ケーススタディ:有料道路局ケース・スタディ|フルーク・ネットワークス

有料道路局ケース・スタディ

主要有料道路局が PCI コンプライアンスとアプリケーション・パフォーマンス管理に Network Time Machine を使用

課題:
当局は 10G ネットワークに移行していましたが、高帯域幅のサポートが可能なアナライザの準備ができていませんでした。さらに、大量の支払トランザクションの処理を行うために、アプリケーション・パフォーマンスをモニターするだけでなく、PCI コンプライアンスの達成と管理を行うことのできるソリューションを必要としていました。

結果:
当局は 10G ネットワークへの移行を終了し、問題の根本原因を突き止めることにより、迅速かつ簡単にアプリケーション・パフォーマンス問題を解決することができるようになりました。さらに、これにより当局は PCI-DSS 準拠を達成しました。

こちらから全文をご覧になれます。

 
 
Powered By OneLink