データ・シート:AirCheck G2 無線テスター|NetScout
|データ・シート|

AirCheck G2 無線テスター

Wi-Fi は複雑な技術ですが、そのテストまでもが複雑である必要はありません。AirCheck™ G2 無線テスターは、Wi-Fi が機能しない、またはインターネットがダウンしているといった問題に対応するために現場に派遣される IT 担当者専用のテスターです。AirCheck G2 無線テスターを使用すると、問題の切り分けとトラブルシューティングを迅速、簡単、正確に行うことができるため、無線問題を素早く解決できます。

Wi-Fi に関する問題は、ネットワーク基盤の問題、構成の問題、環境またはクライアントによる不適切な構成など、さまざまな原因によって発生します。現場の IT 担当者が問題を解決するには、重要な情報をすべて最初に収集する必要があります。AirCheck G2 は、無線のトラブルシューティングを簡素化します。

  • 簡単な操作、持ち運びに便利、最新の Wi-Fi 技術 (802.11a/b/g/n/ac) に対応した頑丈な無線専用テスター
  • 迅速に無線環境の合否判定を行い、よくある問題を特定できる Wi-Fi の専門知識は必要としないボタン 1 つで実行できるオートテスト
  • ネットワークの可用性、接続性、使用状況、不正デバイス、干渉検出など、テスト結果を即座に表示
  • 大規模な分散環境において、作業状況の確認、プロジェクト管理、フリート管理を容易にする一元化されたテスト結果管理プラットフォームの Link-Live

直観的なユーザー・インターフェースと管理プラットフォームによって実用的な情報が提供されるため、無線のトラブルシューティングの複雑さなくすことができるだけでなく、トラブル・チケットを素早く解決できます。1 回目で対応が適切に行われなければ、無駄にエスカレーション・チームを派遣することになり、問題解決の対応の遅れは、エンド・ユーザーの不満につながります。AirCheck G2 は、1 回目で適切に問題を解決するために必要な無線に関する完全で正確な情報を前線の IT 担当者に提供するため、エスカレーションの必要がなくなります。

概要

AirCheck G2 は、Wi-Fi 技術に加え、干渉検出、チャネル・スキャン、接続性テストの機能すべてを統合しています。ワンボタンの自動テストで、詳細情報を簡単に得ることができるため、次のような最もよくある Wi-Fi 問題をすばやくトラブルシューティングできます。

  • 無線カバー・エリアの問題
  • ネットワークまたはチャネルの過負荷問題
  • チャネル干渉
  • 接続性の問題
  • 問題のあるアクセス・ポイントの特定
  • 不正なアクセス・ポイントの特定
  • クライアント側での問題
  • 不正なクライアント

AirCheck G2 の機能

802.11a/b/g/n/ac 対応 - 802.11ac も含め、あらゆる Wi-Fi 技術に対応したオールインワン型の携帯ツール。

インスタント・オン操作 - 素早く起動し、ネットワーク、アクセス・ポイント(AP)、およびチャネル使用状況の検出を自動的に開始。

タッチスクリーン・ディスプレイ - 5 インチのタッチスクリーン・ディスプレイによって視認性が向上し、すべての操作/入力を簡単に実行。

迅速な回答 — ボタン 1 つで実行できるオートテストで、迅速に無線環境の合否判定を行い、よくある問題を特定。Wi-Fi の専門知識は必要ありません。

Link-Live クラウド・サービス - ネットワーク接続性テストのテスト結果を表示し、プロジェクト管理機能、レポート機能を提供するクラウド・ベースの結果管理ダッシュボード。

ネットワークとアクセス・ポイントごとのセキュリティ設定の識別 - オープン、WEP、WPA、WPA2、および 802.1x のいずれの認証であるかを識別します。

Wi-Fi トラフィックおよび干渉を正確に特定 - 802.11 トラフィックおよび干渉によって消費される各チャネルの帯域幅、および各チャネルを使用する AP を表示。

不正 AP と適切に動作していないライアントの検出 - 未承認の AP やクライアントを通知。追跡には「場所の特定」機能を使用します。オプションの指向性アンテナを使用して、より迅速に検出することもできます。音声フィードバック用に USB ヘッドセットを使用できます。

接続テスト - WEP、WPA、WPA2、および/または 802.1x を使用して、ネットワークまたは特定の AP に接続。IP アドレスを取得して、ルーター、ゲートウェイ、ユーザー定義のアドレスを ping して、ファイアウォールの内外で接続性とネットワークへのアクセス性を検証。これにより、接続品質を確認します。

有線イーサネット・テスト - AP のバックホールと配線をすばやく検証。

実用的な設計 - 長い電池寿命。片手で操作可能、かつ1m の落下にも耐えられる丈夫な設計。

AirCheck G2

オートテスト — 以下の重要な Wi-Fi テストと無線環境の合否判定を行い、よくある問題を特定します。Wi-Fi の専門知識は必要ありません。

  • 802.11 使用率 — 帯域ごと(2.4 GHz および 5 GHz)に、Wi-Fi トラフィックの使用率が最も高い802.11チャンネルのトップ 3 を報告します。
  • 802.11 以外の使用率 — 帯域ごと(2.4 GHz および 5 GHz)に、802.11 以外の使用率が最も高いチャンネルのトップ 3 を報告します。これは、干渉源の存在および高いノイズ・レベルを示します。
  • 同一チャンネル干渉 — 帯域ごと(2.4 GHz および 5 GHz)に、同じチャンネルで最小信号レベルのしきい値を超える AP 数が最も多いチャンネルのトップ 3 を報告します。プライマリおよび各セカンダリ・チャンネル上の AP 数をカウントすることで、5-GHz 帯の 40-MHz および 80-MHz チャンネルを対象とします。同一チャンネル干渉の影響を受ける AP の一覧を表示します。
  • 隣接チャンネル干渉 — 2.4 GHz 帯で隣接チャンネル干渉の影響を受ける可能性がある AP が存在するチャンネルのトップ 3 を報告します。少なくとも 1 つの AP が発見されるチャンネルごとに、テスターはそのチャンネルとオーバーラップする他のチャンネルの AP 数をカウントします。2.4-GHz 帯の 20-MHz および 40-MHz チャンネルを対象とします。隣接チャンネル干渉の影響を受ける AP の一覧を表示します。
  • ネットワーク品質 — 受信範囲、干渉、セキュリティ、特定ネットワークへの接続性のほか、DHCP などの重要なネットワーク・サービスの利用可能性、および特定のネットワーク・ターゲットへの接続性を検証します。
  • 不正デバイス — 許可されているデバイス以外のアクセス・ポイントについて報告します。これらのデバイスは、ネットワークのセキュリティを危険にさらす可能があります。

ネットワーク

ネットワーク内に存在するすべての AP を素早く表示し、AP ごとの信号レベル、信号対雑音比、セキュリティの種類、アクセス・ポイント数などの重要なパラメータを確認できます。セキュリティの種類の混在、狭い信号の受信範囲、セカンダリ AP の欠如などのよくある問題を発見できます。

いずれのパラメータでも並べ替えや絞り込みできます。ネットワークを深く掘り下げて、サポートされる 802.11 の種類、接続クライアント数、チャンネルなどの詳細を確認できます。ネットワークの詳細ページで、ネットワーク上の AP や クライアントの一覧をドリルダウンできます。

アクセス・ポイント

環境内に存在するすべての AP を素早く表示し、AP ごとの信号レベル、信号対雑音比、セキュリティの種類、チャンネルなどの重要なパラメータを確認できます。セキュリティの種類の間違い、狭い信号の受信範囲、チャンネルの間違いなどのよくある問題を発見できます。

いずれのパラメータでも並べ替えや絞り込みできます。AP を深く掘り下げて、接続クライアント数、サポートされる速度、802.11n および 802.11ac への対応能力などの詳細を確認できます。AP の詳細ページで、接続クライント数や AP が動作するチャンネルをドリルダウンして、チャンネルの使用率や同一チャンネル干渉の問題を確認できます。

ネットワーク環境内の許可されている 、隣接 、および潜在的な不正デバイスを追跡するため、AP にアクセス制御ステータスを設定できます。

チャネル使用率

チャンネルが 802.11 Wi-Fi トラフィックを過剰に使用しているか、また Wi-Fi 以外の干渉やノイズが存在するかどうかを素早く特定できます。干渉を引き起こす可能性がある装置としては、電子レンジ、無線ゲーム・コントローラー、BlueTooth® 機器、ZigBee 機器、無線ビデオ・カメラなどがあります。

テストをさらに深く掘り下げて、選択したチャネルおよびそのチャネルを使用しているアクセス・ポイントやクライアントの過去 60 秒間における Wi-Fi トラフィックと干渉の水準を確認できます。

クライアント

ネットワークに接続されている、あるいはネットワークを探索しているすべてのクライアント・デバイスを表示させることができます。信号レベル、チャネル、接続先の AP など、各クライアントの重要なパラメータを確認できます。間違った AP に接続されているクライアントやネットワークに接続されている承認されていないクライアントなどのよくある問題を見つけられます。

いずれのパラメータでも並べ替えや絞り込みできます。クライアントを深く掘り下げて、接続速度やセキュリティの種類などの詳細を確認できます。クライアントの詳細ページでは、接続チャネルを掘り下げたり、クライアント・デバイスの位置を素早く特定できます。

アクセス・ポイントとクライアントを特定

リアルタイムな信号レベル・メーターと経時的なグラフを利用して、不正 AP や未許可のクライアントを追跡できます。可聴表示機能も備え、USB ヘッドセットで音声を聴くこともできます。

テストをさらに深く掘り下げて、選択したチャネルおよびそのチャネルを使用しているアクセス・ポイントやクライアントの過去 60 秒間における Wi-Fi トラフィックと干渉の水準を確認できます。

接続

接続ボタンをワンタッチで、ネットワーク(SSID)または AP に接続して、ネットワークの利用可能性や重要なサービスへのアクセスを検証できます。主なテスト・ステップは、次の通りです。

  • AP に関連付ける
  • DHCP サーバーに IP アドレスを要求して受け取る
  • デフォルト・ゲートウェイと DNS サーバーに Ping する
  • 最大 10 のネットワーク・ターゲットに対して、ping または TCP ポートのテストをする
  • 継続的な信号レベル、信号対雑音比、再試行回数を測定する

ネットワークに接続したら、ローミング・テストを実施して、ネットワークでローミングが有効になっていることを確認したり、iPerf テストを実行して、その場所におけるスループットを検証できます。

イーサネット・テスト

アクセス・ポイントは、ネットワークへの有効なバックホール接続が必要であり、AirCheck G2 に搭載されるイーサネット・テストはそれを検証します。

パワー・オーバー・イーサネット (PoE)、スイッチまでのリンク、DHCP、ゲートウェイ、およびインターネット接続性の診断とテスト管理スイッチの VLAN、スイッチ名、およびポート情報を、CDP/LLDP/EDP 経由で取得します。Link-Live クラウド・サービスにテスト結果を自動アップロードして、メールで直接受け取ることができます。

干渉問題

他のデバイスが、アクセス・ポイントと同じ帯域で動作している場合があります。無線ネットワークに干渉する他のデバイスに対して、可視性を得られます。位置特定機能を使用すると、それら干渉デバイスを突き止め、取り除くことができます。

オートテストの UI

ネットワークの UI

ネットワークの UI 詳細

アクセス・ポイントの UI

アクセス・ポイントの UI 詳細

チャネル使用状況の UI

チャネル利用率の UI 詳細

クライアントの UI

クライアントの UI 詳細

位置確認の UI

SSID への接続の UI

ローミングの UI

イーサネット・テストの UI

干渉イベントの UI

iPerf テスト結果の UI

結果管理オプション

Link-Live (リンクライブ) クラウド・サービス

AirCheck G2 を Link-Live クラウド・サービスに接続すると、ネットワークの接続性に関する基本的なテスト結果がダッシュボードに自動的にアップロードされ、プロジェクトの管理とレポートの作成を行えます。このインターネット・ホスト・サービスは、インターネットに接続されたデバイスのブラウザを使用して、いつでもどこからでも利用できます。この機能は、テスト結果を即座に確認する必要のあるリモート・チームのマネージャーにとって、特に便利です。さらに、LinkSprinter や LinkRunner、OneTouch AT など、AirCheck G2 の有線付属機器を使用するチームは、単一のダッシュボードでネットワーク接続性テストの結果を管理できます。

Link-Live ダッシュボード

AirCheck G2 Manager ソフトウェア

AirCheck G2 Manager ソフトウェアを使用することで、 AirCheck G2 プロファイルを管理し、保存されたテスト結果の詳細情報を表示できます。AirMagnet G2 Manager は、Link-Live クラウド・サービスから無料でコンピューターにダウンロードできます。

プロファイル AirCheck G2(またはすべての AirCheck 製品)の構成、管理、および使用の制御を簡単にできます。プロファイル機能により、セキュリティ、自動テストの範囲、接続性を確認する対象デバイスを設定できます。各設備の必要性に応じて、複数のプロファイルに名前を付けて AirCheck G2 に転送できます。プロファイルはパスワードで保護されているため、AirCheck G2 が紛失したり、盗難にあった場合でも、ネットワークに不正にアクセスされる心配はありません。

セッションの記録 保存されたセッション・ファイルを表示して、ネットワーク、アクセス・ポイント、チャネル、クライアントについての詳細情報を AirCheck G2 Manager で簡単に確認できます。セッション・ファイルには、AirCheck G2 の構成、オートテストの結果、AP/クライアントのリスト、チャネル使用率などの詳細が取り込まれます。

AirCheck G2 Manager ダッシュボード

注文ガイド

モデル番号 内容
AIRCHECK-G2 AIRCHECK-G2 無線テスター、充電器(4 x 海外用アダプター付き)、ソフト・キャリング・ケース、USB ケーブル、クイック・スタートガイド
AIRCHECKG2-TA-KT AIRCHECK-G2 無線テスター、テスト・アクセサリー、充電器(4 x 海外用アダプター付き)、小型ソフト・キャリング・ケース、USB ケーブル、外部指向性アンテナ(RP-SMA コネクター)、ショルダー・ストラップ付きホルスター、自動車用充電器、クイック・スタートガイド
ACKG2-HOLSTER AIRCHECK-G2 ホルスター
ACKG2-WBP-LION AirCheck-G2 リチウムイオン交換バッテリー
EXT-ANT-RPSMA 外部指向性アンテナ、RP-SMA コネクター
PWR-CHARGER AC 充電器の交換品
SM SOFT CASE 小型ソフト・ケース
TEST-ACC AIRCHECK G2 用テスト・アクセサリー。AIRCHECK G2 と一緒に使用すると、iPerf サーバーの役割を果たします。
TEST-ACC-5PK AIRCHECK G2 用5つのテスト・アクセサリー。AIRCHECK G2 と一緒に使用すると、iPerf サーバーの役割を果たします。
TEST-ACC-10PK AIRCHECK G2 用10つのテスト・アクセサリー。AIRCHECK G2 と一緒に使用すると、iPerf サーバーの役割を果たします。
AIRCHECKG2-TA-KT-1YS AIRCHECKG2-TA-KT の1 年間ゴールド・サポート
AIRCHECKG2-TA-KT-3YS AIRCHECKG2-TA-KT の3 年間ゴールド・サポート
AIRCHECK-G2-1YS AIRCHECK-G2 の1 年間ゴールド・サポート
AIRCHECK-G2-3YS AIRCHECK-G2 の3 年間ゴールド・サポート



 
一般仕様
寸法 9.7 cm x 19.6 cm x 4.1 cm (3.8 in x 7.7 in x 1.6 in)
重量 0.51 kg(18 オンス)
バッテリー 充電式リチウムイオン・バッテリー・パック(3.6 V、6 Ah、21 Wh)
バッテリー使用時間 平均的な電池寿命は 4.5 時間。平均的な充電時間は 7 時間
外部 AC アダプタ / 充電器 AC 入力 85 ~ 264 Vac 47 ~ 63 Hz 入力電力 DC 出力 15 Vdc (2 A)
ディスプレイ 静電容量方式のタッチスクリーンの 5.0インチ・カラー LCD(480 x 800 ピクセル)
キーパッド 弾性キー 1 個(電源のみ)
ホスト・インターフェース マイクロ USB タイプ B ポート 1 個
補助インターフェース USB 2.0 タイプ A ポート 2 個
無線アンテナ 内部 3 個
外付けアンテナ・ポート 入力のみ。逆極性 SMA コネクター
環境仕様
作動温度 0ºC ~ +45ºC
バッテリーは、テスターの内部温度が 50℃ (122ºF) を超えると充電できません。
オペレーティング相対湿度
(% RH 結露なし)
90%(50ºF~95ºF、10ºC ~ 35ºC)
75%(95ºF~113ºF、35ºC ~ 45ºC)
保管温度 -20ºC ~ +60ºC
衝撃および振動 1 m の落下試験、ランダム、3.8 g、5 Hz~ 500 Hz
安全性 IEC 61010-1:汚染度 2
高度 4,000 m;保管:12,000 m
EMC IEC 61326-1:基本的な電磁環境。CISPR 11:グループ 1、クラス A
無線仕様
適合仕様 IEEE 802.11a、802.11b、802.11g、802.11n、802.11ac
Wi-Fi 接続 802.11a, 802.11b, 802.11g, 802.11n, 802.11ac
動作周波数
これは、AirCheck G2 テスターがサポートするチャネルの中心周波数です。
チャネルの受信周波数:
テスターは各国で以下のすべての周波数を受信します。2.4 GHz 帯域:2.412 ~ 2.484 GHz(チャネル 1 ~ チャネル 14)5 GHz 帯域:5.170 ~ 5.320 GHz、5.500 ~ 5.700 GHz、5.745 ~ 5.825 GHz(チャネル 34、36、38、40、42、44、46、48、52、56、60、100、104、108、112、116、120、124、128、132、136、140、144、149、153、157、161、165)
チャネルの送信周波数:
テスターは、使用する国で許可されている周波数でのみ送信します。2.4 GHz 帯域 802.11b:2.412~2.484 GHz(チャネル 1~チャネル 14)802.11g/n、20 MHz BW (HT20):2.412~2.472 GHz(チャネル 1~チャネル 13)802.11n、40 MHz BW (HT40):2.422 ~ 2.462 GHz(すべての合法な結合チャネルのペアの組み合わせを含みます)
Wi-Fi アンテナ
内部 Wi-Fi アンテナ 2.4 GHz、1.1 dBi ピーク、5 GHz、3.2 dBi ピークの内部アンテナ 3 個。
外部指向性アンテナ アンテナ、周波数範囲 2.4 - 2.5 および 4.9 - 5.9 GHz.
最小利得 5.0 dBi ピーク(2.4 GHz 帯域)、7.0 dBi ピーク(5 GHz 帯域)。
外部アンテナ・コネクター1 リバース SMA
1外部アンテナ・ポートは受信専用です(送信できません)。
AirCheck Manager ソフトウェア
対応オペレーティング・システム Windows 7、Windows 8.1、Windows 10
プロセッサー 400 MHz Pentium プロセッサまたは同等品(最小)、1 GHz Pentium プロセッサまたは同等品
(推奨) RAM 96 MB(最小)
RAM 256 MB(最小)、512 MB(推奨)
ハードディスク 最高 500 MB の空き容量が必要
ディスプレイ 1280 x 1024 ハイカラー、32 ビット(推奨)
ハードウェア USB ポート
認証とコンプライアンス
欧州規格に準拠。ヨーロッパ共同体および欧州自由貿易連合 (EFTA) の要件に準拠。
オーストラリア規格に準拠。
カナダ規格協会から認定を取得。
米連邦通信委員会の 47 CFR パート 15 の要件に準拠。
国家電気通信庁 (Anatel) から認定を取得。
関連する韓国の EMC 規格に適合。

韓国の EMC 規格に関する補足情報
電磁環境適合性。韓国での使用にのみ適用。クラス A 機器(放送および通信用工業機器)
[1] 販売者またはユーザーは、本製品が工業(クラス A)電磁波機器の要件を満たしていることにご留意ください。本機器はビジネス環境での使用を意図しており、ご家庭での使用には適していません。

 
 
Powered By OneLink