ラウンズ郡ケース・スタディ|フルーク・ネットワークス

ラウンズ郡ケース・スタディ

Optiview XG ネットワーク解析タブレットを使用して、米ジョージア州ラウンズ郡ではネットワークを迅速に診断、修理、設計

課題:
米ジョージア州ラウンズ郡は、7 名の IT スタッフで 700 名のユーザーをサポートしています。これらのユーザーは、専門アプリケーションや業界独自のアプリケーションが数多く稼働する有線・無線の混在ネットワークを利用する複数の機関(救急サービスを含む)に及びます。問題が発生すると、IT チームはエンドユーザーに影響を与える前にネットワークやアプリケーションの問題を迅速かつ事前的に修正しようと苦闘しています。さらに、第三者ベンダーが問題に関与していると、IT チームはネットワークが原因ではないことを常に証明することが強いられます。扱いにくい各種ツールを使用するため、このプロセスには時間がかかり、調査結果を証明することが困難になっています。

結果:
そこでラウンズ郡は、ネットワーク、アプリケーション、および無線の監視とトラブルシューティング用にフルーク・ネットワークスの OptiView® XG ネットワーク解析タブレットを採用しました。同タブレットは、ラウンズ郡の IT スタッフが問題の特定、診断、および修正に要する時間を大幅に短縮し、多くの場合、エンドユーザーが気づく前に問題の発見・解決を可能にしてくれます。また、OptiView XG を使うと、IT スタッフの能力レベルを高めることができるため、これまでより経験のある技術者を必要としていた問題にも、若手の技術者に当たらせることができ、IT 部門はより有効にスタッフを活かすことができます。ノードまたはデバイスレベルで詳細なレポートを作成できる能力をチームに与える同タブレットにより、第三者のアプリケーション・ベンダーに対するトラブル・チケットを作成するときに、ネットワークやハードウェアの問題をより簡単に除外できるようになります。

こちらから全文をご覧になれます。

 
 
Powered By OneLink