ケーススタディ:ニプシング大学の事例|フルーク・ネットワークス

ニプシング大学の事例

ケーススタディ:ニピシン大学、フルーク・ネットワークスの AirMagnet エンタープライズを使用して、無線やスマート・デバイスの接続性と学生および職員のネットワーク・セキュリティを保証

クリックして表示

課題:
ニピシン大学の無線ネットワークは 3 つのキャンパスをカバーし、4,500 名以上の学生と 300 名以上の教職員をサポートしています。教室や学生寮内で、電子メール、インターネット、オンラインでのカリキュラム教材などの重要なアプリケーションへの Wi-Fi アクセスを可能にしています。無線アクセスに対する要求がますます高まり、ネットワークに新しいスマート・デバイスやその他の無線技術が押し寄せているため、大学の IT 部門はその対応に苦戦しています。同部門のチームは、予測できない AP トラフィック、不正なデバイス、干渉、チャネル使用率の競合、悪意のある攻撃、PCI コンプライアンスなどの課題に常に直面しています。

結果:
ニピシン大学は、無線ネットワークのパフォーマンスの管理と最適化を助け、セキュリティ上の脆弱性から守るために、NETSCOUT の AirMagnet エンタープライズを選択しました。このシステムによって、IT 部門は、パフォーマンスをリアルタイムでモニターしてボトルネックを特定し、スマート・デバイスの接続性を保証して、干渉問題(他の Wi-Fi ネットワークのチャネル使用率など)のトラブルシューティングを行い、PCI コンプライアンス・ガイドラインに準拠し、不正デバイスを素早く追跡して、攻撃や誤用からネットワークを保護できます。

こちらから全文をご覧になれます。

 
 
Powered By OneLink