無線ネットワーク・インフラの大手プロバイダーが AirMagnet スペクトラム ES を採用 - ケーススタディ|フルーク・ネットワークス

無線ネットワーク・インフラの大手プロバイダーが AirMagnet スペクトラム ES を採用 - ケーススタディ

AirMagnet Spectrum ES™ が無線ネットワーク・インフラの大手プロバイダーの不効率な階層型テクニカル・サポートを排除

課題:
モバイル加入者のアプリケーションやビデオに対する要求が高まっており、いつでもどこでもデータにアクセスできることを求めています。受信障害は、気まぐれな加入者の苛立ちを誘い、携帯電話の基地局での干渉が最初に疑われます。そのため、受信障害が発生すると、キャリアーは真っ先に基地局の所有者に問い合わせます。マルチキャリアの基地局での干渉を防ぐため、基地局の所有者は、24/7体制のネットワーク・オペレーション・センター(NOC)の支援を受けた最新のネットワーク・テスト技術を活用し、継続的な点検を行う必要があります。

結果:
米国最大規模の独立系基地局所有者およびオペレータは、米国内のトップ 100 市場で、数万塔もの基地局を保有しています。基地局会社は、フルーク・ネットワークスの AirMagnet Spectrum ES に解決策を見出しました。AirMagnet Spectrum ES を使えば、基地局会社の技術者は多層化されたキャリアーやテクノロジーを迅速に可視化し、干渉の特定・診断を行えます。場所に応じたキャリアーとテクノロジーの自動ルックアップ、音声/データ・イベントの瞬時の検出、そしてゼロデイの干渉インテリジェンスにより、時間節約とエラー削減を実現できます。

こちらから全文をご覧になれます。

 
 
Powered By OneLink