Nottingham 大学のケース・スタディ|フルーク・ネットワークス

Nottingham 大学のケース・スタディ

Nottingham 大学がフルーク・ネットワークス製品の使用を増やして、複雑な問題を迅速に基準化して解決

課題:
広範囲な専用形式と既存アプリケーションをサポートしなければならず、各部門のサイロがトラブルシューティングの大きな遅れの原因とる可能性があります。

結果:
Visual Performance Manager を使用することにより、 IT チームは、パフォーマンス問題を短い時間と少ない労力で検出、切り分け、解決することができ、何日もかかっていた複雑な問題を数時間で解決し、大学に及ぼす悪影響を軽減することができました。

こちらから全文をご覧になれます。

 
 
Powered By OneLink