バルパライソ大学のケース・スタディ

学生寮で活用されるネットワーク・テスター

毎年、バルパライソ大学の学生達が夏休みを迎え学生寮を空ける頃、Jason Kellerman さんは、キャンパスにある 5 つの学生寮のすべての各ポートを検査するために、IT プロを目指すトレーニング中の学生達を出動させます。同大学では、「枕 1 つにポート 1 つ」という方針を掲げ、寮内の各学生が、正常に機能するイーサネット・ジャック(Wi-Fi アクセスに加えて)を少なくとも 1 つ確実に使用できるように努めています。これは、Jason さんと大学にとって非常に重要なことであるため、毎年自分の夏休みを一部返上して、「油断して問題が起きたら大変、すべての学生に素晴らしいサービス体験をしてもらいたい」と願いネットワーク検証を行っています。

こちらから全文をご覧になれます。

 
 
Powered By OneLink