OptiView XG ネットワーク解析タブレット – ネットワーク・モニタリング・ツールおよびネットワーク・トラフィック・アナライザー|フルーク・ネットワークス

OptiView XG Network Analysis Tablet

完全な WLAN ライフサイクルの管理とネットワーク・インフラのトラブルシューティングを行うための nGeniusONE に対応した無線ツール。
  • nGeniusONE、OptiView XG と共に使用して、アクセス層からデータセンターまでのインフラを診断
  • 有線・無線ネットワークの検出とトラブルシューティング用のオールインワン型ネットワーク・インフラ・アナライザー
  • ネットワーク・インフラ関連のパフォーマンス問題の根本原因を迅速に特定
  • 現地に出向かずに、リモート・ユーザー・インターフェースを使用してリモート・サイトを共同トラブルシューティング
テストドライブ
OptiView XG
購入方法
視聴:XG の主な活用事例
 

概要

持ち運びできるため、現場でトラブルシューティングが可能

OptiView XG はどこにでも持ち運びできるため、現場の技術者による Wi-Fi および有線ネットワーク・インフラのトラブルシューティングが可能になり、視認性にも優れているためデスクトップまでの問題も解決できます。OptiView XG は、自動検出、ローカル・ネットワークのマッピング、およびインフラに関連した問題の根本原因を特定するための複数の機能を備えているため、組織全体でだれもが効率的に問題を解決できます。

Wi-Fi ネットワークが安全であること、効率的に動作していることを確認

統合された無線解析ソフトウェアによって、WLAN のプランニング、トラブルシューティング、安全性の確保を迅速に行うことができます。「デッドゾーン」と干渉のサーベイ・サイトは、すべてのユーザーに最適なパフォーマンスを保証します。自動の専門アドバイスによってエンジニアの作業が簡素化され、無線接続、パフォーマンス、セキュリティに関する問題の回答を即座に得ることができるため、ユーザーからの苦情を最小限に抑えることができます。OptiView XG を使用すれば、WLAN に関する専門知識に乏しいエンジニアでも最も困難な問題を解決できます。

nGeniusONE に統合することによって、効率的なワークフローを実現

nGeniusONE を OptiView XG と共に使用してサービスを保証し、データセンターから WAN、クラウド、リモートサイトのアクセス層(無線または有線)までを詳細に確認できます。

「OptiView XG の主な利点は、スタッフに効率的に働いてもらうことができることです。これまで高レベルの技術者にしか診断・修復できなかったような問題を、経験や専門知識の少ない技術者に安心して任せることができるようになりました。OptiView XG によって上級技術者の長年の経験に頼る必要がなくなり、チーム全体の生産性が向上します」
Aaron Kostyu、技術ディレクター
ラウンズ郡
 

特長

統合された WLAN の導入とトラブルシューティング
WiFi 対応ロゴ

複数の無線機能を統合したポータブル・アナライザは持ち運びが可能なため、必要に応じてどこででも WLAN の導入、トラブルシューティング、そしてセてキュリティの確保を行えます。

  • 最適なパフォーマンスを実現するために、最も正確な無線 LAN ネットワーク (802.11 a/b/g/n/ac) を最初の段階で適切に設計して展開し、コストのかかる手戻り作業やユーザーの不満を排除
  • セキュリティ脅威および無線ネットワークの脆弱性を自動的に検出し、エンド・ユーザーの WLAN の接続性とパフォーマンスの問題を迅速に解決
  • 統合されたスペクトル・ラジオで WLAN ネットワークとそのパフォーマンスに干渉する WLAN 以外のソースを特定、認識、検出
AirMagnet プランナー
インフラ関連問題の根本原因の切り分け

OptiView® XG ネットワーク解析タブレットは、ネットワーク・エンジニア向けに設計された WLAN およびネットワーク・インフラのトラブルシューティング用の初めてのネットワーク・モニタリング・タブレットです。有線および無線ネットワーク・インフラ問題の自動検出/解析によって、エンジニアは日常業務にかかる時間を大幅に短縮できるため、その他の課題やプロジェクトに取り組むことができます。

  • 独自のパス解析は、ユーザーとネットワーク・リソース(ローカル、リモート、クラウドベース)間のパスをグラフィカルな画面で表示し、パスにある重要なリンクおよびデバイスの正常性に関するデータやパフォーマンス問題を視覚的に表示します。
  • 有線および無線ネットワークの自動マッピング – ユーザーは柔軟なマップベースのユーザー・インターフェースでネットワークを表示し、構成やトポロジーの問題を素早く視覚的に特定して、トラブルシューティングを迅速に行えます。ワン・クリックでマップ・データを Visio ファイルのジェネレーターに送信し、瞬時にプロ仕様のネットワーク文書を作成できます。
  • 自動正常性チェックは、重要なネットワーク・サービスとインターフェースの可用性および応答性を、ネットワーク全体の最高利用率とエラーと共にプロアクティブに表示します。
  • 内蔵の「ガイド付き解析」エキスパートにより、根本原因の特定と問題解決にかかる時間を短縮でき、スタッフの作業効率が向上します。
ネットワーク・インフラの品質テスト

能動的なパフォーマンス・テストを行うことで、ユーザーは WAN やキャンパス全体、またはデータ・センターやサイト内の高パフォーマンスのリンクを検証してトラブルシューティングすることができます。テストでは、帯域幅、遅延、ジッター、およびに損失に関するネットワーク・パフォーマンスを最高 10 Gbps のライン・レートで検証するため、エンジニアはインフラの機能、現在および将来のアプリケーションをサポートする能力について確実なデータを得ることができます。

  • 新しいインフラ要素のパフォーマンスとデータ・センターまたはサイト内のクリティカル・リンクを検証
  • 新しいサービスを展開する前にネットワーク・パフォーマンスを評価
  • サービス・プロバイダーが合意されたサービス・レベル (SLA) を満たしていることを独自で判断
  • 必要な QoS がエンドツーエンドで維持されているかどうかをテストする
ポータブル電源でネットワーク上のどこからでもトラブルシューティングが可能

現場で強力なツールを使用することにより、問題を確実に検出できます。カスタム・パケット処理ハードウェアを搭載した、持ち運びに便利なタブレット・タブレット・フォームファクターの OptiView XG を使用することで、必要に応じてどこででも解析を実行できます。

  • ネットワークのトラブルシューティングのための最大 10 Gbps ライン・レートのパケット・キャプチャ
  • リアルタイムのトラフィック解析は、トップ・ホスト、トップ・カンバセーション、トップ・プロトコル、現地の帯域幅の使用者を表示します。
  • 直接インライン(最大 1 Gbps)でリアルタイムのトラフィックを監視し、また外部タップを必要とすることなくライン・レートでキャプチャーします。
 

その他の OptiView XG リソース

その他の製品情報、ケーススタディ、ホワイトペーパー、およびウェブキャストについては、「その他のリソース」セクションをご覧ください。

*NETSCOUT は、このページに表示される製品を買収しました。

 
 
Powered By OneLink