Link-Live (リンクライブ) クラウド・サービス|NetScout
link-live

Link–Live クラウド・サービス

Link-Live では、LinkSprinter、LinkRunner AT、AirCheck G2、および OneTouch AT G2 の携帯型ネットワーク・テスターからテスト結果を自動的にアップロードし、有線および Wi-Fi ネットワークの接続性結果を確認できる統合ダッシュボードを提供します。

テスト結果は自動的にセキュアな Link-Live の結果管理ダッシュボードに送信されるため、迅速かつ簡単にネットワークの状況を文書化できます。これにより、組織はパフォーマンスを証明したり、作業管理とと人員効率を改善することができます。

Link-Live クラウドは、メタル線/ファイバー/Wi-Fi の各種メディアに対応した単一の結果管理データベースです。

  • 結果管理の負担を減らします
  • 連携・機能性を拡大します
  • メディア・タイプ全体にわたるレポートを単一化・簡素化します
  • OneTouch を遠隔地から直接制御できます
  • 各結果に写真を添付できます
    • アセット・タグ
    • 設置済みデバイスのシリアル番号
    • 緑色のライト(設置後に AP が正常に動作していた証明)
現実:携帯型テスターおよび Link-Live を使用することで、Memorial Hermann Health systems(200 の病院および診療所 / 70 名超のフィールド技術者)は、エスカレーション数を 80% 減少させ、前線とネットワーク・エンジニアリング・チーム間のコラボレーションを向上することができました。

Link-Live 新バージョンの新機能

より高速なアップロードと応答時間を提供するために、Link-Live を再設計しました。また、外観やユーザー・インターフェースもアップデートされました。既存の Link-Live アカウントにログインし、右上の通知ベル(鈴)をクリックして、新しい Link-Live をお試しください。

データは同じ。見た目と結果管理を改善。主に 3 つのエリアが機能改善されました。

  • 詳細検索 - 検索バーをクリックしてブラウズするか、検索テキストを入力できます。一度に複数の検索フィルターをかけることもできます。
  • より豊かなテスト結果。アップロードされたテスト結果をドリルダウンし、詳細情報を閲覧・管理したり、必要に応じて、画像やメモを追加できます。
  • 機器の「再登録」 - 既に機器が手元にあれば、Link-Live で登録できます。前のオーナーには通知が送信されます。これは、ローテーションを組んでいるチームに役立ちます。

仕組み

各テストの終了後、テスト結果が自動的に Live Cloud クラウド・サービスにアップロードされます。また、テストの終了後に Link-Live に送信される結果は、電子メールでも送信されます。電子メールは、他の人とコラボレーションを図る迅速かつ簡単な方法を提供します。また電子メールにより、壁のジャックの位置についての情報、あるいはジャックやデバイスのシリアル番号の写真などの追加情報とともに返信することができます。これら情報は、Link-Live 上のテスト結果に自動的に追記されるため、各リンクのパフォーマンスを詳細に把握でき、また、スイッチのスロット、ポート、または VLAN に直接エンドポイントの画像(壁のジャック、デバイス、シリアル番号など)をマッピングできます。

結果や技術者を Link-Live 内で別々の結果ダッシュボードに分けたい場合は、組織を作成し、ユーザーやテスト機器をその組織に割り当てられます。任意の数のユーザーやテスターを組織に属すことができます。

Link-Live は、選択したテスト結果に基づいてプロ仕様のレポートを作成する能力も提供します。PDF または CSV 形式から選べます。Link-Live では、カバー・ページにロゴを追加したり、有線および Wi-Fi テスト結果のグラフィカルな要約レポートを作成したり、テストに写真を関連付けられます。これは、設置証明やネットワーク接続の詳細情報を提供する良い方法となります。

概要

Live Cloud クラウド・ダッシュボードを使用する製品の詳細については、製品ページをご覧ください。

LinkSprinter|LinkRunner AT|AirCheck G2|OneTouch AT

 
 
Powered By OneLink