根本原因を素早く特定|enterprise.netscout.com

根本原因を素早く特定

 

遅さに対する不満は、今に始まったことではありません。事実、「ネットワークが遅い」は、今やエンジニアが無視するほどよく使われる文句になっています。何年にもわたってネットワークやシステムのアップグレード、改変、改良を行ってきたにもかかわらず、ヘルプデスク・センターや IT サポートに「遅い」という共通したテーマの電話が鳴り続きます。今日のネットワークにおけるこれら問題の傾向は、不可解であると同時に、フラストレーションが溜まるものです。

ネットワークの問題のトラブルシューティングを困難にする要因がいくつか存在します。特に接続性やパフォーマンスに影響を与える問題になると、これが顕著になります。トラブルシューティングを困難にする要因として、以下などが挙げられます。

 
  • IT 技術者やエンジニア向けのトラブルシューティング・ワークフローが標準化されていない
  • ネットワークやアプリケーション・システムがますます複雑化している
  • ツール・セットや文書化の方法が多様に存在する
  • 問題の切り分けに時間がかかり過ぎる
  • 技術者スキルのばらつきが大きい
 

これら課題に加え、ネットワークの問題が解消されない理由を深く掘り下げていくと、日常の問題のトラブルシューティングに、廃れたツールや手法が使われていることが分かります。現代では、問題をより迅速に特定・解決できるより良い方法があるのではないかと思うことでしょう。しかし、多くの IT 環境では、昔からある問題をトラブルシューティングするのに、未だに同じ古いやり方で対応しており、それが、時間、ユーザーの忍耐、そして最終的にお金を失わさせる原因になっています。 

 

この従来のやり方は、トラブルシューティングだけに限るものではありません。新しい接続の検証、新しい場所にユーザーを移動、ローカルまたはクラウドで稼働開始した新しいサーバーやアプリケーションへの接続試験など、IT の他のタスクにも影響を与えています。

今のやり方とそれがうまくいかない理由

ヘルプデスクにコールが入りました。チケットが作成されます。CRM アプリケーションが遅いとのことです。技術者は、コマンド・センターでネットワーク・ヘルス・マップの緑色の点灯を確認した後、ソフトウェア・ベースのトラブルシューティング・ツールをいくつも搭載したノートパソコンを持って、ユーザー・サイトに向かいます。ユーザー側からネットワークに接続し、アドレスやユーザー構成を確認します。Ping を数回試し、ネットワークの使用率を監視してから、サーバーに接続できることをチェックして、ログインできることを確認します。

 

技術者それぞれが使うツールや手法が異なるため、誰が出向いたかによって、トラブルシューティングの順序や実施時間は異なってきます。多くの場合、これらの手順は、標準ツールを使用したワークフローに沿ったものではありません。つまり、技術者ごとに、自分の経験やトレーニングに基づいた独自の「スタイル」があるということです。ネットワークの問題をすばやく特定できる技術者もいれば、なかなか解決できず、苛立ちが募るばかりの技術者もいます。問題を特定できたとしても、新たに現れるネットワークの問題に追われ、文書化の手順が後回しになります。

 

このやり方を改善できる方法はいくつかあります。このままでも、いずれは仕事を終わらせることができるかもしれません。しかし、時間がかかり過ぎるだけでなく、ワークフローが存在せず、問題がエスカレートまたは再割り振りされた場合には、チーム間のデータ連携が困難になります。結局は、根本原因を迅速に突き止める簡単かつ繰り返し可能な方法がないために、接続性の問題でユーザーは悩まされ続けることになります。

これら問題をより迅速に解決する方法

ヘルプデスクにコールが入りました。チケットが作成されます。CRM アプリケーションが遅いとのことです。技術者は、コマンド・センターでネットワーク・ヘルス・マップの緑色の点灯を確認した後、ソフトウェア・ベースのトラブルシューティング・ツールをいくつも搭載したノートパソコンを持って、ユーザー・サイトに向かいます。ユーザー側からネットワークに接続し、アドレスやユーザー構成を確認します。Ping を数回試し、ネットワークの使用率を監視してから、サーバーに接続できることをチェックして、ログインできることを確認します。

 
 
  • インターネット接続:クラウドの接続性や社内向けサービスへの到達可能性を確認できます。DNS ルックアップやアプリケーション・ポートの接続性を確認できます。

  • ゲートウェイ接続:ルーター/ゲートウェイ に Ping を送信して、アドレスと到達可能性を確認できます。

  • DHCP 接続:DHCP サーバーが正常に動作し、応答することを確認できます。IP アドレスを要求し、サブネット情報を入手して、デフォルト・ゲートウェイや DNS サーバーを特定できます。

  • スイッチへのリンク:CDP/LLDP を使用することで、LinkSprinter は接続先のスイッチの名前、モデル、スロット、ポート、および VLAN を検出できます。

  • PoE(パワー・オーバー・イーサネット):特定のポートを通して、電話、監視カメラ、またはアクセス・ポイントが給電されることを確認できます。LinkSprinter ネットワーク・テスターは、電池なしで PoE でも動作します。



  •  
  •  

 

モバイル・ユーザー・インターフェイスを通した自動結果

Wi-Fi 経由で LinkSprinter 200 のビルトインの Web サービスに接続することで、テスト結果にアクセスできます。モバイル端末からローカル接続することもでき、最後に実施したテストの結果を瞬時に見れます。テストの詳細は、UI を通じてアクセスでき、接続 ID(スイッチの IP アドレス、VLAN、ポート)の他、ゲートウェアやサーバーの応答時間を確認できます。LinkSprinter は、テスト結果をモバイル端末に自動的にメール送信するため、必要に応じて技術者は注釈を付けられます。

*LinkSprinter 100 および 200 は、中国で販売されていません。

クラウドでの文書化

文書化は、どんな技術者にとっても苦痛です。作成するのは面倒で、時間もかかり、新しい問題が発生すれば、優先順位がどうしても低くなってしまいます。

 

LinkSprinter は、これを考慮した設計になっています。LinkSprinter クラウド・サービスにテスト結果を自動送信するように設定でき、文書化にかかる時間を節約できます。また、チーム間で瞬時に結果を共有でき、履歴レポートやベースラインの作成のためにアーカイブ化することもできます。

 

クラウドに保存された結果は、新しいネットワークの接続や追加/変更を文書化するのにも使え、ドロップの特定プロセスも大幅に簡略化します。ユーザーが電話して来た時に、どのスイッチ・ポートが影響を受けているか、エンジニアが素早く特定できるため、将来問題が発生した時に、かなりの時間を節約することができます。

 

まとめ 

LinkSpinter は、IT チームがネットワーク問題の根本原因を素早く突き止められるようにします。よく使われるテストを合理化・簡略化し、ネットワーク技術者やエンジニア向けの自動化されたワークフローを作成します。これにより、IT 組織は、誰が対応しているかに関係なく、パフォーマンスの問題を迅速に切り分け・解決できるようになります。あらゆる IT 経験レベルの技術者が、困難なネットワーク問題の原因を探れるように、LED とテスト結果が見やすくなっており、文書化やコラボレーションにかかる時間も大幅に短縮できます。

 

詳しくは、詳しくは、LinkSprinter.com をご覧ください

 
 
Powered By OneLink