Wi-Fi の 3 つの問題点とそれを回避する方法(電子文書)|NetScout
ホワイトペーパー

Wi-Fi の 3 つの問題点とそれを回避する方法

Wi-Fi の急激な普及は、数多くの技術的な課題を意味します。

企業では無線化が進んでいます。人々は、外出時に依存し過ぎているモバイル・デバイスを、社内でも一日中使っています。だから社員は、自分の机、会議室、食堂、そして外の芝生の上でも、しっかりとした Wi-Fi サービスを必要とします。

また、ネットワーク・マネージャーは、拠点全体にわたって Wi-Fi 接続の計画、展開、検証をもっと熱心に行わなければなりません。

実際、職場における Wi-Fi の普及度があまりにも高まっているため、IDC およびガートナーなどの業界アナリストは、デスクトップ PC やプリンターなどの従来の有線デバイスに無線ネットワークが使われることを予測しており、しかもそれを支持しています。

質の高い Wi-Fi を求めるのは、社員だけではありません。施設には毎日、お客様、サプライヤー、パートナー、請負業者が次々に訪れています。そのほとんどが、電波とパスワードを探しています。

また、Wi-Fi の需要は、倉庫の運営、小売業の POS システム、さまざまなモノのインターネット(IoT)の用途によっても動かされています。

Wi-Fi のサービス・レベルをより効率的に維持できるようにならなければ、今よりも長い時間それに費やすことなります。

Wi-Fi の急激な普及は、有線イーサネット・インフラを專門とする者にとって、数多くの技術的な課題を意味します。これには、次のような課題があります。

  • 根本的に異なるネットワークの特性。イーサネットの場合、2 つの既知のデバイスを接続する 2 つの既知のエンドポイントの間にケーブルが走ります。一方 Wi-Fi では、受信範囲の内外を移動するさまざまなデバイスの接続にアクセス・ポイントが使用されます。この大きな違いにより、ネットワークの設計、パフォーマンス管理、容量計画、およびセキュリティを完全に見直さなければなりません。
  • 無線干渉。Wi-Fi ネットワークは、近接の無線ネットワーク、電子レンジや無線セキュリティ・カメラなどの電子機器の干渉を受けます。無線アクセス・ポイント(WAP)も、お互いに近すぎてチャネルがオーバーラップしていれば、WAP 同士で干渉し合います。そのため、ユーザーが必要とするあらゆる場所で質の高い安定したサービスを提供するには、干渉に入念に注意しなければなりません。
  • 簡単に言えば、Wi-Fi は、どのネットワーク・マネージャーにとっても、急速に高まる新たな責任です。

Wi-Fi への投資を促進する 3 つの問題点

会社全体で Wi-Fi の使用が増大することは、単なるネットワーク・マネージャーにとっての新しい技術的な課題ではありません。会社にとって大きな問題なのです。特に 3 つの問題点が、よりスマートな Wi-Fi 管理に投資する動機付けになっています。

1:質の悪いサービスと受信範囲がビジネスに与える悪影響

Wi-Fi は、生産性の高い経営幹部や知識労働者に精力的に使われています。これらユーザーがビジネス・インテリジェンス・アプリにアクセスできなかったり、どうしても必要な電子メールの添付ファイルをダウンロードできなかったりした場合のビジネスへの経済的影響は、生産性の喪失だけでなく、収益が減ることも意味します。CSImarket.com によると、S&P 500 企業の 2016 年第 2 四半期の 1 時間あたりの社員の平均収益は 320 ドルあまりだそうです。しかし、必要な時に必要な場所で良質な Wi-Fi 電波を得られなかったために、大型取引を成立できなかったり、顧客の一刻を争う問題を解決できなかったりした場合、その財務上の影響はもっと大きくなります。

2:インフラへの非効率な支出

高まるビジネス・ニーズに応えるため、構内の Wi-Fi を増強しようとする企業は、あっという間にお金を浪費する可能性があります。実際、拠点全体にわたる Wi-Fi サービス・レベルに対する可視性がなければ、必要ではない所にアクセス・ポイントを設置し、必要な所に設置しないということになりかねません。また、不要な全面的なオーバーホールをさせられたり、簡単に直せるチャネル割り当ての問題をよりお金のかかる容量や受信範囲の問題と間違える可能性もあります。

3:Wi-Fi は新たな「時間泥棒」

Wi-Fi がビジネスにとって重要になるほど、Wi-Fi パフォーマンスを確保するためによりプロアクティブにならなければなりません。また、パフォーマンスが容赦なく高まり続けるユーザーの期待に応えないと、トラブル・チケットが殺到するリスクもあります。したがって、Wi-Fi のサービス・レベルをより効率的に維持できるようにならなければ、今よりも長い時間それに費やすことなります。

これら問題点のため、Wi-Fi のモニタリングと評価能力を積極的に進化させることが不可欠になります。

AIRMAGNET サーベイ

最適化された無線ネットワークの設計用に正確な Wi-Fi サイト・マッピング

NETSCOUT AirMagnet サーベイは、最適なパフォーマンスとセキュリティを実現する 802.11n/a/b/g/ac 無線 LAN のマッピング、計画および設計のための業界トップクラスの正確性を備えたサイト調査ソフトウェア・ソリューションです。同ソリューションは、無線 LAN の展開を成功させるために、拠点全体にわたって正確に接続速度、スループット、パケットの統計情報を示し、アクセス・ポイントの理想的な数、配置、および構成を決められるようにします。

AirMagnet サーベイ の主な特長:

  • 正確なエンドユーザー体験データのキャプチャー
  • 実用的な無線干渉の「ヒートマップ」
  • 仮説シナリオのシミュレーション
  • ボイス・オーバー WLAN の準備状況の評価
  • 合否判定のレポート

NETSCOUT AirMagnet サーベイが、どのように拠点全体にわたってより良い Wi-Fi サービスの計画と管理に役立つか、詳細をご覧ください。

計画通りに展開できているかどうかを確認する唯一の方法は、拠点全体にわたって受信範囲を測定することです。

やるべきことをやるべき時にやる

これら Wi-Fi の問題点を避けるには、ネットワーク・マネージャーであろうが、無線ネットワーク・ソリューションのプロバイダーであろうが、適切な方法と適切なテクノロジーが必要になります。

上述のとおり、適切な方法には、綿密な計画、展開、および検証が必要です。アクセス・ポイントは、拠点の物理的環境と拠点全体の無線干渉の正確な評価に基づいて設置しなければならないため、綿密な計画が重要になります。受信範囲とスループットは、金属構造物から無線アクセス・ポイントの出力設定、内外のアンテナの向きまで、あらゆるものの悪影響を受ける可能性があるため、綿密な展開も明らかに重要です。

しかし、多くの Wi-Fi マネージャーに足りていないのは、綿密な検証です。計画通りに展開できているかどうかを確認する唯一の方法は、拠点全体にわたって受信範囲を測定し、展開を検証することです。残念ながら、多くの場合、ネットワーク・マネージャーやソリューション・プロバイダーが展開後に実施する Wi-Fi 評価は、最も初歩的なものでしかありません。

これは間違いです。即座の繰り返し行う Wi-Fi 検証には、次を含むさまざまな利点があります。

  • 展開チームが次の作業に移る前に、Wi-Fi の「コールド・スポット」を直せます
  • 受信範囲の問題を積極的に発見し、トラブルチケットやユーザーの不満足を回避できます
  • より良い問題診断で、不要なアップグレード費用を回避できます
  • 仕様に基づいた展開を証明する信頼できるドキュメンテーション
Wi-Fi ヒートマップ

拠点全体の Wi-Fi 状況をキャプチャーすることで、ネットワーク・マネージャーは WAP を過剰に設置することなく、サービス・レベルを守れます。

この不可欠な無線ネットワーク検証を実現する重要な技術は、ノートパソコンをモバイル Wi-Fi センサーに変え、結果として生じるメトリクスを事実に基づいたネットワークの最適化に使える Wi-Fi 「ヒートマップ」に変換するサイト・サーベイ・ソリューションです(上図参照)。    

これら技術なしでは、提供される Wi-Fi サービスが実際にどのくらい良いのか、推測するほかありません。さらに悪いことに、ネットワークが期待に応えていない場合、それを知るのに不満なユーザーに頼るほかないことです。

だからどのネットワーク・マネージャーや無線ソリューション・プロバイダーも、効果的な Wi-Fi サーベイ・ツールを必要とし、このツールを「計画、展開、検証」の一環で継続的に使うべきなのです。

AirMagnet WI-FI アナライザー PRO

いつでも、どこからでも、Wi-Fi のモニタリングと トラブルシューティング

NETSCOUT AirMagnet Wi-Fi アナライザー PRO は、業界をリードする携帯型無線ネットワーク・トラブルシューティング・ソリューションです。Wi-Fi アナライザー PRO があれば、トラフィックを見逃したり、時間のかかるパケット解析で手が一杯になることなく、802.11a/b/g/n/ac 環境を簡単かつ正確に解析できます。

Wi-Fi アナライザー PRO の主な特長:

  • Wi-Fi 專門知識を内蔵
  • WLAN のセキュリティおよびパフォーマンス・アラート
  • クライアント・ローミング解析
  • 包括的な Wi-Fi 干渉の検出
  • 統合されたレポート機能

NETSCOUT AirMagnet アナライザー PRO が、どのようにして Wi-Fi ネットワークの所有コストを低減させながら Wi-Fi サービス・レベルを向上させることができるか、詳細をご覧ください。

 
 
Powered By OneLink