WiFi スペクトラム・アナライザー - RF 干渉用の無線スペクトラム・アナライザー・ソフトウェア|AirMagnet スペクトラム XT|フルーク・ネットワークス

AirMagnet スペクトラム XT

無線スペクトラム・アナライザ・ソフトを使用し、WiFi ネットワーク・パフォーマンスに影響を与える無線周波数 (RF) 干渉を予防的に特定し、干渉源を見つける
  • Wi-Fi バンド (2.4/5/4.9 GHz) に対応した業界唯一のプロ仕様の USB ベースの RF 干渉無線スペクトラム・アナライザー・ソフトウェア。
  • 無線周波数(RF) 干渉による WiFi ネットワーク・パフォーマンスへの影響を排除し、無線干渉に関するトラブルシ ューティングの効率を最大化できます。
  • WiFi 以外の干渉源を検出、分類、発見するゼロディ RF 干渉インテリジェンスにより、Wi-Fi 干渉とネットワークのパフォーマンス問題の根本原因を深く探り、初回で正しく処理を完了することにより、コストのかかるやり直しを防ぎます。
  • 世界中の RF 干渉源の識別に役立つ業界最大規模の分類データベースと自動パターン認識機能を駆使して、「波線」の解釈や手動で分類パターンを照合するなどの作業を省き、トラブルシューティングの労力と時間を最小化します。
  • WiFi 干渉のトラブルシューティング活動の優先順位付けし、WiFi スペクトラム・アナライザー内蔵の WiFi への影響分析機能で、無線ネットワークの問題を特定・解決するまでの時間を短縮できます。
  • 無線ネットワーク・インフラに組み込まれる「時分割方式の監視機能」や「AP中心ビュー」に対し、干渉関連の障害を検出できる専用の無線ネットワーク・トラブルシューティング・ソリューション。
  • RF 干渉がない信号強度が最も高いクリーンな Wi-Fi チャンネルを選択するによって AP インフラ投資の見返りと無線ネットワーク・パフォーマンスを最大化できます。
  • 「Wi-Fi 禁止ゾーン」を確認し、RF 妨害装置などの意図的な RF 干渉源を検出することで、Wi-Fi ネットワークをセキュアにできます。
  • AirMagnet サーベイ PRO との統合を通して、一回の現地調査で、スペクトラムと Wi-Fi の両方の分析を同時に実行することにより、展開プロジェクトを加速させ、RF 干渉によって生じる無線 LAN パフォーマンスへの影響を最小化できます。
  • 結果および検出された RF 干渉問題を効率的に引き渡すことができるようにカスタマイズされたレポートを作成できます。

注記:1 年目のゴールド・サポートは必須です。別途購入してください。ゴールド・サポートの詳細については、こちらをクリックしてください。

デモ
製品のレビュー
購入方法
お問い合わせ
 

概要

AirMagnet スペクトラム XT は、詳細な無線周波干渉解析とリアルタイムな無線スペクトル解析を統合し、パフォーマンス問題のより迅速かつ正確な無線ネットワーク・トラブルシューティングを可能にする世界初かつ唯一の業務用 WiFi スペクトラム・アナライザー・ソフトウェア・ソリューションです。リアルタイムな Wi-Fi スペクトラム・アナライザーが提供するネットワーク全体のパフォーマンスの「RF 干渉のインパクト解析」の統合ビューにより、パフォーマンス問題の根本原因を特定することが可能になります。

AirMagnet スペクトラム XT は、無線ネットワークのトラブルシューティングおよび配置を手がけるネットワークエンジニア / インテグレータのための理想的なリアルタイム Wi-Fi スペクトラム・アナライザー・ソフトウェア・ソリューションと言えます。汎用的かつ便利な USB 形態をとっているため、どのノートパソコン、ネットブック、またはタブレット PC でもお使いになれます。

AirMagnet スペクトラム XT 3.7 がリリースされました!

新機能は、以下の通りです。

  • AirMagnet 802.11ac 3x3 ExpressCardアダプターをサポート
  • ユーザーがすべてのチャートを把握しレポートに記載することを可能にする、完全カスタマイズ可能なレポート
  • プレーバック中の「ジャンプ」機能により、干渉要因が最初に検出された時点まで自動的に遡ることができます


WLAN 干渉の検出・特定と MetaGeek Wi-Spy DBx + Chanalyzer。Tolly 社のレポートを今すぐ読む

"After firefighting for over a year with a poorly implemented wireless network covering a huge facility, I was finally able to convince my employer we needed tools. I couldn't break fix any more. It has made a night and day difference."
Peter
IT Manager
Kieiwit
Ingleside, TX US
 

特長

RF 干渉源の自動識別および場所の割り出し

AirMagnet スペクトラム XT は、無線ネットワークに干渉してそのパフォーマンスを低下させる多くの非 WLAN 干渉源をリアルタイムで検出および識別します。広範なデバイスあるいはソースリストには、bluetooth デバイス、デジタルおよびアナログのコードレス電話、業務用なおよび家庭用電子レンジ、ワイヤレスゲームのコントローラー、デジタルビデオコンバーター、ベビーモニター、RF ジャマー、レーダー、モーション検知機、zigbee デバイスやそれ以外のものが含まれます。

Wi-Fi スペクトラム・アナライザーのユーザーは、ピークおよび平均出力、最初および最後の発生時間、中心周波数、影響を受けたチャンネル、ソースが検知された回数など、非 Wi-Fi 干渉源に関する詳細な情報を得られます。ひとつの PC に接続される Bluetooth アダプタを使って AirMagnet Wi-Fi スペクトラム・アナライザーは、Bluetooth 干渉解析をより効果的に行うために、ID、氏名、サービスなど Bluetooth 情報を提供します。

AirMagnet Wi-Fi スペクトラム・アナライザーに組み込まれた「デバイスロケータツール」を使って、RF 環境で作動する Wi-Fi あるいは非 WiFi 干渉源を見つけることができます。無線スペクトラム・アナライザーのデバイス・ロケータ・ツールはガイガー・カウンターとして機能し、干渉源に近づくと発信音の音量が大きくなります。

統合されたレポート

AirMagnet スペクトラム XT の統合レポート・エンジンを使用すると、RF スペクトルの分析セッションを専門的なレポートに変えることができます。カスタマイズ機能を使用すると、Wi-Fi スペクトラム・アナライザで RF スペクトルのグラフ、Wi-Fi チャート、および現在の環境に対する RF 干渉源のリストについてレポートを生成できます。無線スペクトラム・アナライザーを使えば、スペクトル・レポートを Word、RTF、PDF、HTML 形式でエクスポートして渡すことができます。

高解像の RF スペクトル解析画面

主なグラフおよびチャート:

リアルタイム FFT -周囲環境の RF エネルギーの現在、最高、最頂、平均の RF 信号レベルをリアルタイムで表示します。RF スペクトラム・アナライザーのユーザーは、リアルタイムの FFT グラフにチャネルのデューティサイクルを重ねて表示することができるので、ネットワークのパフォーマンスに最大の影響を与える RF 干渉源を検出し、焦点を当てる作業を効率化できます。

スペクトル密度 - 無線スペクトラム・アナライザーにより、現在のキャプチャセッションに頻繁に生じる信号のリアルタイム分析を示すことでネットワークにおける長期間の情報を確認することができます。稀なトランスミッターを識別するのに有用です。

スペクトグラム - 無線スペクトラム・アナライザーは、無線ネットワークに問題を起こす可能性がある RF エネルギーの周期的なスパイクあるいはバーストを確認するために RF 環境のスクロール履歴を提供し、無線スペクトルを長期的に理解するために使用されます。

負荷サイクル - 無線スペクトラム・アナライザーは、どの頻度で干渉信号があるかを表示します。デューティサイクルが高いと、干渉が絶えず発生し、影響を受けるチャンネルの問題となっていることを意味します。

イベント・スペクトログラム - 過去 5 分以内に検出された干渉機器に関するリアルタイムな分析情報を視覚的に表示します。デバイスによって影響される出力レベルおよびチャンネル / 頻度などの情報が含まれます。

チャンネルパワー - 選択した無線バンドのすべてのチャンネルに対する最大および平均パワーレベルを示します。

干渉 - 選択チャンネルの干渉デバイスの平均出力読取が表示されます。

チャンネルの負荷サイクルおよび干渉出力 vs. 時間干渉- 干渉デバイスオペレーションのノイズフロア以上の、また最大平均出力読取の平均出力が表示されます。

無線ネットワーク・パフォーマンスへの RF 干渉の影響の視覚化

AirMagnet 無線スペクトラム・アナライザーでは、無線ネットワークのパフォーマンスの最適化を実現するため、無線ネットワークのトラブルシューティングに RF スペクトル解析と WLAN トラフィックおよびデバイス解析の能力を組み合わせた革新的なアプローチを採用しています。RF スペクトル・アナライザのユーザーは、サポートされているどのワイヤレス・アダプタも差し込むことができ、さらに直ちに RF の干渉の影響、あるいは WLAN の総合パフォーマンスの干渉ソースが単一スクリーンに表示されます。

AirMagnet 無線スペクトラム・アナライザーは、環境内で動作するすべての Wi-Fi デバイスの完全なインベントリとそれぞれの設定を表示します。RF スペクトル・アナライザのユーザーは、複数の Wi-Fi チャートを使って迅速かつ効率的に問題を解決できます:

  • AP 信号の強度
  • 速度 / アドレス / メディア毎のチャンネル
  • CRC 10 / 再試行毎のトップ AP
  • チャンネルSNR、エラー / 再試行
  • チャネル利用率
  • チャンネルの占有率

すべての RF 干渉に対する「ゼロデイ」対応

通常、RF スペクトル・アナライザを所有するユーザーは、RF 干渉源を検出および識別するためのデフォルトのシグネチャまたは分類を作成する際、ベンダーに依存する必要があります。これらの RF 干渉源へのタイムリーな対応は、WLAN ユーザー向けに最適なパフォーマンスを確保する上で、環境または企業ネットワークにとって重要です。スペクトル・アナライザのベンダ自身も、独自の分類データベースを最新状態に維持するため、WLAN ネットワークに大混乱を引き起こす可能性のある、ユニークな RF 干渉源すべてを作成したり、挿入する作業に苦労しています。

このハードルを克服し、すべての RF 干渉源に対して「ゼロデイ」対応をユーザーに提供するため、AirMagnet 無線スペクトラム・アナライザーでは、RF 環境を監視する業界初の自動化スペクトル分析機能を導入し、これらの「不明な RF 干渉源」からの固有の反復的な RF 干渉パターンを探します。関心のある RF 干渉パターンが検出および分類されると、将来のアラート用に、カスタマイズされたシグネチャを作成するオプションがユーザーに提供されます。ユーザーは、この無線スペクトル解析機能を使用することにより、ベンダーが定期的に発行する分類アップデートに依存することなく、自分のネットワークにおけるパフォーマンスに関する問題を早期にトラブルシューティングできるようになります。

AirMagnet WiFi アナライザーおよび AirMagnet サーベイとの統合

AirMagnet WiFi アナライザー PRO AirMagnet スペクトラ XT と AirMagnet WiFi アナライザー PRO を同じ PC 上で 使用しているユーザーは、RF スペクトル内のチャネルごとに非 WLAN 干渉を測定できます。分かりやすいカラー・インジケータにより、WLAN ネットワークのパフォーマンスへの RF 干渉 の影響レベルを把握できます。この情報により現在および計画中の WLAN 下部組織で使用するチャンネルを設定することができます。

AirMagnet Survey PRO と AirMagnet スペクトラ XT を同じ PC 上で使用しているユーザーは、受動的または能動的なサイト調査として、RF スペクトル調査やスイープを同時に実行できるため、歩き回る時間を短縮できます。AirMagnet Spectrum XT の AirMagnet Survey で検出した RF 干渉源のリストが表示されます。

この統合により、スペクトラム・アナライザーのユーザーは AirMagnet サーベイで独自のヒートマップにアクセスできます。例えば:

  • チャンネル出力ヒートマップではワイヤレススペクトルの各チャンネルで検出した出力レベルが色分けされて表示されます。
  • 干渉出力 / ロケーションヒートマップではサイト調査中に検出されたデバイス、あるいは非 WLAN 干渉ソースが表示されます。

記録と再生

AirMagnet スペクトラム XT では、RF スペクトル分析スキャンをハードメモリとして保存することができるため、後々に内容をキャプチャして解析することできます。便利な「ジャンプ」機能を使用すると、キャプチャ・ファイル内で、スキャン中にキャプチャされた干渉の開始時まですばやく移動できます。WLAN ネットワークへの Layer 1 Denial of Service(サービス拒否)を調べる際に非常に役立つ情報となります。保存されたトレースファイルは共同解析やトラブルシューティングのためにユーザー間で共有することができます。

AirMagnet スペクトラム XT のインスタントリプレー機能は最新のスペクトル分析情報を、まるで初めてライブで見るかのように、再生することができます。

 

モデル名およびアクセサリー

 
モデル名
製品名 詳細
AM/B4070
AirMagnet スペクトラム XT(USB ベース)
AM/B4070 ゴールド・サポート:
AM/B4070-1YSAirMagnet スペクトラム XG の 1 年間のゴールド・サポート - AM/B4070 (USB ベース)
AM/B4070-3YSAirMagnet スペクトラム XG の 3 年間のゴールド・サポート - AM/B4070(USB ベース)
AM/A4040
AirMagnet 指向性アンテナ
 
バンドル
製品名 詳細
AM/A1490

マルチアダプタ・キット付き AirMagnet WLAN デザイン&解析スイート・バンドル(サーベイ Pro/プランナー、WiFi アナライザー Pro およびスペクトラム XT +Proxim アダプタ 3 つ)米国およびカナダでのみ販売

AM/A1580

AirMagnet サーベイ Pro/プランナーおよびスペクトラム XT バンドル

 

仕様

仕様  
周波数範囲 2402 ~ 2494 MHz、5160 ~ 5330 MHz、5490 ~ 5710 MHz、5735 ~ 5835 MHz、4910 ~ 4990 MHz
USB 仕様 ユニット幅 38.1mm、全長 108.2mm、高さ 8 mm、重量 31.2 g、動作温度:0 ~ 70 ℃(32 ℉ ~ 158 ℉)
DC 出力 電圧源 5 V、有効電力:2 W
キャプチャ制限 ハードディスクの空き容量に基づく
振幅確度 ± 2 dB
分解能帯域幅 156.3 kHz
最大入力 0 dBm
掃引時間 64 ミリ秒/20 MHz、または 64 ミリ秒/チャネル
 

ドキュメント

パンフレット

タイトル/説明 ダウンロード  
無線ライフサイクル
ダウンロード PDF
912 KB

データ・シート

タイトル/説明 ダウンロード  
AirMagnet スペクトラム XT データシート
ダウンロード PDF

ホワイトペーパー

タイトル/説明 ダウンロード  
802.11ac 移行ホワイトペーパー
802.11ac 移行ホワイトペーパー
ダウンロード PDF
1.95 MB
BYOD:ネットワークの課題に対応する
このホワイトペーパーでは、セキュリティ上の課題、規制の変更、ネットワーク・ストレス、デバイス管理、信号干渉、新しい職場文化などを取り上げ、IT プロフェッショナルが前線からデジタル変革を先導すべき理由を説明します。
ダウンロード PDF
2.01 MB
ステップ・バイ・ステップ:RF インターフェースの問題への対処
テスト済みのワイヤレス・ネットワークが期待どおりに機能しないというありがちな問題の一般的な原因は干渉です。干渉の原因は何でしょうか。干渉を避けることはできるのでしょうか。今ある干渉の問題を解決しても、他に新しい問題が発生するのでしょうか。このペーパーでは、これらの質問への回答が得られます。
ダウンロード PDF
無線干渉 eBook
ダウンロード PDF
8.25 MB

チラシ

タイトル/説明 ダウンロード  
Tolly テスト・レポート
Tolly 独立認証と Metageek Wi-Spy DBx + Chanalyzer
ダウンロード PDF
WLAN プロフェッショナル・サービスの概要
ダウンロード PDF
439.16 KB
802.11ac 移行チェックリスト
移行チェックリスト
ダウンロード PDF
145.96 KB
FY 2016 Q1 AirMagnet バンドル・プロモーション
ダウンロード PDF
1.15 MB
携帯型ネットワーク・テスト Wi-Fi ソリューション
ダウンロード PDF
498 KB
 

使用事例

Houston Methodist Hospital のケース・スタディ

Houston Methodist Hospital が重要な WiFi ネットワークを最高パフォーマンスで稼働させるために、NETSCOUT の AirMagnet 無線ツールをどのように活用されているかをご覧ください。

課題:
Houston Methodist Hospital(ヒューストン・メソジスト病院)にとって、信頼性の高い Wi-Fi を提供することが極めて重要です。6 つのリモート・サイトを含む 600 万平方フィート以上に及ぶ敷地に、音声からビデオ、そしてデータまで、多様なクライアント・デバイスに最高レベルのパフォーマンスを届けることが、組織の最優先事項です。AirMagnet の無線ツールを使い始める前は、ネットワーク・エンジニアリング・チームにとって、サイト・サーベイの実施は非常にたくさんの人手を要するものでした。

結果:
Houston Methodist Hospital は、無線ネットワークの計画、展開、検証、およびトラブルシューティングを正確に行うために、NETSCOUT の無線ツールを活用しています。これらのツールにより、非常に多くの労力を要した作業が過去のものにあり、製品が自動的に行います。適切なツールとトレーニングを準備することで、Houston Methodist Hospital のネットワーク・エンジニアリング・チームは、病院の医師、看護婦、患者、そして来院者に最高パフォーマンスの WiFi を提供できるようになりました。

「無線エンジニアには、非常に信頼できるツール一式が必要です。NETSCOUT スイートがそれをもたらしてくれます。」-George Stefanick、Houston Methodist Hospital、無線アーキテクト

ビデオを見る

Love's Travel Stops のケース・スタディ

フルーク・ネットワークスが、米国全土の 300 以上の店舗で「Clean Places and Friendly Faces」(清潔な店、フレンドリーな店員)を届ける Love's Travel Stops を手伝う

課題:
Love’s Travel Stops & Country Stores(Love's)は、米国 39 州に 330 店舗のトラック・ストップとコンビニを有する家族経営のチェーン店です。Love's の「Clean Places、Friendly Faces」(清潔な店、フレンドリーな店員)の原則は、同社の成長を導き、トラベルセンターおよびコンビニ業界の最先端に立つ原動力となっています。全米に 10,000 名以上の社員を擁するため、どんな些細なネットワークの問題も、レジから Love's の貨物運送およびトラック・サービスに至るまで、店舗販売時点情報管理(POS)プロセスに影響を及ぼす可能性があります。その結果、社員の生産性のみならず、全体的な顧客体験に影響を与え、国内のドライバーに優れたサービスと革新を提供する Love's の目標を脅かすことになります。

結果:
Love’s Travel Stops は、無線ネットワークのアクセス・ポイントを計画するのに AirMagnet Survey Pro を使用しています。また、アクセス・ポイントの計画中および設置後の干渉調査には、AirMagnet Spectrum XT を使用し、設置後には、AirMagnet WiFi Analyzer で干渉以外のパフォーマンス問題を特定・トラブルシューティングしています。これらの結果により、Love's のネットワーク・チームは、無線アクセス・ポイントを賢く展開し、ゲーム機や WiFi 妨害装置なども含め、幅広い種類の機器からの外部干渉と戦えます。

こちらから全文をご覧になれます。

 

システム条件

ラップトップ / タブレット PC

  • オペレーティング・システム:Microsoft® Windows 7 Enterprise/Professional/Ultimate 64ビット、Microsoft Windows 8.1 Pro/Enterprise 64ビット、または Microsoft Windows 10 Pro/Enterprise 64ビット
  • Intel® Core™ 2 Duo 2.00 GHz(Intel® Core™ i5 以上を推奨)
  • 2GB RAM 必須 (4GB 推奨)
  • ハードディスクの空容量 250 GB
  • Microsoft .NET Framework 2.0

Apple® MacBook® Pro

  • オペレーティング・システム:Boot Camp® を使用して Windows OS(「ラップトップ / ノートブック / タブレット PC」に記載される通り)を実行する MAC OS X v10.9 以上
  • Intel®ベース 2.2 GHz Core 2 Duo 以上
  • 2GB RAM 必須 (4GB 推奨)
  • ハードディスクの空容量 250 GB
  • Microsoft .NET Framework 2.0

フルーク・ネットワークス OptiView® XG ネットワーク解析タブレット

  • Microsoft® Windows® 7 Professional SP1 64ビット OS または Microsoft Windows 10 Professional 64ビット OS を実行する NETSCOUT OptiView XG ネットワーク解析タブレット
 

サポートされるアダプタ

AirMagnet スペクトラム XT 用スペクトラム・アダプター (AirMagnet 対応のオプションの Wi-Fi アダプタ)
RF スペクトル解析(スペクトラム XT の動作に必要な無線アダプタ)
AirMagnet Spectrum XT アダプタ(USB 形態)全方向性アンテナはパッケージに同封されています。

 

その他の Wi-Fi 解析

AirMagnet Spectrum XT は AirMagnet Spectrum USB アダプタによってサポートされているスペクトル機能に加え、さらなる Wi-Fi 解析機能を提供しています。これは、AirMagnet スペクトラム USB アダプタの必須要件を取り除くものではありません。AirMagnet スペクトラム USB アダプタなしには、スペクトラム XT ソフトウェアは機能しません。

AirMagnet はさらなる解析のために次ののカテゴリーのワイヤレス・アダプタをサポート:

  1. 優先するアダプタ:AirMagnet によって包括的にテストされたアダプタで、AirMagnet の製品との使用にはこれらをお勧めします。
アダプターの比較
 
オプション
 
さらなる Bluetooth 解析

AirMagnet Spectrum XT は、オプションの Windows 互換 Bluetooth アダプタを使用して、詳細な Bluetooth 干渉情報を提供することができます。詳細情報には Bluetooth デバイスの名前、ID、サービスなどが含まれます。

PC に内臓されている Bluetooth アダプタあるいは外付けのアダプタを使用することができます。Bluetooth アダプタのひとつに AirMagnet がテストした IOGEAR GBU421 Bluetooth アダプタがあります。

注記:Bluetooth デバイスには、販売元が提供するドライバではなく、Microsoft ドライバを常に使用することをお勧めします。ドライバはWindows XP (SP3)、Vista、7オペレーティングシステムに内蔵されています。その他のオペレーティングシステムのドライバは Microsoft ホームページで取得してください。

 

オンデマンド・ウェビナー:

このオンデマンド・ウェビナーでは、Trent Cutler 氏がポータブルなスペクトラム解析ツールを使用して、WLAN ネットワークの干渉問題を「非破壊的」に解決する方法を教えます。
 
トピックの内容:Wi-Fi ネットワークに大混乱を引き起こす干渉発生源のタイプ、干渉の根本原因の検出および修正に使用されるスペクトル分析テクニック、ユーザー環境に特有の干渉発生源に対するカスタム署名作成のデモ。
 
このウェビナーは業界エキスパートである Keith Parsons 氏がお届けします。Keith 氏は、RF および無線ネットワークについて知る必要のある基本的な概念を共有し、今後ネットワークの問題に遭遇した場合に役立つ情報を提供します。
 

*NETSCOUT は、このページに表示される製品を買収しました。

 
 
Powered By OneLink