Titelive のケース・スタディ|フルーク・ネットワークス

Titelive のケース・スタディ

Titelive が TruView™ を使用して最適な書店運営のためにソフトウェアとウェブ・サービスの可用性を確保

課題:
Titelive は、欧州の書店やその他のメディア・プロバイダー向けにソフトウェアおよびウェブ・サービスを提供する最大のプロバイダーです。同社は、508 店舗以上の書店顧客を抱え、その多くにウェブサイトのホスティング・サービスや電子商取引プラットフォームを提供するエンドツーエンドのウェブ・サービス・プロバイダーです。これは非常に大きな責任であり、同社のネットワーク技術担当者やサポート担当者にとって重荷になっています。度重なる小さな問題が、接続からサービスの品質、サーバーの負荷に至るまでの大きな問題に発展していました。同社のインフラが、2 つのデータセンターにまたがるサーバー台数が 120 台を超えた時、ネットワークのモニタリングとトラブルシューティングのアプローチを見直す必要性がでました。

結果:
Titelive は、具体的な問題を迅速かつ確実に追跡するため、NETSCOUT の TruView と OptiView XG ネットワーク解析タブレットのユニークな組み合わせに着目しました。クライアントのウェブサイトの動作が遅ければ、Titelive の IT チームは TruView を使用してネットワークとアプリケーションのパフォーマンスを分析し、クライアントの売上やユーザー体験に影響を与える前に、根本原因を突き止められます。OptiView XG は、Titelive にとってなくてはならないモバイル・トラブルシューティングというレイヤーを付け足してくれます。これは、IT チームがファイアウォールの両端でトラブルシューティングを行う時に必要になります。

こちらから全文をご覧になれます。

 
 
Powered By OneLink