データ・センターの仮想化およびエンド・ユーザーのパフォーマンス管理を通じた統合からの ROI の最大化|enterprise.netscout.com

今すぐダウンロード

データ・センターの仮想化およびエンド・ユーザーのパフォーマンス管理を通じた統合からの ROI の最大化

データ・センターの統合に関する適用事例は、ネットワーク、アプリケーション、およびサービスがさらに複雑になり、ユーザーがさらにモバイル化し、企業がパフォーマンスを損なうことなくコストを削減する必要に迫られている状況において説得力があります。

ただし、これらの恩恵を得るには、組織がパフォーマンス・メトリクスを綿密にチェックしながら、統合されたアーキテクチャを管理する必要があります。従来のパフォーマンス管理ツールには複数のプラットフォームが必要で、統合された環境の管理に必要な範囲、視点、およびタイミングが欠けています。アプリケーションが仮想化されるとさらに複雑さが増し、エンド・ユーザーの視点からパフォーマンスを測定することが難しくなります。

統合型データ・センターを効果的かつ継続的に管理することは、プロジェクトの投資収益率を向上する決め手となります。

新しいホワイトペーパーでは、統合された仮想化環境でパフォーマンスを管理する上での課題について、経営陣および事業部門向けレポート作成データの取得から、合意された SLA に基づいたアプリケーションの提供までを見ていきます。

今すぐダウンロード!
 
 
 
Powered By OneLink