AirMagnet エンタープライズ|NetScout

AirMagnet エンタープライズ

今日のモバイル・ワーカーのセキュリティ、パフォーマンス、コンプライアンスの要求に対応した、最も包括的な常時パフォーマンス監視システム & 無線侵入検知システム (WIDS) / 侵入防止システム (WIPS)。
  • Wi-Fi ネットワーク・パフォーマンスおよびセキュリティ状態を詳細に分析することで、最高のエンド・ユーザー体験を積極的に実現
  • SmartEdge Wi-Fi(802.11n および 802.11ac)および Wi-Fi/セルラー・スペクトラム・センサー
  • WLAN AP インフラの自動正常性チェックによって、Wi-Fi の接続性、パフォーマンス、WLAN ネットワーク・セキュリティに影響を与える問題を正確に特定し、診断
  • 集中 WIPS ソリューション(包括的な脅威検出、脅威の位置の特定と修復)によって、未承認の不正なデバイスまたは内部/外部のポリシー違反者に対応
  • 新たな脅威を迅速に無線侵入防止するダイナミック脅威アップデート技術
  • 迅速な対応を可能にするフォレンジック解析と三角測量によるイベントの位置特定
  • 規制に適合した監査向けのレポート
デモ
データ・シート
購入方法
お問い合わせ
 

概要

ベンダーに依存しない、企業全体のパフォーマンスおよびセキュリティ監視

AirMagnet Enterprise は、ベンダーに依存せず、無線 AP インフラ(コントローラーとクラウドベース)のセキュリティとパフォーマンスの状態に対して、独立した視点を提供します。

ユーザーに影響が出る前にネットワークの停止やパフォーマンスおよび接続性の問題を早期に検出

AirMagnet Enterprise の自動健全性チェック(AHC)は、無線リンクからアプリケーション・サーバやインターネットに至るまで、無線 LAN の接続性のあらゆる側面をアクティブに検査・確認できます。これにより、ネットワークの停止や劣化を自動検出しつつ、問題の根源をピンポイントで特定できます。AHC テストを実行するセンサーは、以下を可能にします。

  • 完全なネットワーク認証、および WLAN のセキュリティ問題やその他のネットワーク・リソースに関連した問題の予防的な調査
  • 根本原因に関する具体的な情報をネットワーク担当者に最速で提供し、ユーザーやビジネスの重要なアプリケーションへの影響を未然に防止。
  • キャプティブ・ポータルを使用して、ゲスト無線ネットワークを認証できる
業界をリードする無線無線侵入防止システム(WIPS)および無線侵入検知システム (WIDS)

業界最高の無線侵入防止システム (WIPS) である AirMagnet エンタープライズは、無線ネットワーク・セキュリティを監視し、最先端の調査、解析、およびセキュリティ脅威の修復を行うことで、あらゆるセキュリティ脅威から無線ネットワーク (WLAN) 環境を守ります。これには、不正デバイスおよびポリシー違反者の徹底した管理(検知、位置の特定、包括的な修復など)も含まれます。

AirMagnet は迅速検出機能を備えており、新しい方法で効果的に侵入を防止します。多くの場合、企業はネットワークへの攻撃を防ぐことはできませんが、感染、攻撃の拡大、ダメージの大きな違反への発展を防ぐことはできます。

AirMagnet 侵入調査チームは、最新のハッキング技術、トレンド、潜在的な無線ネットワーク・セキュリティの脆弱性を常に調査し、進化する無線ネットワークのセキュリティ脅威に対して常に先手を打てるように支援します。

ダイナミック脅威アップデート技術により、新しいセキュリティ脅威のシグネチャをすばやく作成して自動化し、直ちに配信することができます。

新しい 無線ネットワークのセキュリティ脅威の定義が準備されると、システム運用に影響を与えることなく、すぐに展開できます。これにより、最新の 無線ネットワーク・セキュリティ体制を維持できるユニークなフレームワークが組織に提供されます。

既存の AP インフラに対する重大なセキュリティ保護を提供

AP にとってセキュリティは第一に重視するものではないため、通常は数多くのセキュリティ脅威を見逃すことになります。AirMagnet Enterprise 専用の無線侵入検知システムおよび無線侵入防止システム(WIDS/WIPS)ソリューションは、重要な無線ネットワークが、AP の場合のようにその時々ではなく、常に保護されるという安心と保証を提供します。

  • 内蔵のセキュリティ・ソリューションによる時折のスキャンは、攻撃を見逃す
  • AP の動作が遅く、リソースが制限されるため、適切に機能できない可能性がある
  • AP の統合 WIPS が検出できる脅威は非常に少なく(一般的に、全脅威の 20% 未満)、新たな脅威に対応するために、時間のかかるファームウェア・アップグレードを必要とする
  • AP ハードウェアが規制上または構成上の問題によって制約される
  • AP が攻撃されたら、誰が監視するのか?
 

特長

大規模スケーラビリティおよびシステム弾力性

AirMagnet Enterprise は、ミッション・クリティカルなセキュリティ・アプリケーションの確立された基準を満たす業界唯一の WIPS/WIDS ソリューションを提供します。これは、あらゆるセンサーのフェールオーバーのブート・イメージ、およびシステム(代表値) の自動サーバ・フェールオーバー・ライセンスで、各コンポーネントに耐障害性を構築する唯一の WIPS/WIDS ソリューションです。さらに、AirMagnet エンタープライズ SmartEdge センサーは、完全に独立した WIDS/WIPS ノードとして機能し、サーバへのネットワーク接続が数日間切断された場合でも、情報を失うことなく脅威を検出して修復します。

Wi-Fi および RF の状態をローカルに解析するインテリジェント・センサーによって、データセンターに設置された 1 台の中央サーバで 1,000 以上のセンサーをサポートでき、ネットワーク帯域幅でを最小限に抑えることができます。

センサー・レベルで処理を行うため、サーバーへの接続が切断された場合でも、各センサーはセキュリティ・ポリシーを継続的に実施します。ホット・スタンバイ・サーバ・ソフトウェア(付属)により、最高の無線機密保持を持った重複データの中心オペレーションが完全に可能となります。

年中無休 24 時間体制のワイヤレス侵入検出および防止

AirMagnet エンタープライズは、802.11 無線ネットワーク・チャネル(特定のセンサー・モデルの 200 拡張チャネルを含みます)をすべてスキャンし、不正なデバイスを確実に検知します。AirMagnet Enterprise は、Wi-Fi 分析だけでなく、光学スペクトラム分析を行います。これが RF 妨害攻撃、 Bluetooth デバイス、そして未承認のワイヤレスカメラなどその他多くの種類の非トランスミッタを検出して分類します。

不正デバイス

AirWISE エンジンは、フレーム検査、処理状態の把握が可能なパターン分析、統計的モデリング、RF 分析および異常検出を組み合わせて使用し、すべてのワイヤレス・デバイスおよびトラフィックを常に分析しています。これにより、MDK3、Karmetasploit および 802.11n DoS 攻撃など最新のハッキング ツールや技術と同様に、不正なデバイス、なりすましデバイス、DoS 攻撃、中間者攻撃、悪魔の双子攻撃など、数百もの特定の脅威、攻撃および脆弱性の検出が可能になっています。

WiFi ハッキング攻撃

ワイヤレス侵入検出および防止

パフォーマンスのモニタリングとリモート・トラブルシューティング

豊富な WIPS/WIDS 機能に加えて、AirMagnet エンタープライズは無線 LAN や RF 環境の健全性を常にモニタリングして、ネットワーク障害を引き起こす可能性のある問題の進行を事前的に検出します。システムはこれらの問題を検出し、エンジニアに局所的修復の助言を与えるだけでなく、問題をトラブルシューティングするために有効なリモートツールを用意しています。これによってスタッフは、ネットワークのダウンタイムを回避し、あらゆる機能停止に対する修復時間を大幅に短縮することによって、アップタイムの延長、ユーザー満足度の改善、ネットワーク パフォーマンスの向上をもたらすことができます。リモートでトラブルシューティングできるため、トラック・ロールのコストを節約でき、スペクトラムおよび Wi-Fi ネットワーク解析をどこからでも実行できます。

パケット・エラー

WiFi チャンネル解析

自動健全性チェック (AHC)

自動正常性チェックによって、WLAN ユーザーの生産性に影響が出る前に、積極的に問題とその原因を最速かつ正確に検出および特定できます。ソフトウェア・センサーまたはハードウェア・センサーは、無線ユーザーの観点から積極的に無線ネットワークをプローブし、重要なネットワーク・リソースへの無線リンク全体の接続性を確認します。AHC を使用することで、ユーザーの生産性損失に関連したコストを削減し、複雑なワイヤレス問題に起因するプロセスをトラブルシューティングすることができます。ゲスト・ネットワークのパフォーマンスとセキュリティを確保するためのキャプティブ・ポータル認証をサポートします。

自動健全性チェック

動的脅威からの保護テクノロジー

動的脅威の更新技術は、AirMagnet AirWISE®エンジンを通して、新しい脅威の痕跡の作成、自動化、そして即時のデプロイを加速します。新しい脅威の定義が準備されると、システム運用に影響を与えることなく、すぐに展開できます。これにより、最新の無線ネットワーク・セキュリティ体制を維持できるユニークなフレームワークが企業に提供されます。新たな脅威に迅速に対応するため、DTU シグネチャはファームウェア・イメージと別々になっています。DTU シグネチャの更新は、ダウンタイムなしに、かつシームレスに行われ、最新のセキュリティ脅威に対して確実に保護できます。

動的な脅威からの保護

脅威のトレース、ブロック、マッピング

すべてのデバイスは有線と無線を使って追跡され、デバイスが有線ネットワークに接続されているかどうかをすばやく確実に判定することができます。システムは、SNMP、自動化されたスイッチ・ディスカバリ、ハードウェアおよびトラフィック解析を含む、新規に強化された一連の精巧な技術を用い、あらゆるネットワーク・トポロジーにおいて高確度で迅速なトレースを保証します。

脅威は、有線および無線両方のセキュリティ脅威抑制の組み合せにより、手動または自動的に修正されます。無線ブロックは脅威のソースを狙い、特に対象無線デバイスが無線接続をするのをブロックします。有線ブロックは、脅威がトレースされた有線スイッチ・ポートを自動的に閉じます。

マップやフロアプラン上ですべてのセキュリティ脅威およびデバイスの位置を特定することができ、デバイスの位置に基づいて、不正アラームをトリガーするよう設定できます。

不正デバイス

イベント・フォレンジック

AirMagnet Enterprise は、あらゆるネットワーク・イベントについてパケットや無線通信の完全なフォレンジック記録を取得し、適切なスタッフが問題をいつでも詳細に検証できるようにします。独特でインテリジェントなセンサーの活用よって、AirMagnet Enterprise はイベントの最中およびその前後のフォレンジック情報を自動的にキャプチャする業界唯一の WIPS/WIDS ソリューションを提供します。

イベント・フォレンジック

統合されたスペクトラム・インテリジェンス

干渉は、ネットワークの接続性低下やパフォーマンスの問題の主な原因の 1 つです。このような干渉は、不適切なチャネル計画(隣接または同一チャネル干渉)により他の Wi-Fi デバイス、または非 Wi-Fi 干渉源から発生している可能性があります。AirMagnet は、干渉の原因となっているデバイスの Wi-Fi 干渉スコアに基づいて計算を行い、各 Wi-Fi チャネルの全体的な干渉状況をリストします(チャンネルで動作する隠れノードおよび非 Wi-Fi デバイスのリスト)。また、AirMagnet エンタープライズは、Bluetooth、無線ビデオ・カメラ、zigbee、電子レンジ、RF 妨害器などの干渉源の分類も行います。これにより、ユーザーは将来の Wi-Fi 展開を計画できるだけでなく、ネットワーク・パフォーマンスの低下の根本原因を究明することができます。

WiFi スペクトラム・インテリジェンス

年中無休 24 時間体制のセルラー・スペクトル・セキュリティ

AirMagnet セルラー・スペクトラム・センサーは、GSM、CDMA、UMTS、LTE など複数の技術をサポートしています。698~2690 MHz の周波数をスキャンして、セルラー・データ/音声イベントおよびデューティ・サイクルを検出し、セルラー周波数帯の使用状況を示します。また本製品は業界唯一の機能も備えており、認可されたネットワークのパフォーマンスを低下させる干渉源をリアルタイムで検出して特定します。RF ジャマー、CW トランスミッターなどの干渉源を自動的に検出して分類できるデフォルトの分類データベースを備えており、干渉源、影響が及ぶ周波数、ピーク/平均のパワーレベル、および干渉源の状況について、詳しい情報がユーザーに提示されます。ユーザーは、フロア・プラン上の不適合なセルラー・イベントを三角測量して位置を特定し、すばやく修復することもできます。

WiFi スペクトラム・セキュリティ
自動化された事業および規制コンプライアンス・レポート

AirMagnet エンタープライズは、PCI、HIPAA、Sarbanes-Oxley、GLBA など、すべての主要なネットワーク規制に適合した監査向けのレポートを自動的に生成します。レポートは、解決する必要のある問題や厳密に修正する必要のあることに対する可視性を迅速に提供します。レポートは、自動的に実行して提供されるようスケジューリング可能なため、監査時に規制レポートの完全なライブラリを確実に用意することができます。

自動健全性チェック

ソフトウェア・センサー・エージェント (SSA)

Windows PC で動作するソフトウェアベースのセンサーは、非常に低いコスト構造で基本の無線ネットワーク・セキュリティ監視を行い、真のクライアントベースのパフォーマンス測定を実現します。SSA ベースのセンサーとハードウェア・センサーを組み合わせることができる新しい柔軟性が加わったことで、ユーザーの要件と予算に最適化した無線ネットワーク・セキュリティ・モニタリング・ソリューションを構築できるようになりました。

 

モデル名およびアクセサリー

 
モデル名
製品名 詳細
AM/A5301G
SSA 用 AirMagnet エンタープライズ・サーバー LIC (10 QTY)
AM/A5505G-ENT
AirMagnet エンタープライズ・サーバー、アドオン・ライセンス付き、センサーなし、ソフトウェア
SENSOR6-R1S0W1-E
802.11AC SmartEdge センサー、1 X 11AC Wi-Fi ラジオおよびセルラー、外付けアンテナ [802.11ac センサー]
SENSOR6-R2S1-E
802.11AC SmartEdge センサー、スぺクトラム付き 2 X 11AC Wi-Fi ラジオ、外付けアンテナ [802.11ac センサー]
SENSOR6-R2S1-I
802.11AC SmartEdge センサー、スぺクトラム付き 2 X 11AC Wi-Fi ラジオ、内部アンテナ [802.11ac センサー]
AM/A5311G
ソフトウェア・センサー・エージェント用 AirMagnet エンタープライズ・サーバー・ライセンス (100 QTY)
SENSOR4-R2S1-I
802.11N AirMagnet スペクトラム、第 4 世代、2 X 11n ラジオ、内部アンテナ [802.11n センサー]
SENSOR4-R2S1-E
802.11N AirMagnet スペクトラム、第 4 世代、2 X 11n ラジオ、外付けアンテナ [802.11n センサー]
SENSOR4-R1S1W1-E
802.11N AirMagnet センサー、セルラー・スペクトラム、第 4 世代、1 X 11n ラジオ、外付けアンテナ [802.11n センサー]
 
アクセサリー
製品名 詳細
AM/A5032
AirMagnet センサー用パワー・インジェクタ
CABLEKIT-SENSOR4
センサー 4 シリーズ用コンソール・ケーブル・キット
 

ドキュメント

データ・シート

タイトル/説明 ダウンロード  
AirMagnet Enterprise のデータシート
ダウンロード PDF

ホワイトペーパー

タイトル/説明 ダウンロード  
BYOD を装備する
従業員は、Wi-Fi の使用が可能な自分のスマートフォンを職場で使用することを望んでいます。企業は BYOD トレンドに応じることにより大きな利点を得ることができます。
ダウンロード PDF
2.13 MB
BYOD:ネットワークの課題に対応する
このホワイトペーパーでは、セキュリティ上の課題、規制の変更、ネットワーク・ストレス、デバイス管理、信号干渉、新しい職場文化などを取り上げ、IT プロフェッショナルが前線からデジタル変革を先導すべき理由を説明します。
ダウンロード PDF
2.01 MB
802.11ac の導入 - 革命、それとも進化?
ユーザーの高まる需要に対応する無線ネットワークを開発するにあたり、新しい 802.11ac 規格について考慮したことはありますか?この規格は 2014 年初期に批准される予定で、既に対応する製品が発売されています。
ダウンロード PDF
738 KB
VoIP およびユニファイド・コミュニケーションへの移行
このホワイトペーパーでは、VoIP およびユニファイド・コミュニケーションへの移行と、増加し続けるモバイル労働者に対する有線および無線ネットワークでの結果的なパフォーマンスの問題、および期待される 802.11ac 規格の恩恵について見ていきます。
ダウンロード PDF
992.48 KB
次世代の Wi-Fi:企業の王子様、それとも帯域幅のカエル?
このリサーチ・ペーパーでは、満足度や投資水準から Wi-Fi を稼働させ続けるにあたってのよくある問題点まで、企業における無線ネットワークの現状を見ていきます。
ダウンロード PDF
328.13 KB
 

使用事例

Memorial Hermann の AirMagnet エンタープライズ ・ケース・スタディ

大手医療サービス・プロバイダの Memorial Hermann Health System が AirMagnet エンタープライズを使用して無線ネットワークの問題をリモートから診断・トラブルシューティング

課題:
 
Memorial Hermann Health System は、米国で最も忙しいレベル 1 外傷センターを含む12の病院と、ヒューストン大都市圏の各地に200の医院、診療所、および専門ビルを有する、テキサス最大規模の非営利のヘルスケア・システムです。患者のケアと記録管理は、信頼性の高いセキュアな無線ネットワークアクセスに大きく依存しています。施設間の距離が 50~75 マイルも離れており、わずか 3 名のエンジニアしかいない Memorial Hermann Health System は、リモートから無線ネットワークの問題を診断およびトラブルシューティングでき、移動の必要性を減らし、問題特定から解決までの時間を短縮できるソリューションを必要としていました。

結果:
Netscout の AirMagnet エンタープライズにより、Memorial Hermann Health System のネットワークエンジニアは、施設間の移動時間を 70% 減らすことができ、全体的なトラブルシューティング時間を 50% 短縮することができました。Memorial Hermann Health System は、無線ネットワークに存在するデバイスに対してより深い洞察を得ることができ、疑わしいあるいは不正なデバイスに対して予防的に警戒することができます。

こちらから全文をご覧になれます。

百貨店のケース・スタディ

大手百貨店チェーンが AirMagnet エンタープライズを使用して「ありふれた風景の中に潜む」Wi-Fi の脅威を発見

課題:
この大手百貨店チェーンでは、クレジット・カードの処理や物流センターでの在庫の管理などのビジネス上重要な作業に対する無線の使用について無防備でした。リーダーは、ネットワーク上に追加された未使用の 180 のチャネルを可視化できないことが判明するまで、自分たちの無線侵入検出と保護システム (WIDS/WIPS) が米国で使用可能な 34 の Wi-Fi チャネルで共有されているデータを保護すると確信していました。すなわち、悪意の有無に関係なく、承認されていないデバイスが、追加のチャネルでは見つからなかったり検出されない可能性があり、組織およびその顧客にとって重大なセキュリティ上のリスクをもたらす恐れがありました。

結果:
この百貨店では、全 214 の Wi-Fi チャネルのすべてのアクティビティとデバイスを同時にモニタリングする独自の機能を持つ、NETSCOUT の AirMagnet エンタープライズを導入することにしました。これによって、組織で頻繁に使用されていないチャネル(34 の許容チャネル以外のチャネル)であっても、不正なアクティビティをモニタリングすることができ、IT チームは、脅威をもたらす可能性のあるデバイスの即座の排除または再割り当てを行うことができます。また、会社では、パフォーマンスの問題を予防的にトラブルシューティングし、POS の無線トランザクションを確実に実行し、顧客やブランドの公正さを保護するための PCI コンプライアンス・ガイドラインを遵守し、AirMagnet エンタープライズのリモート・トラブルシューティング機能を使用した修理にかかる平均時間を減少できます。

こちらから全文をご覧になれます。

ニプシング大学の事例

ケーススタディ:ニピシン大学、 Netscout の AirMagnet エンタープライズを使用して、無線やスマート・デバイスの接続性と学生および職員のネットワーク・セキュリティを保証

クリックして表示

課題:
ニピシン大学の無線ネットワークは 3 つのキャンパスをカバーし、4,500 名以上の学生と 300 名以上の教職員をサポートしています。教室や学生寮内で、電子メール、インターネット、オンラインでのカリキュラム教材などの重要なアプリケーションへの Wi-Fi アクセスを可能にしています。無線アクセスに対する要求がますます高まり、ネットワークに新しいスマート・デバイスやその他の無線技術が押し寄せているため、大学の IT 部門はその対応に苦戦しています。同部門のチームは、予測できない AP トラフィック、不正なデバイス、干渉、チャネル使用率の競合、悪意のある攻撃、PCI コンプライアンスなどの課題に常に直面しています。

結果:
ニピシン大学は、無線ネットワークのパフォーマンスの管理と最適化を助け、セキュリティ上の脆弱性から守るために、NETSCOUT の AirMagnet エンタープライズを選択しました。このシステムによって、IT 部門は、パフォーマンスをリアルタイムでモニターしてボトルネックを特定し、スマート・デバイスの接続性を保証して、干渉問題(他の Wi-Fi ネットワークのチャネル使用率など)のトラブルシューティングを行い、PCI コンプライアンス・ガイドラインに準拠し、不正デバイスを素早く追跡して、攻撃や誤用からネットワークを保護できます。

こちらから全文をご覧になれます。

 

システム条件

AirMagnet Enterprise ハードウェア/仮想マシン仕様

重要事項:

  • 100 個を超えるセンサーを展開する場合は、エンタープライズ・サーバー・ソフトウェアとデータベースが別々の物理マシンにインストールされている必要があります
  • AirMagnet Enterprise サーバーのドライブ・パーティションには、少なくとも 50 GB の空き容量が必要です。
AirMagnet Enterprise のスタンドアロン・ハードウェア仕様

推奨ハードウェア(小規模 - 1~100 個のセンサーをサポート)

AirMagnet Enterprise プライマリ/フェイルオーバー・サーバー AirMagnet Enterprise データベース・サーバー *
(1) 2.4 GHz、4 コア、8 スレッド、10M キャッシュ (1) 2.4 GHz、4 コア、8 スレッド、10M キャッシュ
16GB メモリ RDIMM 16GB メモリ RDIMM
(2) 200GB 10K ニアライン SAS (Raid 1) (2) 200GB 10K ニアライン SAS (Raid 1)
Microsoft® Windows Server 2012 R2 64ビット Microsoft SQL Server 2012/2014 または PostgreSQL バージョン 9.1.x **
1Gbps 以上のイーサネット接続 1Gbps 以上のイーサネット接続

注記:

* DB サーバーが AirMagnet Enterprise Services 専用であると想定しています

** AirMagnet エンタープライズ DB インスタンスは、既存の MS-SQL または PostgreSQL ファームに配置できます

推奨ハードウェア(中規模 - 101~500 個のセンサーをサポート)

AirMagnet Enterprise プライマリ/フェイルオーバー・サーバー AirMagnet Enterprise データベース・サーバー *
(1) 2.4 GHz、8 コア、16 スレッド、20M キャッシュ (1) 2.4 GHz、8 コア、16 スレッド、20M キャッシュ
32GB メモリ RDIMM 16GB メモリ RDIMM
(2) 300GB 15K RPM SAS (Raid 1) (2) 300GB 15K RPM SAS (Raid 1)
Microsoft Windows Server 2012 R2 64 ビット Microsoft SQL Server 2012/2014 または PostgreSQL バージョン 9.1.x **
1Gbps 以上のイーサネット接続 1Gbps 以上のイーサネット接続

注記:

* DB サーバーが AirMagnet Enterprise Services 専用であると想定しています

** AirMagnet エンタープライズ DB インスタンスは、既存の MS-SQL または PostgreSQL ファームに配置できます

推奨ハードウェア(大規模 - 501~1000 個のセンサーをサポート)

AirMagnet Enterprise プライマリ/フェイルオーバー・サーバー AirMagnet Enterprise データベース・サーバー *
(2) 2.4 GHz、8 コア、16 スレッド、20M キャッシュ (2) 2.4 GHz、8 コア、16 スレッド、20M キャッシュ
64GB メモリ RDIMM 32GB メモリ RDIMM
(2) 500GB 15K RPM SAS (Raid 1) (2) 500GB 15K RPM SAS (Raid 1)
Microsoft Windows Server 2012 R2 64 ビット Microsoft SQL Server 2012/2014 または PostgreSQL バージョン 9.1.x **
1Gbps 以上のイーサネット接続 1Gbps 以上のイーサネット接続

注記:

* DB サーバーが AirMagnet Enterprise Services 専用であると想定しています

** AirMagnet エンタープライズ DB インスタンスは、既存の MS-SQL または PostgreSQL ファームに配置できます

AirMagnet Enterprise 仮想マシン仕様

推奨構成

AirMagnet Enterprise 仮想マシンの推奨仕様
展開 vCPU クロック速度 (GHz) メモリ 割り当てディスク容量 センサー制限数* データベース・サイズ
小規模 8 2.4 16 GB 200 GB 1~100 40
中規模 16 2.4 32 GB 300 GB 101 ~ 500 50

注記:

* WiFi および RF 環境、監視する WiFi デバイスの数、およびポリシーの複雑さによって異なります

推奨事項:

オペレーティング・システム:Microsoft® Windows Server 2012 R2 64ビット

推奨データベース・ソフトウェア:Microsoft® SQL 2012/2014 または PostgreSQL 9.1.x

AirMagnet エンタープライズ・コンソール

推奨構成

Intel Core i5 以上
Microsoft Windows 7 Enterprise/Professional (Service Pack 1) 64 ビット
Microsoft Windows Pro/Enterprise 8.1 64 ビット
8 GB 以上の RAM
イーサネット接続
AirMagnet ソフトウェア・センサー・エージェント

推奨構成

Microsoft Windows 7 Enterprise/Professional (Service Pack 1) 64 ビット
対応する 802.11 a/b/g/n/ac 無線アダプター
8 GB 以上の RAM
SSA クライアントは Windows サービスとして実行されるため、SSA クライアントを正常にインストールするには、
インストール先のマシンの管理者権限が必要です
 

製品レビューおよび受賞歴

受賞歴

ネットワーク製品ガイドにより、 Netscout の AirMagnet エンタープライズ v10 と SmartEdge センサー・シリーズ 4 は、モバイルおよび無線ソリューション部門において、第 8 回の年間「2013 年度ホットカンパニー & ベストプロダクツ」の銅賞を受賞しました。これらの賞は、業界および同業者による認識と広範なグループの情報技術プロフェッショナルによる投票に基づいています。

*NETSCOUT は、このページに表示される製品を買収しました。

 
 
Powered By OneLink