ケーススタディ:VanRan Communications のケース・スタディ|フルーク・ネットワークス

VanRan Communications のケース・スタディ

NETSCOUTの Network Time Machine で、音声およびデータ通信会社のトラブルシューティング時間を半分に削減

課題:
VanRan Communications は、AVAYA テクノロジーに基づくコンバージド型の音声およびデータ・システムを顧客が展開するのを支援しています。音声品質またはシステムの安定性で問題が起こると、エンジニアは迅速に問題を特定し、ネットワークとハードウェアのどちらが原因かを特定する必要があります。残念ながら、このプロセスには時間がかかる上に困難で、Wireshark のようなツールを使用したトラブルシューティングに数か月かかることもあります。事態をさらに悪くするのは、常に問題を特定できるとは限らないことです。その結果、VanRan では、追加のリソースとハードウェアを再展開して問題の修正を試みることになります。トラブルシューティング・プロセスを加速して精度を高めるために、VanRan のエンジニアには、エンジニアが問題を高精度で特定し、その原因を検証し、すばやく修正できるように、データの同時取得を単純化し、データ・フローを即座に組み合わせるソリューションが必要でした。

結果:
VanRan では、ネットワークやアプリケーションの分析用のオールインワン・パケット・キャプチャー・アプライアンスである、フルーク・ネットワークスの Network Time Machine™ を選びました。このソリューションにより、VanRan のエンジニアは根本原因を特定する能力を劇的に改善し、成功率を約 50 パーセントから 95 パーセント以上に高めました。さらに、エンジニアにより、問題の検出に要する時間が約 50 パーセントまで大幅に削減されました。トラブルシューティングのプロセスを効率化する機能は、顧客満足度の向上に役立ったほか、VanRan のエンジニアはより多くの作業をより短い時間で行うことができるようになりました。

こちらから全文をご覧になれます。

 
 
Powered By OneLink