ケーススタディ:Pruitt Communications のケース・スタディー|フルーク・ネットワークス

Pruitt Communications の XG のケース・スタディ

Pruitt Communications、顧客のネットワーク準備状況の検証および VoIP 展開にフルーク・ネットワークスの OptiView XG ネットワーク解析タブレットを使用

課題:
Pruitt Communications は米国全域で、さまざまな企業、医療機関、政府機関向けの VoIP および統一通信システムを展開しています。このプロセスの鍵となるのは、新システムを展開する前のインフラ準備状況を検証するネットワーク評価の実行です。パフォーマンス・テストをコスト効率良く実施することができなかったため、Pruitt 社ではこれらの評価を専門家に外部委託し、その結果、業務収益を失っていました。さらに、この評価段階が終わると、同社は明らかになった問題をトラブルシューティングし、展開後はパフォーマンスを検証し、トラブルシューティング・サポート・サービスを提供する必要があります。これらすべて仕事を遂行するにあたり、Pruitt 社では手作業でデータを相関させなければならない複雑なツールを複数使用していたため、チームは貴重な時間とリソースを費やしていました。

結果:
Pruitt Communications のチームは、NETSCOUT の OptiView® XG ネットワーク解析タブレットの性能を実際に見て、自分たちに必要なソリューションはまさにこれであることに気が付きました。これにより、ネットワークの評価を自社で実施してネットワーク・パフォーマンス・テストを実行し、クライアントとサービス・プロバイダのネットワーク全体のトラフィック・フローを生成および測定して VoIP のロールアウトのサポートを検証できるようになりました。また、OptiView XG ではネットワークとアプリケーションの自動解析を行うことができるため、問題の発生時にチームは即座に問題を切り分けて修正することができます。展開後は、チームはタブレットのリモート・アクセスを使って、継続的なトラブルシューティングとサポートを迅速に提供できます。

こちらから全文をご覧になれます。

 
 
Powered By OneLink