802.11ac 無線ネットワークがネットワーク技術者に与える影響
|アプリケーション・ノート|

802.11ac 無線ネットワークがネットワーク技術者に与える影響

802.11ac規格は、ワイヤレス・ネットワーク上で向上したパフォーマンスとエンド・デバイスの機能を実現する可能性をもたらします。これにより、BYODS(自分のデバイスの持ち込み)スマートフォン、タブレットや新世代 M2M(マシン・ツー・マシン・デバイス)、そしてIoT(モノのインターネット)など、ワイヤレス・エンド・デバイスの多様化にエンタープライズ・ネットワークが対応することが可能になります。このホワイトペーパーでは、802.11acがネットワークにもたらす主な強化機能、802.11acへの移行に伴う課題、そしてネットワーク運用チームがこれらの課題に対応する準備をどのようにできるか、について検討します。

要約

エンタープライズにおいて BYODへの注目が高まる中、ネットワーク設計者は、最大 3 個のネットワークに接続されたデバイス (特にもっとも多く使用されているスマートフォン、タブレット、PC ) をネットワークの各クライアントが所有していると予想します。最近の第 2 世代M2M や IoT デバイスの人気の高まり、そしてエンタープライズに起きている BYOT (自分のデバイスの持ち込み) への期待から、クライアントとエンド・デバイスの比率は、2022 年までに最大 5 に増加することが予測されます。ワイヤレス・エンド・デバイスの機動性から流動的な分布を示す、より高いエンド・デバイス密度に必要な要件が増えています。トラフィックのプロファイルも変わりつつあります。これまではダウンロード・トラフィックがアップロードよりも多いことを予想していました。今日では、スマートフォンやタブレットは、絶えずメールの送受信や、Keep-Alive pingの送信を行い、さらにクラウドベースのストレージに写真、ビデオ、ファイルのアップロードを行うアプリケーションを搭載しています。IoTs(IE セキュリティ・カメラ)は絶えずクラウドにビデオ・ストリームを送信している場合があります。さらに、モバイルデバイスはローミング中も絶え間なく認証と同期を行うため、1 つのアクセスポイント(AP)から次のアクセスポイントへのシームレスなローミングが要求されます。Wi-Fi 対応のエンド・デバイスが建物に入り、Wi-Fi ネットワークと接続が確立され次第、上記のすべての活動がエンタープライズ・ネットワークに起こります。802.11ac Wi-Fiネットワークは、大幅に向上した容量とスループットから生じる、これらの高まるニーズを満たす最新のプラットフォームです。可能性を実現するには、ネットワーク運用チームは、802.11acワイヤレス・ネットワークの計画、展開、管理を行う際、各自のスキルにさらに磨きをかける必要があります。

複数のデバイスと接続を維持するというユーザーのニーズを満たすには、アップストリームとダウンストリームに対して十分な帯域幅を考慮することが不可欠です。これはつまり、受信範囲だけでなく、帯域幅とスループットも考慮しなければならないことを意味します。NETSCOUT の AirMagnetプランナー、およびサーベイ PROといったRF計画およびサーベイ・ツールは、受信範囲だけでなく、はじめから容量を確実に考慮するように、802.11ac ネットワークの展開の設計と検証を支援し、その作業の簡素化を図ります。

これら高速化が進む中、既存の有線インフラを見直すること、また 802.11ac APに高速有線接続とともに、802.3atまたは 802.3af要件を満たす、より優れたパワー・オーバー・イーサネット (PoE)機能を提供する計画を立てることが重要です。さらに、ゲスト用または企業ユーザー用など、トラフィックを分離させるために、APごとに複数のSSIDが使用される状況では、スイッチ・ネットワーク内の複数のVLANのプロビジョニングに対して慎重なマッピングと管理が要求されます。

無線ネットワークの設置後に、テストを行う必要もあります。802.11acで期待されるスピードの向上を考えると、ネットワークがユーザー・トラフィックでロードされている間に、ネットワーク上で期待されるスピードとスループットが実際に達成されるかを検証することが賢明と言えます。802.11acは急速に成熟化しているため、ユーザーがラップトップで便利なワイヤレス接続を利用したり、IoT デバイスからクラウドへデータをキャストするために、802.11ac デバイスを職場に持ち込むことはまれなことではありません。これにより、外部者がこの未承認のAPに接続したり、クラウド・ベースのIoTデバイスから DDoS攻撃をトリガーする機会を与えるような重大なセキュリティ違反の恐れがあります。そのため、不正APの検出に使用するデバイスはすべて、802.11ac対応の未承認のAPを検出できなくてはなりません。上述の測定のほとんどは、NETSCOUTのOneTouch ATネットワーク・アシスタントなどのハンドヘルド型ツールを使用して、有線および無線クライアントの視点から簡単かつ迅速に実行でき、その過程で時間とコストを節約します。

802.11acの機能

802.11ac IEEE規格は、従来の802.11aや 802.11nネットワークに比べ、3 〜 6 倍の速度でデータ・ネットワーク・レートを達成できる、可用性がより高く、オーバーラップしていないチャネルのみの5 GHz帯域で動作するように設計されています。802.11ac 製品は、技術革命ではなく、802.11n 技術を進化させることでこれを成し遂げます。現在市場で販売されている802.11ac機器のほとんどはWave 1であり、以下の表が示すように、進化による向上しか実現できません。

特長 802.11n* 802.11ac Wave 1* 802.11ac Wave 2+
802.11nと802.11ac機能の比較
*:これらは802.11nと802.11ac Wave 1機器の代表的な機能です
動作周波数帯域 2.4GHzおよび5GHz 5 GHz 5 GHz
送受信アンテナの最大数 4 4 8
空間ストリーム 3 3 4-8
最大チャネル・ボンディング 40 MHz 80 MHz 160 MHz
伝送変調 64 QAM 256 QAM 256 QAM
MIMO シングル・ユーザー3x3 シングル・ユーザー3x3 マルチ・ユーザー 8 x 8

Wave 1 802.11a製品は 1.3 Gbpsのデータ・レートの達成を保証します。ただし、このレートを達成するには、クライアントとAPの両方が少なくとも 3 つのストリームで動作し、80 Hz以上の帯域または結合チャンネルを介して通信していることが必要となります。単に802.11acネットワークに接続するだけではスループットの向上は保証されません。同様に、Wave2+ APが利用可能である場合は、速度を向上させるだけでなく、利用可能な電波の使用率を最適化するには、クライアントはWave 2+ AP 用 MU-MIMOをサポートできなくてはなりません。

802.11n 802.11ac
デバイス/ストリーム 20 MHz チャネル・ボンディング
40 MHz
40 MHz チャネル・ボンディング
80 MHz
802.11n vs 802.11ac(データ速度対決)
スマートフォン(1 ストリーム) 72 Mbps 150 Mbps 200 Mbps 433 Mbps
タブレット(2 ストリーム) 144 Mbps 300 Mbps 400 Mbps 866 Mbps
ノートパソコン(3 ストリーム) 216 Mbps 450 Mbps 600 Mbps 1300 Mbps

802.11acは、その他の5 GHz Wi-Fi規格(802.11aおよび802.11n)と下位互換性があるはずです。つまり、「a」および「n」クライアントは、802.11ac に移行した AP に接続できることを意味します。ただし、これには代償が伴います。802.11a/nクライアントが無線ネットワーク上に存在する場合に回線速度の遅いクライアントが利用可能な電波を占領していると、電波を送信中、802.11acクライアントは802.11a/n 速度に低下します。また、ここで注意すべき重要な点は、Wi-Fi対応のクライアントがネットワーク上に存在する場合は必ず Wi-Fiネットワークのスキャンが実行されることです。このWi-Fiクライアントによるシンプルな操作によって常にまず可能な限り低い速度に戻り、Wi-Fiネットワークに接続されていないとしても、結果的にこのプロセス中に貴重な電波が取得されます。同様または隣接のチャネル帯域上に存在するAP とクライアントのタイプを認識することは、ネットワークのパフォーマンスを妨害する可能性のあるものを理解し、実行可能な洞察を得ることに役立ちます。

802.11ac無線ネットワークは、無許可の5 GHz周波数でのみ動作し、Bluetooth、電子レンジ、アナログ・ワイヤレス・セキュリティ・カメラなどに起因する、2.4 GHz帯域幅を脅かす干渉の影響を受けないことから、堅牢性が高いと見られています。しかし、5.8 GHzの電話やIoTなど、同じ5 GHz 帯域で動作する新世代のワイヤレス・デバイスもすでに現れ始めています。5 GHz帯域をブロードキャスト用に使用している国では、チャネルを選択する際に、電波探知も考慮しなければなりません。5 GHz RF帯域が決してWi-Fiネットワークを干渉することがないように、展開中と展開後にRF環境への可視性を得ることが重要です。

802.11acがネットワーク技術者に与える影響

802.11acはすでに事実上Wi-Fiの採用規格となっています。ただし、上記のとおり、802.11acは新たな期待をもたらすと同時に、独自の限界があります。ネットワーク運用チームは、802.11acの展開時に、ネットワーク・エンジニアと技術者の間で、構成、認証、範囲、パフォーマンスへの期待などに関する知識を一致させる必要があります。ネットワーク・エンジニアと技術者は、以下のタスクの実行中により効果的に作業を行えるように、結合チャネル、空間ストリーム、チャネル帯域のほか、重要なアプリケーションとネットワーク・パフォーマンス・パラメータに対する合否条件など、802.11acのユニークな特性を把握する必要があります。

展開および移行

  • 範囲と接続性
  • ローミング動作
  • RF健全性と干渉

スループットおよびサービス可用性

  • 有線ネットワークの機能とサービスのプロビジョニング
  • 複数のAPのアクセスビリティとパフォーマンス

セキュリティ

  • セキュリティが制御されていないAPや、会社の SSIDを使用する未承認のAPなどの不正デバイス
  • 承認されたAPおよびエンド・デバイスの文書化

展開および移行

範囲と接続性の比較

802.11acは、利用可能なオーバーラップしていないチャネルをより多く含む5 GHz周波数帯域のみで動作します。ほとんどの02.11acの展開は、従来のWi-Fi APよりも近接度が高い802.11ac のアクセス・ポイントをまとめることで、より高いエンド・デバイス密度と可用性に対して最適化されています。これにより、増加しているエンド・デバイスとクライアントの比率に対応する、今後に向けたWi-Fi ネットワークの基礎を固めることが可能になります。さらに、APの信号出力は隣接するAPへの干渉を軽減するように調整ができます。ここで重要な点は、展開後のサービス・エリアと、高い可用性とユーザーの機動性を必要とするアプリケーション向けのモバイル・エンド・デバイスのローミング特性を検証することです。

米国 欧州
帯域 利用可能な 20 MHzチャネル 20 MHz 40 MHz 80 MHz 160 MHz 20 MHz 40 MHz 80 MHz 160 MHz
利用可能なチャネル
UNII-1 36,40,44,48 4 2 1 1 4 2 1 1
UNII-2 52,56,60,64 4 1 1 4 2 1
100,104,108
112,116,120
124,128,132
136,140
11 5 2 1
UNII-3 149,153,157
161,165
5 2 1
重複しないチャネル数 13 2 1 1 19 9 4 2

さらに、Wi-Fiアーキテクトは、使用する最大帯域幅を決定するためにチャネルの割り当てと管理を検討します。設計者が 40 MHzの結合チャネル、さらにクライアントごとの利用可能な電波がプレミアムであるトラフィック量とエンド・デバイス密度の高いエリアの20 MHzチャネルを使用することは珍しくありません。80 MHzや160 MHz結合チャネルは、高スループットが不可欠であるエリア専用に確保されます。展開前後に、APの配置に対してチャネルの選択が最適であるかを確認するために、RF環境サーベイを実施することは不可欠です。また、ネットワーク技術者がクライアントの苦情からパフォーマンスの低下をトラブルシューティングする際、エンド・デバイスのWi-Fiネットワークへの接続性だけでなく、接続されたAPが提供できるチャネル幅やエンド・デバイスが使用する空間ストリームの数を確認する機能が利用可能であることが重要です。

優れた無線ネットワークと設計を実現するには、無線計画およびサーベイ・ツール(AirMagnetプランナーやサーベイ Proなど)を使用して、アクセス・ポイントを配備し、ユーザー容量やデータ転送速度の要件を満たします。ここで注意すべき点は、エンド・デバイス、BYODやIoTのほとんどは単一のアンテナまたは空間ストリームのみに対応しますが、ユーザー容量を設計する際は、ユーザーにつき3 〜 5個のデバイスを考慮することです。

また、単一の無線ネットワーク上に複数の802.11 テクノロジーが集められた状況では、現場の有線ネットワークのスポット・チェックを素早く実行するために持ち運びできる、NETSCOUTの OneTouch ATネットワーク・アシスタントや AirCheck G2などのハンドヘルド型モバイル・ツールを備えていると便利です。トラブルシューティング中:接続性と各APによってサポートされている結合チャネルを検証し、802.11acクライアントが達成可能なパフォーマンス・レベルを判断します。たとえば、500 Mbps以上のスループットを実現するには、802.11ac APとエンド・デバイスの両方が3つの空間ストリームと単一の80 MHzチャネルの接続をサポートする必要があります。クライアントが802.11aを使用して接続している場合、そのクライアントの速度が低下するだけでなく、その他のユーザーの接続も遅くさせることになります。

OneTouch ATは、802.11ac APを検出し、次を含む、APの詳細を提供することができます。認証ステータス、サポートされているSSID、信号とノイズ強度による .11ac APsの分類、関連付けられているクライアントとクライアントの詳細、使用されている2.4および5GHzチャネルの検出。802.11ac APの検出や接続などを行う高度なツール、さらに802.11ac管理フレームやコントロール・フレームのキャプチャ。

リンクを確立し、ネットワーク・アクセスできる能力を検証することは、接続問題を解決するために重要です。OneTouch ATは、802.11acネットワークとアクセス・ポイントに接続することができます。この[Results(結果)]画面に加え、接続プロセスの完全なログが[Log(ログ)]タブに表示され、関連付け、認証、または IPアドレス・プロセスのどこに問題が存在するかをここで簡単に特定することができます。

OneTouch ATは、検出する802.11ac APに関連付けられた全てのクライアントを報告します。サポートされているストリーム数、使用されているチャネル幅を含む、クライアントの詳細情報を提供し、クライアントとの接続性やパフォーマンスの問題の検出を簡素化します。

ローミング解析

企業ネットワークにおけるBYOD(Bring Your Own Devices: 自分のデバイスの持ち込み)の数が増加の一途をたどる中、無線アクセス・ポイント間をシームレスにローミングすることは、日常的な要件になりつつあります。さらに、データ、音声、ビデオなどの数多くのアプリケーションが実行されるこれらのモバイル機器やその他のデバイスは、持続的な接続に依存しています。たった一瞬の接続ロスでも通信が中断され、ユーザーの生産性に悪影響を及ぼす可能性があります。ローミングしきい値の調整が可能な Wi-Fi ローミング・テストは、同じネットワーク内である AP から別の AP に移動する際に、エンド・デバイスのローミング・エクスペリエンスをエミュレートできます。これは、サービス・エリア内のデッド・ゾーンに対するクイック・チェックとして機能します。

より高度な状況では、PC、電話、およびその他のモバイル・デバイスを含むクライアントのローミング・トランザクションに関する詳細情報を調査し、ネットワークのサービス・エリア、輻輳、または干渉が低質なローミングに起因するか判断するために、信号レベル、ノイズ、チャネル番号、再試行回数を確認すべきです。これらのパラメータは、技術者がNETSCOUT OneTouch ATなどのハンドヘルド型ツールを使用して容易にキャプチャし、AirMagnet Wi-Fiアナライザーを使用して高度な解析用にエンジニアに共有することができます。

OneTouch AT は、Wi-Fi 接続とローカル・ネットワークの正常性に関するサマリーを提供します。ローミングの詳細には、AP、MACアドレス、接続チャネル番号、セキュリティ方法、およびネットワークの健全性に関する統計情報が含まれます。

OneTouch ATは、サイトの調査中に各ローミング・イベントのログを記録します。ローミングに失敗した場合、接続されたSSIDと一致するAPが見つからないなどの失敗の理由が報告されます。これは、サービス・エリア内のデッド・ゾーンまたはAPがオフラインの状態という症状の可能性があります。

RFの健全性と干渉

802.11ac Wave 1機器で動作しているネットワークを含む、全てのWi-Fiネットワークは、ハーフ・デュプレックス(半二重)モードで動作します。802.11ac Wave2+ APの場合でさえ、クライアントがマルチ・ユーザーMIMOをサポートできない限り、単一のエンド・デバイスのみがAPとの任意の一方向の通信を行うことができます。そのように、RF干渉が存在する場合、同じ周波数帯域で動作しているWi-Fiデバイス、またはコードレス電話や独自のIoTデバイスなどの802.11 非対応要因のいずれかによって、Wi-Fiネットワークのユーザー・エクスペリエンスが大きく影響されます。ここで重要な点は、運用に影響する可能性があるネットワークによって使用されているRFチャネルへの可視性がネットワーク技術者にあることです。NETSCOUT AirCheck G2やOneTouch ATなどの専用ハードウェアを装備したツールは、貴重な帯域幅を占領する潜在的な干渉源を発見するために、非ブロードキャストAPのほか、非802.11 RF信号を検出するように設計されています。OneTouch ATは、干渉を迅速に特定して切り分けるために、一般的な非802.11の干渉タイプの特定と検出を行う特殊な機能を搭載しています。

OneTouch ATは、2.4と5GHz帯域幅の両方のWi-Fiチャネルを全て表示します。 各帯域のAP数および非802.11の干渉によって影響を受けているチャネルはハイライト表示されます。

OneTouch ATは、各チャネル帯域に対して帯域幅がどのように活用されているか、またチャネルを使用しているSSID、AP、クライアント、および干渉の数を表示します。

OneTouch ATには、干渉の検出とネットワークからの除去を簡素化するために、干渉のタイプ、および最後の90 秒間での干渉のネットワークへの影響度を割り出す特殊な機能が搭載されています。

有線ネットワークの帯域および電力要件

802.11ac により、無線帯域が拡大され、スループットが向上される中、有線ネットワークがこれをサポートできるようにしなければなりません。802.11ac APのネットワーク・パスに、クライアント・サービスに対して複数のギガビット・イーサネット接続を提供できる能力があることを確実にするように、スイッチとルーター機器の検査が行われる必要があります。これは、訪問者や社員など、さまざまなタイプのユーザーへの接続性を提供するために、APのほとんどが複数のSSIDをサポートする場合に特に重要になります。セキュリティを確保するため、Wi-Fiネットワーク・アーキテクトは、スイッチにプロビジョニングされた適切なVLANを利用して、訪問者による重要な企業資産へのアクセスを防止するためにトラフィックを分離する場合があります。Wi-Fiの展開前に、会社の業務を遂行するために確保されている資産へのアクセスが社員に制限されており、ゲストWi-Fiネットワークに接続されているゲストに許可されていないことを確認するために、これらのVLAN構成の端末相互間をチェックする必要があります。

ほとんどの802.11acは、APへの電源ケーブルの追加的な配線コストを削減するためにPoEによって電力供給を受けます。802.11ac APはその他の従来型 APよりも電力消費が効率的でありながら、802.11ac APのワイヤード接続は現在もまだ 802.3at 「PoE Plus またはタイプ 2」」スイッチあるいはミッドスパンから利用可能なより高いワット数を必要とします。ネットワーク技術者は、スイッチ・ポートのPoEタイプを検証する作業を担います。トラブルシューティング中、これはすべてのスイッチ・ポートに電力を供給できない、より経済的なスイッチを導入する際に特に重要になります。 NETSCOUT LinkRunner ATやOneTouch ATなどの技術者用ツールは、ネットワークへの速度と接続性を検証する統合機能のほか、APに接続されるスイッチ・ポートのPoEの電圧とワット数を提供します。

OneTouch ATは、特定のVLAN に直接接続するように構成し、重要な資産がアクセス可能であるかどうかを確認することができます。構成はプロファイルに保存でき、 その情報は現場の技術者が素早く作業を行えるように回収できます。これは複雑な VLANインフラストラクチャに依存する Wi-Fi APの展開前に、スイッチのプロビジョニングを確認する際に特に有用です。

OneTouch ATのパス解析は、APとゲートウェイまたはルーター間のLAN内のスイッチを検出し、各ポートの速度とVLAN構成を識別します。これは、802.11ac速度に対応できなかった箇所と VLANインフラストラクチャが企業資産を保護できなかった箇所を分離する際に役立ちます。

OneTouch ATのパフォーマンス・テストで、APへの有線リンクのパフォーマンスを確認できます。最大1Gbpsの上りおよび下りスループットの他、損失と遅延も測定できます。

802.11ac APの有線接続とPoE能力をテストできます。スイッチ・ポートに接続すると、自動的にテストが実行され、そのAPで利用できる TruePowerTMが表示されます。

スループットおよびサービス可用性

802.11acネットワークの設計とインストールの最終目的は、ユーザーがビデオのストリーミング、VoIPを使用したコール、そしてファイル、電子メールなどのアップロード / ダウンロードを実行中に求められるユーザー・エクスペリエンスを満たすことです。エンド・ツー・エンドのネットワーク・パフォーマンスを測定する能力は、クライアントとサーバーまたはアプリケーション間のパスで何が起きているのか把握するうえで大きな利点となり得ます。これらの測定は、LANからネットワーク・コア、そしてWANリンクからデータ・センターやリモート・オフィスの建物まで行う必要があります。有線ネットワークとWi-Fiネットワークの比較結果は、問題がWi-Fiネットワーク特有のものか判断するうえで貴重な情報になります。

これらテストの実施後、スループットや応答時間が満足いくものか、結果を吟味する必要があります。テストはネットワークによって異なり、またどこから・どこに対して測定が行われるかによっても異なります。チーム間で合否条件の情報を共有することは、効果的な診断とトラブルシューティングに不可欠です。各種クライアントからさまざまなサービスに対し、これらのパラメータを定期的にテストすることで、何が正常であるかを理解するのに役立ち、問題が発生した時にそれを発見することが容易になります。テストの結果が満足できるものであるにもかかわらず、依然としてクライアントから応答時間についての苦情がある場合は、アプリケーション・チームまたはWANサービス・プロバイダーなどのサードパーティによるエスカレーションまたはさらなる分析のために、クライアントとアクセス・ポイント間(インライン)のトレースをキャプチャする必要があるかもしれません。

タブレットやノートPCなどの標準デバイスを使用して、サーバーへのリンクで許容可能な最大スループットを推定できるiPerfなどの市場で入手可能なスピード・テストがあります。しかし、これらのテストはハードウェアにより限界があるため、ネットワーク負荷を正確にかけることはできません。NETSCOUT OneTouch ATなどの特殊化されたテスト・ハードウェアを装備したテスト・ツールは、Wi-Fiまたは有線に関わらず、ネットワーク負荷が軽減されている間に潜在的な問題を十分に利用するために、はるかに高いネットワーク負荷を生成することができます。

OneTouch ATがあれば、アプリケーションの接続速度やスループットの検証が何よりも簡単に行えます。FTP、電子メール、ビデオおよびウェブ接続などの各種アプリケーション・テストをプロファイルに含め、有線および無線接続から同時にテストして、両方のアクセス方法を直接比較できます。

OneTouch ATには、有線または無線接続を通して別のOneTouch ATピアまたは LinkRunner AT へのスループットをテストする能力が備わっています。この強力な機能により、ネットワーク技術者は、コア・ネットワーク、サーバー、およびリモート・サイトまでのトラフィック・スループットを迅速かつ簡単に検証できます。

アプリケーション・テストまたはサービス・テストの結果から異常が発見されない場合もありますが、アプリケーションのスループットやレスポンス・タイムに関するクライアントからの苦情はなくならないでしょう。OneTouch ATには、エスカレーションまたはプロトコル・アナライザーによるさらなる分析向けにパケットを収集するため、APと有線または無線ネットワークとインライン接続できる能力が備わっています。プロトコル・アナライザーには、 ClearSight Analyzerなどのように、アプリケーションのパフォーマンス問題に対して迅速な答えを提供するアプリケーション重視のアナライザーがあります。

ネットワーク・セキュリティ

市場にはスモール・オフィス / ホーム・オフィス用 802.11ac無線ルーターが数多く販売されています。さらに、カメラなどの増大を続けるIoTデバイスは、最終的にエンタープライズ・ネットワークに到達すると考えられます。残念ながら、これは企業ネットワークに重大なセキュリティ・リークをもたらす可能性もあります。自社ネットワークでこのようなことが起きないようにするため、802.11ac 対応の不正機器を検出できる 24 時間 365 日対応の侵入検知システム(IDS)または侵入防止システム(IPS)を使用する必要があります。これらのシステムのいずれかが利用可能でない場合は、ネットワーク技術者は、Wi-Fiデバイスを発見して分類できるだけでなく、不正デバイスを素早く検出できる、OneTouch ATや AirCheck G2のようなハンドヘルド型無線ツールを使用できます。このようなシステムがある場合、OneTouch ATの機動性により、問題を起こしているデバイスの物理的位置を特定できる頼りになるツールになります。

OneTouch ATにはまた、ネットワークの無線側から検出されたAPの有線位置 (ポート / スイッチ) を示す独自の「クロスリンク」検出機能を備えています。これにより、不正機器のネットワーク・アクセスを迅速に無効にできます。

802.11acアクセス・ポイントを発見すると、信号レベルに基づいてその物理的な場所を特定することができます。OneTouch ATの位置特定機能を使えば、悪質なセキュリティ脅威を軽減するために不正デバイスを突き止めたり、移動、追加、または動作を変更するアクセス・ポイントを検出することができます。

OneTouch AT は、ビーコンの詳細情報を解読することで、802.11ac 対応アクセス・ポイントを発見・分類できます。発見された 802.11acアクセス・ポイントは、[AP]タブのほか、[Network(ネットワーク)]、[Client(クライアント)]、および[Channel(チャネル)]リストで報告され、802.11acアイコンでマークされます。メディアの種類による並べ替えに 802.11ac も含まれるため、発見されたアクセス・ポイントの一覧内の 802.11ac アクセス・ポイントの可視性を高められます。このため、不正機器やすばやく見分けたり、新しい展開された 802.11ac アクセス・ポイントで構成されるネットワークを見直せます。

ネットワーク内の既知のAPにタグ付けおよび名前付けできるため、OneTouch ATによる不正デバイスの検出のスピード化と簡素化を実現します。

概要

802.11ac Wi-Fiネットワークを展開する際、ネットワーク技術者、エンジニア、ITマネジメントは、サイトごとに自社ネットワークをどのように展開し管理するかについて計画を立てる必要があります。展開の段階だけでなく、より多くの接続デバイスに対応するようにネットワークが変化するにつれて、考慮すべき点も多くなります。ネットワーク・チームが、特にスキル・レベルが低いネットワーク技術者が、ネットワークがどのように構成されているかの最新情報にアクセスできること、そして展開とトラブルシューティング中に採用できる標準化された検証プロセスと合否条件を維持することが重要です。NETSCOUTは、ネットワーク・チーム間でのテスト・データの容易な共有を通して、効果的な Wi-Fiネットワーク計画、標準化されたテスト、連携によるトラブルシューティングの円滑化を図る一連の総合テスト・ソリューションを提供します。

OneTouch ATネットワーク・アシスタントについて

Onetouch ATネットワーク・アシスタントは、エンドユーザーのギガビット・イーサネットおよび Wi-Fiネットワークのパフォーマンスを把握できる自動化されたオールインワン型テスターです。ツイスト・ペア、光ファイバー、およびWi-Fiテストを組み合わせることで、数え切れないほどのネットワークの健全性の問題を解決できます。合否判定機能を備えた自動テストにより、問題の特定がよりスピーディーになります。ユーザー定義が可能なオートテスト・プロファイルは、トラブルシューティングとパフォーマンス検証の実施を標準化し、スキル不足の技術者の生産性を向上させることができます。リモート・ピアやリフレクターに対し、有線および Wi-Fi のエンドツーエンドのパス・パフォーマンスを測定して、SLA コンプライアンスをドキュメント化できます。インライン VoIP 分析機能により、リアルタイムで IP 電話をトラブルシューティングし、通話品質を測定できます。Wi-Fi および有線に対応したインライン・パケット・キャプチャーにより、コラボレーションと問題のエスカレーションが効率化されます。検出・分析機能は、有線および Wi-Fi ネットワークに対する可視性を提供します。ケーブルからサーバーへの包括的なテストで、問題の根本原因を突き止められます。

ネットワーク運用チームを通じて可視性と協調性を促進するために、NETSCOUTハンドヘルド型テスト・ツールはクラウド・ベースの結果と Link-Liveと呼ばれるレポート・ポータルを共有します。これはテスト結果をアップロードできる無償のクラウド・ベースのサービスです。スイッチ名、デバイスのIPアドレスまたは名前と時間に基づいた、テスト結果に対するフリー・テキストおよびコンテキストによるあらゆる検索があります。ネットワークの展開中、 日ごとにテストされるスイッチ・ポート、そのリンク速度、デュプレックス分布、およびPoEテスト結果が表示された進捗状況レポートを容易に作成できます。トラブルシューティング中、変更を素早く特定するために、スイッチ・ポートから得られた以前のテスト結果を現在のテスト結果に比較することができます。

 
 
Powered By OneLink