Neal Allen、著者、「Network Maintenance and Troubleshooting Guide(ネットワーク・メンテナンスおよびトラブルシューティング・ガイド)」

100% 実用的、予測発見、先回りする実世界ガイド、およびネットワーク問題の解決を高速で行います。

Neal AllenNeal Allenの本のレビュー最新版、 ネットワークのメンテナンスおよびトラブルシューティングガイドは非常にポジティブです。Nealは、フルーク・ネットワークスの最前線シニアスタッフエンジニアとしての経験を、各ネットワーク層と最高のトリアージ、トラブルシューティングを、発生前、またはユーザーが気づく前に、問題を修正する方法を詳細に説明しています。

Neal の本の背後にあるインスピレーションは理論、ネットワーク設計、問題の調査とネットワーク層の下以外の解像度の間に切断があるという信念から来ました。
 
フルーク・ネットワークスの経営陣との合意により、Neal はこの本の初版の執筆を開始し、1997年に出版しました。Nealによれば、「この本は、読者に対して単にトラブルシューティングを行うようにと教えるのではなく、トラブルシューティングを行うためにどのような手順を取る必要があるかを初めて教えた本の一つです。」 他の書籍や記事には多くの一貫しない情報が見られたため、彼の本の内容をつきつめると、ある種の(代表値) が見つかるようにしようと彼は決心しました。「私は技術的な不正確さをゼロに近くしたかったのです。」 
「Network Maintenance and Troubleshooting Guide(ネットワーク・メンテナンスおよびトラブルシューティング・ガイド)この本は、ネットワーキング指導の教員、学生やネットワークの専門家の間で非常に話題になり、その結果、印刷数は100,000冊を超えました。

Neal は2009年10月に第2版を完成させ、ケーブルからTCP接続まですべてを網羅する実用的なトラブルシューティングテクニックを読者に提供ました。この本は、上の方のメディアレイヤーから、OSI7レイヤーモデルの各レイヤーの内部に何が起こっているのかを読者に紹介することから始まります。「問題を本当に理解するには、レイヤー下のすべてを理解すること3が大切です。OSIモデルに揃えることにより、ほとんどの一般的な問題のトラブルシューティングのアプローチを創り出すことができました。トラブルシューティングのセクションは、私が”レイヤーの仕組み”の説明を進めるにつれて、レイヤーによって自然に書き上げられたようなものです。」



 

オンデマンド・ウェブキャスト:ネットワークの基礎: 基本に戻る 

 

 
 
Powered By OneLink