プロフェッショナル・サービスのサイト・アセスメント

無線サイト・アセスメントの利点

RF 信号は非常に予測不可能です。アクセス・ポイントが障害物のないオープンな環境に設置されている場合、信号は通常、全方向パターンを維持します。ただし、障害物や壁があると、RF 信号が妨げられ、アクセス・ポイントの受信範囲は場所によって異なります。

実地調査では、信号の受信可能範囲、スループットの要件、干渉源、デッド・スポット、潜在的なローミング動作などを判断して、以下を決定することができます。
  • 最適な無線受信可能範囲に必要なアクセス・ポイントの数
  • アクセス・ポイントの配置場所
  • すべてのエンド・ユーザーに対して最適な範囲を確保する各アクセス・ポイントの構成方法

実地調査を実施せずに、タイムリーかつコスト効率の良い方法で、無線ネットワークの配置に必要な資本投資を決定するのは困難です。

要件の観点から、すべての無線配置を一般化しないことが重要です。例えば、ファイルや印刷サービス、インターネット・アクセスを主に必要とするオフィス環境では、多少のデッド・スポットは許容できます。しかし、医療関係者が患者の情報に制限なしで無線アクセスする必要がある医療環境では、これは許されません。実地調査を実施せずに、ビジネスの技術要件がサポートされるかどうかを判断するのは実質的に不可能です。

 

 
 
Powered By OneLink