技術概要:クラウド・サービス提供のモニタリング|enterprise.netscout.com

技術概要:クラウド・サービス提供のモニタリング

課題

クラウドとネットワークは相互に依存して成長し続けます。利用可能状況と利用をポーリングして ping を実行する現在の方法は、ネットワークの有効性を理解したり、クラウド経由でエンド・ユーザーに提供されているアプリケーションが、ダウンロード、クラウド環境でのホスティング、またはプライベート・データ・センターでのリモートの実行によるかを理解する上で効果的ではありません。パブリック・クラウドのプロバイダーやサービスが関心を示すのはクラウドが制御するインフラだけであり、トラブルシューティング時には外部の変動要因が多すぎます。新しいクラウド・サービスのサポートと管理において企業の IT 部門が成功するかどうかは、ネットワークの可視性と最適化にかかっています。

パフォーマンス要件は、業務部門に効果的なサービスを提供するために帯域幅を拡大するよう IT に一定の圧力をかけますが、原価管理部門は、帯域幅を制限するか縮小するよう求めます。IT 組織はどうすればこの矛盾する圧力を管理できるでしょうか?

機能 - なぜ Visual なのか?
  • ネットワークのレイヤー 1 ~ レイヤー 7 の解析を連続して自動検出します。
  • ネットワークでの責任追及やネットワーク・サービス・プロバイダーの不要なトラブル・チケットの作成をなくします。
  • IT サポート・インフラ内でドメインをすばやく分離します。
利点

検出時間を自動的に関連付けたレイヤー 1 ~ レイヤー 7 の可視性。ラスト・マイル、ローカル・ループの物理レイヤーの可視性を要求するツールはほとんど市販されていません。下に示すレイヤー 1 のエラーはレイヤー 7 のアプリケーションの問題に影響を与えます。

レイヤー 1

データ量別の最もビジーなアプリケーション

ポーリングまたはフローによる帯域幅の分析は平均値とポーリング・サイクルによって歪められます。ネットワークのトラフィック・バーストを把握するポーリング・サイクルは、特に見つけにくい 30 秒の VoIP コールを表示する場合、毎日 24 時間体制の連続的な 1 秒モニターが必要です。

帯域幅


帯域幅

アプリケーション、サーバー、およびクラス・オブ・サービス (CoS) のリアル・タイムの連続した自動検出とホストおよび送信先へのドリル・ダウン機能。

TimeSynch

特長

概要からパケットへのブレッドクラムを示すフィルタリング付きの使いやすいナビゲーション。

ブレッドクラム

特定の期間、選択された時間を対象にデータの小さなサンプルを詳しく調べます。

最もビジーなリンクのレポート

Web にホスティングされたアプリケーションを使用してネットワークを自動検出し同期化して状況をすばやく認識します。

You Tube
その違いをご覧ください
  • クラウドへのリンクを継続的に自動検出してモニターし、新しいクラウドベースのソリューションが高い顧客満足度を維持できるようにします。
  • 同期化されたアプリケーション、帯域幅サーバー、および CoS の可視化により適切なトラブルシューティング・オーナーシップを割り当てることができます。
概要

プライベート・クラウドやパブリック・クラウド、「サービスとしての」VoIP、ビデオ、BYOD、VDI、またはデータ・センター統合の展開を成功させるために、ネットワークはコスト抑制に重要な役割を果たします。このことを忘れないでください。新しいテクノロジーを展開するたびにネットワークではリアルタイムおよび履歴的な可視性とアプリケーションの検出が必要になります。上記の戦略的イニシアチブに関するすべての記事、ブログ、または業界専門誌では、段落、箇条書き、文章でネットワークの可視性の重要性を説明しています。フルーク・ネットワークスのアプリケーション・アウェア・ネットワーク・パフォーマンス・モニター・ソリューションを今すぐご利用ください。

 
 
Powered By OneLink