データ・シート:T1 CSU/DSU|NetScout
データ・シート

UpTime ASE モデル 807-0112 (SKU 01805) T1 CSU/DSU モデム内蔵

UpTime Analysis Service Element (ASE) は、柔軟なインライン型ハードウェア・プローブです。フェイル・ツー・ワイヤー機能を備え、ワイヤーライン・データをモニタリングするように設計されたセンサーは、物理層(レイヤー 1)からアプリケーション層(レイヤー 7)のリアルタイム解析を提供し、外部 CSU DSU として動作することもできます。

ASE は、リアルタイム・モニタリング、トラブルシューティング、VoIP などのアプリケーション解析用の統合プラットフォームを通じて、ネットワークとアプリケーションに対するエンドツーエンドの可視性(SLA)を提供し、ワイド・エリア・ネットワークとその上で実行されるアプリケーションのパフォーマンスについて、より情報に基づいた決断を行えるようにする強力なツール・スイートです。リアルタイムな可視性について詳しくは、http://www.netscout.com/uptime をご覧ください。

主な機能 

  • マルチテナント管理システム
  • インライン配置
  • MoS スコアによる 60 並列 VoIP コール
  • 帯域内および LAN 管理
  • IPv4 および IPv6 モニタリングおよび管理
  • CPE ルーターの障害時におけるラストマイル・キープアライブにより、100% の可用性と障害の切り分けが実現
  • プロアクティブな SNMP サポート
  • 155 のサイト間 SLA 測定
  • オンデマンド・パケット・キャプチャー
  • 100 のカスタム・アプリケーションのサポート
  • バースト解析を行う継続的な 1 秒間モニタリング
  • リモート・サイトの最終停電通知をサポート

WAN を通して時間同期が取られたローカル・トラフィックのリモート・オフィス・モニタリング・ビューは、ローカル交換網、ワイト・エリア・ネットワーク、サービス・クラス(CoS)設定、VoIP 解析、およびアプリケーション/サーバー応答時間をトリアージするのに理想的なソリューションです。

VoIP MOS、ネットワーク、SLA、アプリケーション応答時間のリアルタイム解析 🠖
アプリケーション 🠖
プレゼンテーション
セッション 🠖

APM 測定
VoIP MoS スコア
オンデマンド・パケット・キャプチャー

誰が/何がネットワークを使用しているか?どのくらい使用しているのか?🠖
トランスポート 🠖
ネットワーク 🠖

リアルタイムな帯域幅とバースト
AppFlow 解析
CoS 検証

ネットワークがアップか、ダウンか?クリーンか? 🠖
リンク 🠖
物理 🠖

レイヤー 1
エラーの可視性

Uptime リモート・プローブ(仮想またはハードウェア)は、中央の拡張可能なマルチテナント・システムにより管理され、複雑なマルチ拠点型のエンタープライズ MPLS アーキテクチャにおいて、デリバリー・インフラ全体を対象としています。Visual UpTime は、分散型ネットワーク環境および複数のデータ・センターを持つ民間企業の自己管理ソリューションとして、あるいは AT&T、Verizon、Sprint、CenturyLink、Level 3、XO Communications など世界の大手サービス・プロバイダーが提供するマネージド・サービスとして使用できます。マネージド・サービス・プロバイダーは、クラウドで UpTime サーバーをホストしながら、企業のためにソリューションの管理・維持を行い、連携的なビューを提供します。その他のマネージド・オプションとして、プライベート・データセンターでのエンタープライズ・ホスティングやサービス・プロバイダーによるシステムの管理などがあります。

ネットワーク、アプリケーション、VoIP のリアルタイムな可視性

UpTime ASE ワイヤーライン・センサー(プローブ)は、リ構成変更の検証、帯域幅解析の精度、アプリケーションの自動検出、および VoIP MoS スコアなど、リモート・サイトのリアルタイムな可視性を提供します。これにより、ネットワーク管理者は、問題の原因をより迅速に突き止め、「ネットワークが原因ではない」ことを断言できます。

ネットワーク・バースト解析と容量計画

1 秒間の常時モニタリングにより、ネットワーク管理者は、長時間にわたってネットワークが 90% 以上バーストしている時間を特定し、ネットワークで混雜を引き起こしているアプリケーション・フローを突き止められます。ネットワーク管理者は、「この CoS タグの VLAN 上で、このサーバーと通信するこの IP アドレスを持つアプリケーションが、ネットワークの混雜を引き起こしています。ネットワークが原因ではありません!」

個別およびサイトの VoIP モニタリング

ASE は、顧客の VoIP トラフィックを分析し、リモート・サイト・ベースの MoS 解析および個々のコール情報を提供して、設定の検証およびネットワーク上または UCS ソリューション内のエラーを特定できるようにします。すべて時間相関付けられているため、ネットワーク管理者は「ネットワークが原因ではない」と言えます。

オンデマンド・リモート・パケット・キャプチャー

インラインでワイヤー上にあることで、オンデマンドで、既に特定した問題に基づくターゲットを絞ったパケット・キャプチャーが可能になります。基本的または複雑なフィルター、そして特定のトラフィック・トリガーを使用することで、IT チームはネットワークの問題を素早く特定し、適切なサポート・スタッフに問題を見せることができます。パケットを保存し、他の人と共有できるようにサードパーティー・ツールにエクスポートできます。このリアルタイムなリモート・サイトのパケット・レベルの可視性は、ネットワーク・ツール・セットを通してアプリケーションやサーバーの問題を特定するまでの時間を短縮させます。

サイト間 ネットワーク SLA(サービス・レベル合意)

ASE インライン・プローブは、最大 8 つの CoS タグ付けされたトラフィックの SLA を提供します。お客様の実トラフィックと人工トラフィックを組み合わせる、ASE to ASE SLA には、往復遅延時間(RTD)、可用性、パケット配信成功率(PDR)およびジッターが含まれます。これにより、ネットワーク・チームは、CoS に割り当てられたアプリケーションごとにネットワークがどのくらい効果的なのか、全体像を捉えることができます。

独自の機能

  • インライン・フェイル・ツー・ワイヤー機能により、本体への電源供給が停止しても、回線が生き残ります。
  • 第三者のコレクターへのデータ・ソースとして、NetFlow エクスポートも可能です。
  • リアルタイムかつプロアクティブなパフォーマンスしきい値イベントと転送。
  • WAN ルーターの前にインライン展開した場合の停電通知。
  • 顧客構内ルーター(CPE)の電源喪失または障害時に、BGP Keepalive が送信され、ローカル・ループの 100% 可用性を保証します。
  • VLAN と CoS モニタリング、正しいアプリケーションの割り当ての検証。

展開

外部 T1 CSU/DSU ASE モデム内蔵(モデル 807-0112)は、プロバイダーのネットワークと顧客構内の間の分界点にある T1 アクセス・ラインに配置されます。フルおよびフラクショナル(FT1)T1 ネットワークをサポートし、v.35 およびクロス・コネクト信号(DSX-1)インターフェイスを通じて接続を可能にします。

ASE のドロップ・アンド・インサート機能は、顧客サイトの構内電話交換機(PBX)に接続できる二次 DSX-1 インターフェイスを提供します。T1 タイムスロットは、データ・トラフィックを処理する同じ回路上で PBX 用に分割できます。ASE の内蔵モデムにより、ASE の管理インターフェイスへの電話接続またはシリアル・ポートを介したパススルー接続を確立できます。

リモート・オフィス
LAN
顧客
エッジ
ルーター
(CER)
T1 CSU/DSU
ASE

オプション 1:顧客エッジ・ルーターの前に配置された T1 CSU/DSU。

モデル 807-0112:T1 CSU/DSU ASE の仕様 (SKU 01812)


一般
寸法 8.16 インチ (20.7 cm) x 9.0 インチ (22.8 cm) x 1.62 インチ (4.1 cm) のプラスチック製ケース(電源内蔵)
重量 0.95 kg
データレート 1.544 Mbps 同期
タイミング・モード 外部から(T1 ネットワークまたは DSX-1 インターフェイスから)または内部から(ASE から)
環境
作動温度 0o~+40oC (+32o~104o F)
保管温度 -20o~+55oC (-4o~+131o×F)
間隔要件 側面に最低 7.62 cm(3インチ)のスペース
動作湿度/保管湿度 10% ~ 90%、結露しないこと
電源要件
入力 100 ~ 120 VAC
周波数 50/60 Hz
入力定格電流 0.5 アンペア
T1 ネットワーク・インターフェース
ライン・レート 1.544 Mbps ±50 bps 同期
ライン・フォーマット AMI または B9ZS ライン・コーディング
フレーム ESF または D4 フレーム・フォーマット
ESF FDL ANSI T1.403、AT&T TR54016、両方一緒
入力信号 0 dB ~ -36 dB
出力信号 0、-7.5 dB、-15 dB、-22.5 dB LBO
パルス密度 AT&T 62411
コネクター 8 ピン・モジュラー・ジャック - USOC:RJ48C
タイミング ループ、DSX-1、または内部
チャネル選択 任意の組み合わせで 1~24 チャネル
ネットワーク DTE インターフェイス(データ・ポート)
コンフィギュレーション DTE との連動のための DCE
データおよびクロック・リード ITU-T V.35
シグナリング・リード EIA RS-232 (ITU-T V.28)
データ・レート 56 kbps x N または 64 kbps x N (N = 1 ~ 24)
HDLC 反転 選択可能な V.35 データ反転
送信タイミング・ベース ネットワーク選択済みソース・タイミング
受信タイミング・ベース SCT、反転 SCT、SCTE
受信ライン・データ無効 RLSD、CTS
コネクター メス型 34 ピン V.35 コネクター
DSX-1 インターフェイス
ライン・レート 1.544 Mbps ± 50 bps
ライン・フォーマット AMI または B8ZS
フレーム ESF または D4 (SF)
入力信号 -1dB ~ -11dB
ライン等化 0 ft、133 ft、266 ft、399 ft、533 ft、655 ft
コネクター RJ-45
チャネル選択 任意の組み合わせで 1~24 チャネル
シリアル・ポート・インターフェース
仕様 19200 または 9600 bps ボー・レート、8 データ・ビット、パリティなし、1 ストップ・ビット、EIA RS-232 DTE 電気的規格、RJ-45
イーサネット 10/100 BaseT インターフェイス
ビット・レート 10 または 100 Mbps
コネクター 8 ピン・モジュラー・ジャック:RJ-48
モデム
仕様 RJ11 コネクター、最大接続速度 14,400 bps、FCC Part 68 および IC-CS03 規格、米国およびカナダ準拠

ソフトウェア・モジュール

各仮想およびハードウェア ASE アプライアンスは、ネットワーク、アプリケーション、VoIP ソフトウェア・モジュールをサポートしています。可視性について詳しくは、http://www.netscout.com/uptime をご覧ください。

ハードウェア・サポート

ASE アプライアンスへの投資を最大限に活用していただくため、世界どこでも翌営業日の交換を行える改良版 ASE ハードウェア保証サービス・プログラムをご用意しました。保証の詳細については、http://www.netscout.com/support-and-service/overview をご覧ください。

ソフトウェア・メンテナンス

各ハードウェア ASE は、マルチテナント型の TruView または Visual Performance Manager によってリモート管理されています。メンテナンスは、ご購入のソフトウェア・モジュールによって異なります。詳細については、下記の電話番号からインサイド・セールス担当、または貴社の営業担当社にお問い合わせください。

プロフェッショナル・サービス

プロフェッショナル・サービスは、ASE ハードウェアや TruView および Visual Performance Manager ソリューションのインストール、メンテナンス、およびカスタマイズを行う際にご利用いただけます。現地でのインストールおよび設定サービス(技術者付き/なし)は、世界中で提供しています。メンテナンスの詳細については、下記の電話番号からインサイド・セールス担当、または貴社の営業担当社にお問い合わせください。

オーダー情報

詳細については、NETSCOUT までお電話 (1-888-357-7667) でお問い合わせいただくか、http://www.netscout.com/salesをご覧ください。

 
 
Powered By OneLink