタープライズ v10
高機能の AirMagnet は、企業の無線ネットワークのパフォーマンスとセキュリティの脅威を 24/7 態勢でモニタリングし、問題をネットワーク・エンジニアに通報します。モバイル・ソリューションが常にどこにでもあるわけではないため、このシステムは、自分のデバイスの持ち込みを解析してサポートします。システム全体に設置されたセンサーによって、ネットワーク全域で無線の可視性が実現します。

AirMagnet WiFi アナライザー

AirMagnet WiFi アナライザー
OptiView XG で、またはスタンドアロン型のツールとして使用可能な AirMagnet WiFi アナライザーは、企業 Wi-Fi ネットワークの監査およびトラブルシューティングを行うための、業界標準のモバイル・ツールです。IT 技術者およびエンジニアは、セキュリティに対する脅威および無線ネットワークの脆弱性を検出しながら、エンド・ユーザーの問題を迅速に解決するのに必要な重要データが与えられます。AirMagnet WiFi は 政府機関以外から提供された機器を識別し、ユーザーがスマートフォンやタブレットでネットワークに接続する際に、IT 部門がユーザーより優位に立つことができます。AirWise に搭載された機能により、パフォーマンスおよびセキュリティの問題の実用的な通報が行われるため、専門的な無線周波数トレーニングを受けていなくても問題を解決できます。

OneTouch AT

OneTouch™ AT ネットワーク・アシスタント
OneTouch AT では、有線または無線のネットワークを介して、クライアント・ツー・クラウドのテストを行うことができます。アプリケーションの応答時間が測定され、接続時間、サービス応答時間、およびネットワーク遅延に分類されます。One Touch AT を使用すれば、ローカルおよびクラウドでホストされているネットワーク・サービスを測定する一方で、有線または無線ネットワークの接続性のトラブルシューティングを行うことができます。OneTouch AT は、リモートからアクセスできるため、IT 組織の他のメンバーとの共同作業が可能です。


DHSDODエネルギーHHS内務省

司法省労働組合NASANSFPOTUS

都道府県財務省USDAバージニア州

 

 
 
 
Powered By OneLink