IT プロフェッショナルがトラブルシューティング時に犯す間違いトップ 5 |enterprise.netscout.com

IT プロフェッショナルがトラブルシューティング時に犯す間違いトップ 5

ネットワークやアプリケーションの問題をトラブルシューティングする際に陥る可能性がある罠がいくつかあります。これらの例を見てましょう。

1. 問題の根本的原因について思い込みをする

私たちは皆、自分の考え、知っていること、または過去にうまくいったやり方に基づいて、思い込みをする傾向があります。しかしこの間違いは、不要なネットワークの変更、高額なアップグレード、根拠のない手入れにつながり、これで問題が解決されるものと期待してしまう可能性があります。このような思慮に欠ける決断を行う前に、問題についての事実を収集する必要があります。何かを変更する前に、問題の何を、誰が、どこで、なぜ、どうやってを十分に把握しなければなりません。

2.アップグレードによる問題解決

1Gbps から 10Gbps にアップグレードすれば、パフォーマンスも 10 倍になりますか?いいえ、必ずしもそうではありません。ネットワークの問題に直面した時、特にパフォーマンスの遅さがかかわる場合、WAN の帯域幅を増やしたり、スイッチやルーターをアップグレードする誘惑に駆られることが多々あります。帯域幅の増加だけで問題に対処しようとしていませんか?それで問題は解決されますか?重要なシステムの時折のアップグレードは正当な行為です。しかし、トラブルシューティングの手順としてデバイスをアップグレードする時は、慎重に行ってください。代償を伴う決断になり得ます。

3.無線ツールや経験の不足

ケーブルから Wi-Fi に 100% 乗り換えるエンドユーザー・デバイス、これらデバイスが要求する音声/ビデオ・アプリケーションが増えるにつれ、無線環境の複雑さが増しています。たとえこれらシステムが、熟練の無線エキスパートにより導入・保守されたとしても、クライアント側でパフォーマンスの低下、ネットワークの切断、またはその他の苛立たしい問題に遭遇する可能性があります。パフォーマンス問題の影響を受けやすい無線環境は、何か新たな問題が発生した時に一番最初に責めを受けます。Wi-Fi はネットワークの中で十分に理解されていない領域であり、分析するためのツールが不足しているため、多くの人が Wi-Fi のせいにしてしまいます。ネットワークに大きな死角を残すのではなく、この領域で発生する問題に対応するためのツールとトレーニングに投資しなければなりません。

4.不十分なネットワーク・モニタリング

問題は、複雑で断続的に発生し、システムの影に隠す場合があります。かつては、ネットワークを監視するのに必要だったのは、アップかダウンかを把握するための ping ベースのツールだけでした。今では、これが大きく様変わりしました。今日の問題を解決するには、ネットワークとアプリケーションの両方に対応し、隅々まで調べるために SNMP、NetFlow、パケット・キャプチャを活用するモニタリング・システムが必要です。これらのシステムは、イベントを見逃さないように週 7 日、24 時間 365 日アプリケーションを監視し、断続的な問題を現在進行系で捉える必要があります。

5.パケット・キャプチャにノートパソコンを使用

問題を調査するにあたって、詳細を深く掘り下げるためにパケット・キャプチャとトレース・ファイルの解釈は欠かせません。この分析方法は、ネットワークの潔白を晴らすだけでなく、問題の根本原因を突き止めるのに極めて重要です。パケット収集するにあたってよくある間違いは、キャプチャに使用するハードウェアの限界を誤解することです。例えば、Wireshark などがあります。このオープンソースのツールは、世界中のエンジニアに愛され、最もダウンロードされているネットワーク・ツールです。その一方で、ほとんどのユーザーは、高速トラフィック・ストリームに対応できないノートパソコンや未検証のハードウェアでこのツールを使用しています。実際、標準的なほどんどのノートパソコンは、100Mbps より速いビットレートでシームレスにキャプチャすることはできません。データセンター環境でキャプチャを行う前は、パケット収集に使うハードウェアの限界を知っておく必要があります。トレース・ファイルでパケットが抜けていると、問題の解決までの時間を増大させる可能性があります。

まとめ 

これはすべて網羅するリストではないものの、よくある間違いに対して少しでも準備し、把握しておくことで、IT プロフェッショナルは問題解決までの時間を短縮させ、コストや不要な出費を削減し、ネットワーク問題をトラブルシューティングする際の頭痛の種を回避することができます。

 
 
Powered By OneLink