ケーススタディ:ハイポイント市の事例|フルーク・ネットワークス

ハイポイント市の事例

OptiView XG ネットワーク解析タブレットを使用することで、ハイポイント市がシステムを継続的に運用して時間と財政を節約

課題:
ノースカロライナ州ハイポイント市では重要な IT インフラをさまざまな分野に導入しており、1 日 24 時間、週 7 日の緊急サービスを含め、システム動作を常時維持しなければなりません。同市はまた、今日の IT 部門が直面する一般的な課題、IPv6 および VoIP のロールアウト、Wi-Fi アップグレード、データベース移行、VMware 展開などの課題もかかえています。慢性的な予算不足にも悩まされています。以上の理由から、同市の IT チームは、機敏性の維持、問題への迅速な対応、職員の移動や推測作業の排除を可能にして、システム・アップグレードやシステムの変更に向けた動きを進めることのできる統合ツールを必要としていました。

結果:
同市は、フルーク・ネットワークスの OptiView® XG ネットワーク解析タブレットを選択し、トラブルシューティング時間を 75 % 以上短縮しました。IT チームでは、既存のシステムを監視して、変更やアップグレードの必要性をグラフィカルに表示し、新たな展開を行う前に潜在的な問題を考察して、展開を実行しながらテストと管理を行い、問題を迅速に特定して解決できるようになります。ハイポイント市では、市が直面するあらゆる IT 問題に対してまず OptiView® XG ネットワーク解析タブレットを使用し、無駄な時間を確実に排除しています。

こちらから全文をご覧になれます。

 
 
Powered By OneLink