802.11ac 無線ネットワークがネットワーク技術者に与える影響|enterprise.netscout.com

802.11ac 無線ネットワークがネットワーク技術者に与える影響

The 802.11ac standard brings opportunities to deliver wireless networks to support the future needs of clients especially with the growing demands made on the Wi-Fi network from BOYD smartphones, tablets and laptops.これまでの 802.11n、b、および g と同じように、802.11ac は以前に増したスピードを約束します。スピードを増加するためのすべての新しい技術提案が採用されれば、802.11ac は 1.3Gbps、最大 6.9Gbps の速度を実現できます。
このホワイトペーパーでは、顧客の将来のニーズに対応するためにどのように 802.11ac が設計されているかを取り上げ、この技術を理解し、802.11n から 802.11ac へ移行するにあたって何が起きるか、またこれらの新しい要求に対応するためにどのような準備ができるかについて説明します。

    目次
  • 要約
  • 802.11ac の機能
  • 802.11ac 機能の実現方法
  • 802.11ac がネットワーク技術者に与える影響
  • 展開および移行
  • 有線ネットワークの帯域および電力要件
  • セキュリティ
  • 接続性、トラブルシューティング、および最適化
  • ローミング
  • スループットおよびサービス可用性
  • 概要

要約

Today, with the popularity of BYOD in enterprise, network designers expect that each network client has up to 3 or more devices connected to the network, smart phone, tablet and their PC. A majority of smartphones have Wi-Fi hardware included.タブレットが、平均的なスマートフォンよりも 3 ~ 4 倍以上の帯域幅を使用することも忘れてはなりません。

そのため、パケットの損失および遅延に敏感な VoIP やビデオなどのリアルタイム・アプリケーションおよびクラウド(オフサイト)でホストされるアプリケーションのために、より大きい帯域幅が求められます。

トラフィックの特徴も変わりつつあります。ダウンロード・トラフィックがアップロードよりも常に多いのは変わりませんが、スマートフォンやタブレットは、絶えずアプリケーション・アップデートをダウンロードしたり、メール受信、新しい広告表示、Keep Alive の ping パケットの送信を行ったり、クラウドベースのストレージに写真を同期させるアプリケーションを使用したりと、多様なトラフィックが生じています。さらに、ローミング中も絶え間なく認証と同期を行うモバイルデバイスが増えているため、1 つのアクセスポイント(AP)から次のアクセスポイントへとシームレスに移動できなければなりません。

これらすべての要件が、無線接続が提供される建物内にユーザーが入った時点で、企業ネットワークにのしかかります。

The 802.11ac IEEE standard provides a platform to meet these growing future needs by implementing significant changes to the 802.11n standard for RF spectrum utilization.技術改良により、無線速度とスループット能力が大幅に向上されています。

802.11ac operates in the 5GHz band only.

802.11ac offers:

  • 帯域幅拡大とスループット向上。パフォーマンスを低下させることなく、複数のクライアントが同時接続できます。
  • 低遅延。より高品質な接続が可能になり、VoIP やビデオなどのリアルタイム・アプリケーションに対するサービス品質が高まります。
  • より効率的な電力消費。つまり、データ送信時の消費電力が低下します。

In planning for migration to 802.11ac it’s important to realize that 802.11ac AP density will be greater than 802.11a/b/g networks to meet user needs of for multiple devices, such as a smartphone, a tablet and a laptop.アップストリームとダウンストリームの両方に十分な帯域幅を確保できるように計画することが絶対不可欠です。これはつまり、受信範囲だけでなく、帯域幅とスループットも考慮しなければならないことを意味します。RF planning and surveying tools such as NETSCOUT’s AirMagnet Planner and Survey Pro will aid and simplify the design 802.11ac networks to ensure not just coverage but capacity is designed in from the start.

これら高速化が進む中、802.11ac AP に高速有線接続のほか、802.3at および 802.3af 要件を満たすより優れたパワー・オーバー・イーサネット(PoE)能力を提供するために、既存インフラを見直し、計画を立てることが重要です。これらのアップグレードが行われたら、給電およびスループット能力を検証することが重要になります。


無線ネットワークの設置後に、テストを行う必要もあります。802.11ac で期待されるスピードとスループットが、無線ネットワークで実際に達成されるかを検証することが賢明です。802.11ac 対応機器は、家庭用無線ルーター市場でより早く普及するものと考えられます。これにより、ノートパソコンを無線で接続するために、ユーザーが個人の 802.11ac デバイスを職場に持ち込むことも予想されます。こうした無許可の AP に外部の者が接続できる可能性があるため、重大なセキュリティ侵害になり得ます。そのため、不正 AP を発見するために使用する機器が、802.11ac に対応した AP を検出できなければなりません。

Most if not all the measurements discussed above can easily and quickly performed using a hand held tool such as NETSCOUT’s OneTouch AT Network Assistant that makes these measurements from a wired and wireless client’s perspective, saving time and money.

802.11ac の機能

ビデオ・ストリーミング、データベース検索、ファイル転送、ボイス・オーバー Wi-Fi、リアルタイムなセキュリティ・アプリケーションなど、安定した帯域幅を必要とするアプリケーションが増える一方で、巨大なデータファイルのバックアップやユーザー密度の高い環境(大学構内の講堂やオートメーション化された製造フロアなど)では、より多くの帯域幅を必要としています。

IEEE 802.11ac 規格は、過去の 802.11a や 802.11n ネットワークより 3~6 倍の無線データ速度を届けられるように設計されています。802.11ac 製品は、技術革命ではなく、802.11n 技術を進化させることでこれを成し遂げます。

特徴は、次の通りです。

  1. 送信・受信アンテナ数の増加(最大 8 空間ストリーム)
  2. チャネルボンディングが 40MHz から 80MHz へ(将来は 160MHz)
  3. 256QAMの変調方式による伝送
  4. マルチユーザー(MU)MIMO
ただし、802.11n とは異なり、802.11ac は 5GHz 帯しか使用しません。このため、Bluetooth、電子レンジ、アナログのセキュリティカメラ、DECT コードレス電話などによって生じる 2.4GHz 帯の干渉を受けることがないため、802.11ac 無線ネットワークをより堅固なものします。一方で、5GHz を放送用周波数帯に使用している国では、チャネルを選択する際に、電波探知も考慮しなければなりません。

802.11ac は、他の 5GHz 帯を使用する技術(802.11a/n)と後方互換性があります。つまり、「a」および「n」クライアントは、802.11ac に移行した AP に接続できることを意味します。ただし、これには代償が伴います。802.11a/n クライアントが無線ネットワーク上に存在すると、802.11ac クライアントが a/n の速度に落ちてしまいます。

初期の 802.11ac 製品は、一般的に 1.3Gbps のデータ速度を提供します。理論上、最大 9.6Gbps のデータ速度が可能な 802.11ac デバイスは、有線イーサネット接続を排除するトレンドを進行させ、アクセス・ネットワークをすべて無線 LAN に変えていく最も重要な位置付けにあります。

デバイス/ストリーム 802.11n 20MHz チャネルボンディング 40MHz 802.11ac 40MHz チャネルボンディング 80MHz
スマートフォン(1 ストリーム) 72Mbps 150Mbps 200Mbps 433Mbps
タブレット(2 ストリーム) 144Mbps 300Mbps 400Mbps 866Mbps
ノートパソコン(3 ストリーム) 216Mbps 450Mbps 600Mbps 1300Mbps
802.11n vs 802.11ac(データ速度対決)

802.11ac 機能の実現方法

802.11ac は、チャネル幅の拡大、変調方式および符号化の効率化、新しいビームフォーミングおよびマルチユーザー(MU)-MIMO機能といった802.11n 規格から進化した技術を使用しています。

チャネル幅の拡大
802.11n 無線ネットワークは、標準の 20MHz チャネル、または2 つの 20MHz チャネルを束ねた 40MHz チャネルを使用しています。チャネルボンディングは、従来の他の 802.11 ネットワークよりスピードを向上させるために 802.11n で用いられる大きな利点の一つです。

802.11ac はチャネルボンディングをさらに進化させ、第一世代の先発製品では 80MHz のチャネルボンディングが実現されます。第二世代では、最大 9.6Gbps までの高速化を可能にする 160MHz のチャネル幅を使用するオプションが提供されます。

160MHz
80MHz  
40MHz      
20MHz              
チャネル36 40 44 48 52 56 60 64

変調および符号化方式の効率化
802.11n は、符号化率が最大 5/6 の 64QAM(直交振幅変調)を使用しています。802.11ac では、オプションで選択できる 3/4 および 5/6 の符号化率の 256QAM が用意されており、スループットが 1.33 倍にもなります。ただし、この速度を実現するため、より多くの帯域やアンテナを必要とはしないものの、アクセスポイントから約 5-6 m(15-20 フィート)の範囲内の短距離通信でなければなりません。さらに、256QAM は、64QAM. を使用する 802.11n で求められるよりも、5~7dB 高い信号対雑音比(SNR)が必要になる可能性があります。


マルチユーザー MIMO - アンテナ数を増やして空間ストリーム数を増加
MIMO は、送受信用に複数のアンテナを使用する技術で、802.11n でも採用されています。これは、アンテナの数の分だけ、伝送できるトラフィック量を事実上増加させる技術です。802.11n では、送信用に最大 4 本、受信用に最大 4 本のアンテナを使用し、データ速度を 4 倍に向上できる潜在能力を持ちながらも、市場で販売されるほとんどの 802.11n 対応デバイスは、送受信用に最大 3 本しか備えていません。802.11ac 対応 AP には、最大 8 本の送受信アンテナを備えさせることができるため、データ速度をさらに高速化させる能力を持ちます。また、802.11ac では、複数のユーザーが同時に通信できるマルチユーザー(MU)MIMO を使用します。1 クライアントあたりに使用できるストリーム数は、理論上最大 4 つで、合計 8 つのストリームを複数のユーザーで共有できます。

MU-MIMO とビームフォーミング

ビームフォーミング
ビームフォーミングとは、無線信号を全方向に飛ばすのではなく、最も必要としているユーザーに向けて集中的に送ることにより、パフォーマンスとカバレッジを向上させる技術で、802.11n で初めて採用されています。

右の図では、ビームフォーミングと共にマルチユーザー MIMO 機能を使用することで、複数のユーザーに同時に送信しながら、どのようにそれぞれのアンテナで特定のユーザーの方向に RF ビームを送れるかを示しています。


802.11ac がネットワーク技術者に与える影響

802.11ac は、今日の無線に関する課題をすべて解決するソリューションのように聞こえることでしょう。しかし、802.11n が登場した時と同じように、まだ解決しなければならない数多くの問題点が存在します。複数の信号ストリームを使用して、より多くの帯域幅と速いスループットを提供する能力により、信号のマルチパス伝搬、「スマート」アンテナ設計、範囲、およびパフォーマンスが影響を受けます。その結果、AP の配備、RF 管理、最適化、およびトラブルシューティングの戦略にも影響があります。

無線帯域幅を拡大することは、その利益を最大限に得られるように、既存の無線インフラが 802.11ac 無線ネットワークの要求に応えられるようにする新たな要件を生じさせます。また、802.3AT、PoE+、802.2af 対応の 802.11ac アクセスポイントに対し、パワー・オーバー・イーサネット(PoE)で十分な電圧と電力を給電できるようにすることも重要です。

802.11ac 対応機器は、企業市場よりも前に、SoHo(スモールオフィス・ホームオフィス)市場で普及する可能性が高いため、製品開発サイクルの初期段階には、地元のコンピュータ販売店で家庭用の 802.11ac 無線ルーターが先に販売されることが予想されます。このため、企業ネットワークに現れる不正な無線ルーター機能を備えたデバイスなどの 802.11ac 対応機器がもたらす潜在的なセキュリティ・リスクを抑止するための方針や検出手順を取る必要があります。

すでに説明したように、新しい拠点を作るのではない限り、802.11ac へ移行することになるため、同じネットワークに 802.11a/b/g/n 機器が併存する可能性が大きいといえます。802.11ac には後方互換性があるため、802.11ac クライアントが他の機器の速度を低下させないように適切な設定することが重要です。


展開および移行

多くのメーカーは、802.11n から 802.11ac への大変革ではなく、進化が起きるものと予想しており、新たに拠点を作るのではない限り、現時点では既存の無線企業ネットワークに 802.11n ネットワークを展開することを推奨しています。802.11ac のアクセスポイントは、将来の保証のため、必要とされる帯域幅とスループットを提供できるように、互いに近接して配備することも重要です。利用できる 80MHz チャネルは少なく、それに増して 160MHz チャネルも少ないため、チャネルの割り当てや管理も考慮しなければなりません。国によっては、連続した 1 つの 160MHz チャネルしか使用できないため、これは非常に困難な場合もあります。ただし、802.11ac では 80+80 MHz チャネルボンディング(80+80 の不連続チャネル)をサポートしているため、160MHz チャネルを形成する 80MHz チャネルが限定されている問題の軽減となります。これらの理由から、企業ネットワークにおいて 160MHz のチャネルボンディングが大々的に使用される可能性は低いと考えられます。

米国 欧州
帯域 利用可能な 20MHz チャネル 20MHz 40MHz 80MHz 160MHz 20MHz 40MHz 80MHz 160MHz
UNII-1 36,40,44,48 4 2 1 1 4 2 1 1
UNII-2 52,56,60,64 4 1 1 4 2 1
100,104,108,112,116,120,124,128,132,136,140         11 5 2
UNII-3 149,153,157,161,165 5 2 1          
重複しないチャネル数 13 2 1 1 19 9 4 2
利用可能なチャネル

優れた無線ネットワークと設計を実現するには、無線計画およびサーベイ・ツール(AirMagnet プランナーやサーベイ Pro など)を使用して、アクセス・ポイントを配備し、ユーザー帯域やデータ速度の要件を満たします。ユーザー帯域は、1 人あたり 3 台のデバイスに基づいて計画することが推奨されます。複数の 802.11 技術が 1 つの無線ネットワークに混在する複雑な環境では、問題が存在する場所に持ち運びでき、有線または無線ネットワークに対する可視性を提供する携帯型ツールを持っていると便利です。有線・無線ネットワーク用に別々に用意することも、NETSCOUT の OneTouch AT ネットワーク・アシスタントなどのように、両方に対応したツールを使用できます。


有線ネットワークの帯域および電力要件

802.11ac により、無線帯域が拡大され、スループットが向上される中、有線ネットワークがこれをサポートできるようにしなければなりません。802.11ac AP のネットワーク・パスが、クライアント・サービスに対して複数のギガビット・イーサネット接続を提供できる能力を持っているか確認するために、スイッチやルーター機器を監査すべきです。802.11ac AP は、従来の AP よりも電力効率が優れていても、802.11ac AP の有線接続には、適切な 802.3at(「PoE+」)の電力が必要とされます。このため、有線接続と AP に給電される必要がある電力クラスの検証が欠かせなくなります。

接続ポートの速度と、クライアント、ルーター、または別のネットワーク周辺機器との間のネットワーク・パスの帯域の余裕をスイッチごとに確認するには、OneTouch AT ネットワーク・アシスタントが役立ちます。これを使えば、パス分析テストを実行し、パス内に存在するデバイスと各デバイス間の応答時間が分かります。また、パス内のデバイスを選択することで、ポートの入出力トラフィックとポート速度などの詳細も得られます。

OneTouch AT は、AP とゲートウェイまたはルーター間の LAN に存在するスイッチを検出し、各ポートの速度を識別して、802.11ac の速度をサポートできるか特定できます。


OneTouch AT のパフォーマンス・テストで、AP の有線リンクのパフォーマンスを確認できます。最大 1Gbps の上りおよび下りスループットのほか、損失と遅延も測定できます。

802.11ac AP の有線接続と PoE 能力をテストできます。AP に接続すると、自動的にテストが実行され、負荷がかけられたその AP の位置で利用できる TruePower™ が表示されます。


セキュリティ

スモールオフィス/ホームオフィス用の 802.11ac 機器メーカーは、他のメーカーに先駆けて 802.11ac 対応の無線ルーターを発売することでしょう。すでに説明したとおり、これらの機器が企業ネットワークに持ち込まれる可能性は高いと考えられます。地元のコンピュータ販売店で、802.11ac 無線ルーターのパッケージに記載される広告文を読めば、最大 1.3Gbps の速度を謳っていることに気付くことでしょう。こうした宣伝文句により、ユーザーはこれら機器を使えば、ノートパソコンから職場のネットワークに 1Gbps の速度で無線接続できると信じることになります。残念ながら、これは企業ネットワークに重大なセキュリティリークをもたらす可能性もあります。自社ネットワークでこのようなことが起きないようにするため、802.11ac 対応の不正機器を検出できる 24 時間 365 日対応の侵入検知システム(IDS)または侵入防止システム(IPS)を使用する必要があります。しかし、この種のシステムを持っていない場合には、802.11ac 機器を発見し、それらを分類して、802.11 ac 対応の不正機器の位置を特定できる携帯型の無線ツールを使用できます。持ち運びできる OneTouch AT は、問題となる機器の物理的位置を特定できる頼りになるツールです。

OneTouch AT には、ネットワークで発見された AP の有線ポート/スイッチを無線側から検出できる独自の「クロスリンク」検出機能を備えています。これにより、不正機器のネットワーク・アクセスを迅速に無効にできます。

802.11ac アクセス・ポイントを発見すると、信号レベルに基づいてその物理的な場所を特定することができます。OneTouch AT の位置特定機能を使えば、セキュリティ脅威を軽減するために不正機器を突き止めたり、移動、追加、または動作を変更するアクセス・ポイントを見つけられます。



OneTouch AT は、ビーコンの詳細情報を解読することで、802.11ac 対応アクセス・ポイントを発見・分類できます。Discovered 802.11ac access points are reported under the AP tab as well as in Network, Client and Channel lists and marked with an 802.11ac icon.メディアの種類による並べ替えに 802.11ac も含まれるため、発見されたアクセス・ポイントの一覧内の 802.11ac アクセス・ポイントの可視性を高められます。このため、不正機器やすばやく見分けたり、新しい展開された 802.11ac アクセス・ポイントで構成されるネットワークを見直せます。

ネットワーク内の既知の AP にタグ付けおよび名前付けできるため、OneTouch による不正機器の検出が迅速かつ簡単になります。


接続性、トラブルシューティング、および最適化

802.11ac 無線アクセス・ポイントが設置されると、従来の 802.11a/b/g/n との混在ネットワークまたは 802.11ac の新設拠点であるかを問わず、802.11ac 対応クライアントがさらなる速度のメリットを享受できるように、実際に 802.11ac の設定を使用して接続しているか確認することが重要です。第 1 世代の 802.11ac AP 製品は、ピアとなる 802.11ac クライアントが必要になります。これは、3 ストリームの 80MHz チャネル接続は、規格が一致した AP/クライアントのペアでのみサポートされることを意味します。

クライアントが 802.11a/b/g を使用して接続している場合、自身の速度が低下するだけでなく、他のユーザーの接続も遅くさせることになります。

802.11ac は、802.11a/b/g/n 対応のレガシー・クライアントと後方互換性があります。リンクを確立し、ネットワーク・アクセスできる能力を検証することは、接続問題を解決するために重要です。OneTouch AT には、802.11ac ネットワークとアクセス・ポイント用の接続ツールが備えられています。この[Results(結果)]画面に加え、接続プロセスの完全なログが[Log(ログ)]タブに表示され、関連付け、認証、または IP アドレス・プロセスのどこに問題が存在するか簡単に特定することができます。

OneTouch AT は、802.11ac AP の検出、AP の詳細情報の表示、許可ステータスに基づく 802.11ac AP の分類、802.11ac AP の位置特定、802.11ac ネットワークへの接続、関連付けされたクライアントの発見とクライアントの詳細情報の表示、2.4GHz および 5GHz チャネルの分析、802.11ac の管理フレームおよび制御フレームのキャプチャー、クライアント接続の検証、エンドユーザー体験の測定を行えます。

OneTouch AT は、802.11ac 対応アクセス・ポイントに関連付けられたすべてのクライアントを報告します。このクライアント情報により、802.11a、b、g、n、または ac 対応クライアントであるかを問わず、802.11ac を使用して接続しているべきクライアントを簡単に発見できます。


ローミング

企業ネットワークにおける BYOD(Bring Your Own Devices: 個人所有デバイスの持ち込み)の数が増加の一途をたとる中、無線アクセス・ポイント間をシームレスにローミングすることは、日常的な要件になりつつあります。さらに、データ、音声、ビデオなどの数多くのアプリケーションが実行されるこれらのモバイル機器やその他のデバイスは、持続的な接続に依存しています。たった一瞬の接続ロスでも通信が中断され、ユーザーの生産性に悪影響を及ぼす可能性があります。Wi-Fi ローミング・テストを実施することで、クライアントが同じネットワークまたは SSID で、接続を失うことなく 1 つの AP から別の AP に移動できるかを検証できます。PC、電話、およびその他のモバイル・デバイスを含むクライアントのローミング・トランザクションに関する詳細情報を調査し、ネットワークのカバレッジ、輻輳、または干渉が、低質なローミングに起因するか判断するために、信号レベル、ノイズ、チャネル番号、再試行回数を確認すべきです。これらのパラメータは、AirMagnet WiFi アナライザーのほか、OneTouch AT をはじめとする携帯型の高度な機能を備えた無線アナライザーでキャプチャーし、確認することができます。

OneTouch AT は、Wi-Fi 接続とローカル・ネットワークの正常性に関するサマリーを提供します。ローミング情報には、AP の MAC アドレス、接続チャネルのセキュリティ方法、およびネットワークの健全性に関する統計情報が含まれます。これらのメトリクスは、クライアントの接続やパフォーマンスに影響を与えるネットワークのカバレッジ、輻輳、または干渉問題の重要な指標となります。統計情報ごとに、現在値、最小値、最大値、および平均値が表示され、しきい値/制限値を超える測定値に対して警告が報告されます。

Wi-Fi test log details each roaming events during a walk through.If roaming fails, it reports the cause of failure such as no matching AP for connected SSID found.This can be an indication of a coverage dark spot or an AP that has gone off line to site a couple of root cause examples.


スループットおよびサービス可用性

802.11ac ネットワークを設計・設置する最終目標は、必要とされるユーザー帯域、スループット、およびネットワークの応答時間の要件を満たすことにあります。これらの設計基準を満たすことで、アプリケーションを問わず、優れたサービスをユーザーに提供することができます。これには、ビデオ・ストリーミング、VoIP、大きなファイルのダウンロード、電子メールなどが考えられます。そのため、これらパラメータを測定し、パフォーマンスを検証できる能力は、クライアントとサーバーまたはアプリケーション間のパスで何が起きているのか把握するうえで大きな利点となり得ます。これらの測定は、LAN からネットワーク・コア、そして WAN リンクからクラウド・サービスやリモート・オフィスの建物まで行います。有線と無線ネットワークの比較結果は、問題が無線ネットワーク特有のものか判断するうえで貴重な情報になります。

これらテストの実施後、スループットや応答時間が満足いくものか、結果を吟味する必要があります。テストはネットワークによって異なり、またどこから・どこに対して測定が行われるかによっても異なります。各種クライアントからさまざまなサービスに対し、これらのパラメータを定期的にテストすることで、何が正常であるかを理解するのに役立ち、問題が発生した時にそれを発見することが容易になります。テストの結果が満足できるものであるにもかかわらず、依然としてクライアントから応答時間についての苦情がある場合は、エスカレーションまたはさらなる分析のために、クライアントとアクセス・ポイント間(インライン)のトレースをキャプチャーする必要があるかもしれません。

OneTouch AT があれば、アプリケーションの接続速度やスループットの検証が簡単に行えます。FTP、電子メール、ビデオおよびウェブ接続などの各種アプリケーション・テストをプロファイルに含め、有線および無線接続から同時にテストして、両アクセス方法を直接比較できます。

OneTouch AT には、有線または無線接続を通して別の OneTouch ピアまたは LinkRunner AT へのスループットをテストする能力が備わっています。この強力な機能により、ネットワーク技術者は、コア・ネットワーク、サーバー、およびリモート拠点までのトラフィック・スループットを迅速かつ簡単に検証できます。

アプリケーション・テストまたはサービス・テストの結果から異常が発見されなかったにもかかわらず、アプリケーションのスループットや応答時間に関するクライアントからの苦情がなくならないことも考えられます。この場合、OneTouch には、エスカレーションまたはプロトコル・アナライザーによるさらなる分析向けにパケットを収集するため、AP と有線または無線ネットワークとインライン接続できる能力が備わっています。プロトコル・アナライザーには、フルーク・ネットワークスの ClearSight などのように、アプリケーションのパフォーマンス問題に対して迅速な答えを提供するアプリケーション重視のアナライザーがあります。


概要

With the 802.11ac standard, network technicians, engineers and IT management should make plans for how they will implement 802.11ac in their network site by site.この新技術をどのように導入し、既存の企業ネットワークに求められる変更を考慮しなければなりません。必要とされるユーザー帯域やスループットに影響を及ぼすユーザー密度を、特に検討する必要があるでしょう。これに基づいて、アクセス・ポイントの配置や、既存の有線インフラを 802.3at 準拠の電力供給、および無線アクセス・ポイントへの複数のギガビット接続を可能にするアップグレードの必要性が決まります。802.11ac 対応の家庭用無線ルーターが販売開始される中、不正な 802.11ac 機器を確実に発見できるようにネットワーク・セキュリティを見直す必要があります。そして、無線ローミング能力、ユーザー・アプリケーションおよびサーバーの応答時間を検証したうえで、何が正常であるかを把握し、または 802.11ac の導入によって得られたメリットを理解すべきです。

OneTouch™ AT ネットワーク・アシスタントについて

Onetouch™ AT ネットワーク・アシスタントは、エンドユーザーのギガビット・イーサネットおよび Wi-Fi ネットワークのパフォーマンスを把握できる自動化されたオールインワン型テスターです。ツイスト・ペア、光ファイバー、および Wi-Fi の各種テストを組み合わせることで、数え切れないほどの問題を解決できます。合否判定機能を備えた自動テストにより、問題の特定がよりスピーディーになります。自動テスト・プロファイルで、トラブルシューティングとパフォーマンス検証を標準化できます。リモート・ピアやリフレクターに対し、有線および Wi-Fi のエンドツーエンドのパス・パフォーマンスを測定して、SLA コンプライアンスをドキュメント化できます。インライン VoIP 分析機能により、リアルタイムで IP 電話をトラブルシューティングし、通話品質を測定できます。Wi-Fi および有線に対応したインライン・パケット・キャプチャーにより、コラボレーションと問題のエスカレーションが効率化されます。検出・分析機能は、有線および Wi-Fi ネットワークに対する可視性を提供します。ケーブルからサーバーへの包括的なテストで、問題の根本原因を突き止められます。

Walk through the most common user test cases of the OneTouch AT Network Assistant with a virtual demo:enterprise.netscout.com/network-tester-onetouch-at

 
 
Powered By OneLink