ケーススタディ:包装メーカー VPM のケース・スタディ|フルーク・ネットワークス

包装メーカー VPM のケース・スタディ

フルーク・ネットワークスの Visual Performance Manager™ が、大手メーカーの包装システムのネットワークやアプリケーションのパフォーマンスを保証

課題:
ドイツの大手メーカーの充填機システムと無菌飲料包装システムは、世界中の数百の企業が製品を配送する分野において、重要な役割を果たしています。これらの複雑なシステムには、独自開発ソフトウェアによって実行される大型の製造装置が含まれており、それらはすべてバックエンド・システムにネットワーク接続され、顧客と大手メーカーのスタッフが監視し、協働作業をしています。これらのシステムの正常な展開と運用を確実にするために、メーカーでは、顧客のネットワークやアプリケーションのパフォーマンスを完全に把握し、リアルタイムで問題を特定して修正できる必要があります。ネットワーク・パフォーマンスで問題が起こると、製造が停止したり製造サイクルが低下したりするため、時間と費用の両面において会社に損失を与えます。

結果:
ネットワークやアプリケーションのパフォーマンスを完全に把握できるようにするため、このメーカーではフルーク・ネットワークスの Visual Performance Manager (VPM) を選びました。このネットワークとアプリケーションのパフォーマンス・モニタリング・ソリューションによって、チームは、顧客に対して包装システムの信頼性を保証できるようになります。問題が発生したり、ネットワーク上の何らかの変化がパフォーマンスに影響したりする場合、わずか数回クリックするだけで中央集中型のダッシュボードから原因を調査でき、数分で修正できます。このレベルのモニタリングとパフォーマンス・データがなければ、このメーカーは世界最高レベルの信頼性を誇る包装製造システムを提供できないでしょう。

こちらから全文をご覧になれます。

 
 
Powered By OneLink