Saudi German Hospital のケース・スタディ|フルーク・ネットワークス

Saudi German Hospital のケース・スタディ

ドバイの Saudi German Hospital が、OptiView XG で中東で最も先進的な病院ネットワークとしての座を守り抜く

課題:
ドバイの Saudi German Hospital は、中東で最も先進的な病院として広く認められています。高度な IT ネットワークに数百ものアプリケーションにより、完全にデジタル化された電子カルテ管理システムを実現しています。ネットワークは、3,500 台以上のノードのほか、仮想化サーバーやエンドユーザー・クライアント・アーキテクチャで構成されます。この高度なネットワークと完全デジタル化された環境は、医師や患者に利益をもたらすものの、病院の IT チームに対する期待度も高めることなります。失敗や間違いの余地はないのです。医師は、正しい診断を下し、正しい治療法を決定するために、重要な記録やアプリケーションに即座にアクセスできなければなりません。生死に関わる状況において、24時間7日体制で、ダウンタイムやいかなる例外もなしに、ネットワークとアプリケーションは稼働しなければなりません。異種システムごとにサイロ化され、異なるモニタリング・ツールや管理ツールを必要とするため、システム全体の管理が無用に複雑で、時間がかかるものでした。

結果:
OptiView XG は、病院のシステムやアプリケーションごとに、別々の管理およびレポート・ツールを用意する必要性を無くします。OptiView XG は、病院の仮想アーキテクチャ全体にわたる完全なるネットワークの可視性を提供するため、病院の運営や患者のケアに悪影響を及ぼす前に、IT チームはどこに問題やパフォーマンス上の課題があるか見ることができ、迅速に対応することができます。遠隔地で問題が発生すれば、OptiView XG を現場に持ち込み、すぐその場で解析およびトラブルシューティングを行えます。

こちらから全文をご覧になれます。

 
 
Powered By OneLink