バルドスタ州立大学のケース・スタディ|フルーク・ネットワークス

バルドスタ州立大学のケース・スタディ

バルドスタ州立大学が TruView™ と OptiView® XG で学生と教員向けにアプリケーション・パフォーマンスを確保

課題:バルドスタ州立大学には、約 12,000 名の学生に 1,200 名の教職員を抱え、主に 2 つのキャンパスにある 80 棟の建物に分散しています。同大学には、VoIP やビデオ、学生の成功を予測するモデリング・アルゴリズムを実行するのに使用されるビジネス・インテリジェンス・ツールなど、職員や学生に重要なアプリケーションを配信する広大なネットワークおよびデータセンターを運用しています。アプリケーションが無反応あるいは反応が遅いなどの問題が生じると、アプリケーション・チームには、問題解決を求めるリクエストがエンドユーザー、教職員、その他の IT チームから殺到し、時間のかかる面倒なトラブルシューティング・プロセスを発動させます。問題の原因がネットワークか、それともアプリケーションにあるのか突き止めるには、多くの場合、複雑なテスト・ツールが必要になります。このプロセスを合理化し、責任のなすり合いを無くすため、同大の IT チームは、ネットワークとアプリケーションの重要なデータを積極的に収集し、相関付けるのに役立ち、リアルタイムなアプリケーション・モニタリングを助け、根本原因のトラブルシューティングを円滑にさせるソリューションを必要としていました。

結果:インライン・パケット・キャプチャとネットワーク・パフォーマンス・テスト用に NETSCOUT の OptiView XG® ネットワーク解析タブレットを導入した後、同大は TruView™ の評価と展開も行いました。TruView は、IT チームが重要なアプリケーションを積極的に監視できるようにし、潜在的な問題をトラブルシューティングまたは切り分けする時に、リアルタイムと過去のトランザクション・データに一元的にアクセスできるようにします。

ビジネス・インテリジェンス・ツールの無反応、ライブラリ・データベースの遅延、DHCP サーバーの問題、ファイアウォールの誤設定、あるいはパケット損失の原因をトラブルシューティングする際に、TruView は問題の原因に対して瞬時の可視性を提供するため、数週間から数分にトラブルシューティング時間を短縮できます。

全文をお読みください...

 
 
Powered By OneLink